前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た翔天狼大士

    2013年4月9日に放送されたTBSテレビ『Nスタ』内の特番では、特別調査委員会が春日錦や恵那司の証言だけを頼りにした調査を行い、蒼国来自身が通帳や携帯電話の提出を進んで行う意思を見せても殆ど履歴調査をされず、証拠も無いまま「クロ」と決めつけられた事実が明らかになった。そもそも、八百長に関与したとして名前が挙がった力士27人(八百長認定を受けた25人に加えて一度関与を疑われて候補に入った翔天狼と臥牙丸、合わせて27人)中押収された携帯電話から明らかになった八百長の証拠メールに名前が確認された力士は半分未満の13人に過ぎなかった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た魁傑將晃

    10月6日、第3回口頭弁論で蒼国来側代理人は放駒理事長(当時)が師匠の荒汐親方に、解雇処分後も荒汐部屋で生活する蒼国来を追放するよう命じていたことを暴露。法廷で協会側代理人に、協会を指導するよう異例の抗議を行った。蒼国来は6月に力士としての地位保全と給与の支払いでの仮処分で和解済みであり、「仮処分で幕内力士として地位が認められている」。さらに今回の訴訟での準備書面で協会側代理人が部屋運営は師匠に任せるとしており、「部屋の独立性を認めていながら今回の指導はおかしい」と代理人は主張した。なお、部屋を出るよう警告を受けたことに対し、蒼国来は友人宅などを転々として対処していた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た恵那司千浩

    2012年(平成24年)3月1日、証人として恵那司が登場し、5回ほど蒼国来の八百長に関与したと証言した。蒼国来は「一度も話したことがない」と反論した。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た高見盛精彦

    基本的に右四つになって寄るか投げで勝負を決める。2016年3月場所前の座談会では振分親方(元高見盛)が「勝機を逃さないところがありますよ。受けて土俵際に詰まることはあるけど、勝機があると素早く動くというか」と話しており、高崎親方(元金開山)も「勝負勘はいいと思いますよ」と同様の評価を下している。こうした相撲が取れるのは稽古熱心さからであり、浦風親方(元敷島)も「稽古場では見ていますけどね、本当に淡々としてますね。コンディションなんかを考えて、その日にやるべきことをやるという感じで」と稽古態度の良さを高く評価している。復帰前は右四つ一本であったが、復帰後は少しずつ左四つやもろ差しも取り入れており、投げに頼らなくもなっている。それ以前までは立合いできちんと手を付かない傾向にあったが、2016年9月場所では親方衆の指導などによって幾分か立合いが改善されている。2016年の幕内の土俵で最も多く変化を行った力士であり、10回行って7勝3敗であった。吊り出しも得意であり、2015年1月場所に吊り出しを決めて以降、2016年11月場所に嘉風が吊り出しを決めるまで、栃ノ心と自身のどちらかしか吊り出しを決めていないという記録がある。立合いの威力は弱い部類にあり、2014年5月場所頃は荒汐が「全然ダメ」「十両の立合い」と辛辣に評価していた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た星風芳宏

    4月22日、相撲協会に対し不当解雇に対する幕内力士としての地位保全及び給与支払い仮処分を東京地方裁判所に申請した。大相撲八百長問題で相撲協会に対し法的手段に出たケースは初めてであった。5月6日に発表された5月技量審査場所用の新地位表には、解雇された蒼国来と星風の四股名は記されていない。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た臥牙丸勝

    2013年4月9日に放送されたTBSテレビ『Nスタ』内の特番では、特別調査委員会が春日錦や恵那司の証言だけを頼りにした調査を行い、蒼国来自身が通帳や携帯電話の提出を進んで行う意思を見せても殆ど履歴調査をされず、証拠も無いまま「クロ」と決めつけられた事実が明らかになった。そもそも、八百長に関与したとして名前が挙がった力士27人(八百長認定を受けた25人に加えて一度関与を疑われて候補に入った翔天狼と臥牙丸、合わせて27人)中押収された携帯電話から明らかになった八百長の証拠メールに名前が確認された力士は半分未満の13人に過ぎなかった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た北の湖敏満

    東京地裁による解雇無効判決を受けて、日本相撲協会は危機管理委員会の委員長を務める宗像紀夫外部理事(元東京地検特捜部長)を中心に対応を協議。判決を覆す証拠は乏しいと判断して控訴断念の方針を固め、4月3日の臨時理事会で満場一致によりこれを承認した。この結果、蒼国来は約2年ぶりに現役力士として復帰することが決定した。相撲協会には離職者の復帰を認めない規定があるが、敗訴を受けて異例の決断に至った。北の湖理事長(元横綱)は理事会後、国技館内で蒼国来、師匠の荒汐らと面談。本人の意向も踏まえて復帰時期を決めた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た玉ノ富士茂

    なお、蒼国来以前に一時日本相撲協会構成員ではなくなりながら、復帰した力士としては春秋園事件で離脱していた男女ノ川が有名である。また、玉ノ富士は一旦脱走により正式に廃業したものの、当時はおおらかであったため再入門が許されたという。その玉ノ富士は関脇にまで昇進し、引退後は片男波部屋を継承し、定年退職後も現在に至るまでなお再雇用される形で年寄を務めている。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た大豊昌央

    四股名は「(空が)蒼い国、草原の国から来た」に由来すると一部マスコミでは報道されているが、「雄大な内モンゴル草原の抜けるような蒼い空と中国の国」をイメージして荒汐親方が名付けた。下の名前「栄吉」は、荒汐親方の実父の名から取った。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た千代丸一樹

    東十両11枚目まで地位を下げたことで関取維持が危ぶまれていた2014年1月場所には、14日目に3年ぶりの勝ち越しを果たすも、千秋楽にはその一番に十両優勝が懸っていた千代丸に敗れて8勝7敗で場所を終える。翌3月場所は東十両9枚目の地位で土俵に上がり、2日目から9連勝と中盤までは豊真将と十両優勝を競っていた。最終的に豊真将の方が13日目で優勝を確定させたが、蒼国来はこの場所を11勝4敗の好成績で終え、これが自身初の2ケタ勝利となった。翌5月場所には再入幕を果たし、復帰時には122kgまで落ちていた体重が142kgまで増加しており、好調である様子が場所直前に伝えられていた。この場所で、2011年1月場所以来となる、3年半ぶりとなる幕内での勝ち越しを果たした。翌7月場所も勝ち越せば2年半のブランクを乗り越えて最高位を更新するところであったが、13日目から給金相撲を3番連続で落とし、7勝8敗の負け越しとなり、悲願は達成できなかった。続く9月場所も負け越し、11月場所では西前頭14枚目となった。この場所で11日目に早々と勝ち越しを決めて9勝6敗とし、解雇以前の自己最高位更新を確実とした。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示