44件中 11 - 20件表示
  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た敷島勝盛

    基本的に右四つになって寄るか投げで勝負を決める。2016年3月場所前の座談会では振分親方(元高見盛)が「勝機を逃さないところがありますよ。受けて土俵際に詰まることはあるけど、勝機があると素早く動くというか」と話しており、高崎親方(元金開山)も「勝負勘はいいと思いますよ」と同様の評価を下している。こうした相撲が取れるのは稽古熱心さからであり、浦風親方(元敷島)も「稽古場では見ていますけどね、本当に淡々としてますね。コンディションなんかを考えて、その日にやるべきことをやるという感じで」と稽古態度の良さを高く評価している。復帰前は右四つ一本であったが、復帰後は少しずつ左四つやもろ差しも取り入れており、投げに頼らなくもなっている。それ以前までは立合いできちんと手を付かない傾向にあったが、2016年9月場所では親方衆の指導などによって幾分か立合いが改善されている。2016年の幕内の土俵で最も多く変化を行った力士であり、10回行って7勝3敗であった。吊り出しも得意であり、2015年1月場所に吊り出しを決めて以降、2016年11月場所に嘉風が吊り出しを決めるまで、栃ノ心と自身のどちらかしか吊り出しを決めていないという記録がある。立合いの威力は弱い部類にあり、2014年5月場所頃は荒汐が「全然ダメ」「十両の立合い」と辛辣に評価していた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た金開山龍

    基本的に右四つになって寄るか投げで勝負を決める。2016年3月場所前の座談会では振分親方(元高見盛)が「勝機を逃さないところがありますよ。受けて土俵際に詰まることはあるけど、勝機があると素早く動くというか」と話しており、高崎親方(元金開山)も「勝負勘はいいと思いますよ」と同様の評価を下している。こうした相撲が取れるのは稽古熱心さからであり、浦風親方(元敷島)も「稽古場では見ていますけどね、本当に淡々としてますね。コンディションなんかを考えて、その日にやるべきことをやるという感じで」と稽古態度の良さを高く評価している。復帰前は右四つ一本であったが、復帰後は少しずつ左四つやもろ差しも取り入れており、投げに頼らなくもなっている。それ以前までは立合いできちんと手を付かない傾向にあったが、2016年9月場所では親方衆の指導などによって幾分か立合いが改善されている。2016年の幕内の土俵で最も多く変化を行った力士であり、10回行って7勝3敗であった。吊り出しも得意であり、2015年1月場所に吊り出しを決めて以降、2016年11月場所に嘉風が吊り出しを決めるまで、栃ノ心と自身のどちらかしか吊り出しを決めていないという記録がある。立合いの威力は弱い部類にあり、2014年5月場所頃は荒汐が「全然ダメ」「十両の立合い」と辛辣に評価していた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た清乃華玉誉

    東幕下筆頭で迎えた2009年11月場所では5勝2敗と勝ち越し、同年12月2日に開かれた番付編成会議で2010年1月場所での新十両昇進が決定した。中国人(中華人民共和国籍)力士の関取昇進は、1974年7月場所の清乃華(生まれ・育ちは大阪府で、新十両を機に福建省を出身地とした)以来36年ぶり2人目、内モンゴル出身者では(さらに言えば中国の生まれ・育ちである中国人の中でも)史上初である。また、部屋創立8年目の荒汐部屋にとっても初の関取誕生であった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た男女ノ川登三

    なお、蒼国来以前に一時日本相撲協会構成員ではなくなりながら、復帰した力士としては春秋園事件で離脱していた男女ノ川が有名である。また、玉ノ富士は一旦脱走により正式に廃業したものの、当時はおおらかであったため再入門が許されたという。その玉ノ富士は関脇にまで昇進し、引退後は片男波部屋を継承し、定年退職後も現在に至るまでなお再雇用される形で年寄を務めている。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た日本相撲協会

    4月1日の相撲協会の発表によると、蒼国来は本日の処分はなく調査続行とされたが、8日、9日に行われた特別調査委員会の会合で、蒼国来の八百長関与が認定され、これを受けて4月11日、日本相撲協会の臨時理事会は、当人を引退勧告処分とした。処分に際し、師匠の荒汐は「こういう結果になって本当に申し訳ない。こんなことになるなら内モンゴル自治区から連れてこなければ良かった」と涙した。蒼国来は処分に応じず引退届を提出しなかったため、更に重い解雇処分となった。退職金は満額支給すると相撲協会は表明したが、蒼国来は受け取らなかった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た内モンゴル自治区

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た福建省

    東幕下筆頭で迎えた2009年11月場所では5勝2敗と勝ち越し、同年12月2日に開かれた番付編成会議で2010年1月場所での新十両昇進が決定した。中国人(中華人民共和国籍)力士の関取昇進は、1974年7月場所の清乃華(生まれ・育ちは大阪府で、新十両を機に福建省を出身地とした)以来36年ぶり2人目、内モンゴル出身者では(さらに言えば中国の生まれ・育ちである中国人の中でも)史上初である。また、部屋創立8年目の荒汐部屋にとっても初の関取誕生であった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た力士

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た荒汐部屋

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た大相撲

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示