44件中 21 - 30件表示
  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見たヨーグルト

    7歳からモンゴル相撲に親しみ16歳で全国優勝、そして内モンゴル第3スポーツ体育委員会所属レスリング学校に進み、84kg級中国全国ジュニア・ランキング8位という実績を残した。2003年4月に訪中した荒汐親方が体格に恵まれた目当ての弟子候補との交渉がまとまらず帰国の期限に迫られた際に恩和?布新は荒汐が滞在していたホテルまで足を運び自ら入門を直談判した。恩和?布新の熱意に折れた荒汐が入門を許したことで同年6月に来日して荒汐部屋に入門、同年9月場所で初土俵を踏んだ。蒼国来は入門時点で部屋に1人しか弟子がいない状況の中の新弟子であった。蒼国来が裁判闘争を勝ちぬくまでの様子を記述した言語教育学者の谷岡ケイは「どことなく老成した雰囲気が強すぎる」と当初の印象を自身の報告書に伝えていた。来日直後は日本食に馴染めず、さらに1食にどんぶり飯1杯が限界という小食であったためご飯にヨーグルトをかけて食べていたこともあった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た2009年

    その後も幕下上位での一進一退が続いていたが、2008年に入り十二指腸潰瘍のため体調を崩し番付を大幅に落とした。体調が回復した7月場所では6勝1敗の成績で優勝決定戦に進出した。9月場所では東幕下10枚目と再び関取が見える幕下上位15番目以内まで番付を戻して4勝3敗で勝ち越し、11月場所では西幕下4枚目まで番付を上げたが2勝5敗に終わり、西18枚目まで番付を落とした。しかし2009年7月場所では幕下西4枚目で4勝3敗と勝ち越し、9月場所では自己最高位である幕下西筆頭まで番付を上げ、ここでも4勝3敗と勝ち越したが十両からの陥落者が少なく11月場所は東幕下筆頭に留め置かれた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見たTBSテレビ

    2013年4月9日に放送されたTBSテレビ『Nスタ』内の特番では、特別調査委員会が春日錦や恵那司の証言だけを頼りにした調査を行い、蒼国来自身が通帳や携帯電話の提出を進んで行う意思を見せても殆ど履歴調査をされず、証拠も無いまま「クロ」と決めつけられた事実が明らかになった。そもそも、八百長に関与したとして名前が挙がった力士27人(八百長認定を受けた25人に加えて一度関与を疑われて候補に入った翔天狼と臥牙丸、合わせて27人)中押収された携帯電話から明らかになった八百長の証拠メールに名前が確認された力士は半分未満の13人に過ぎなかった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た幕下

    2003年11月場所では序ノ口優勝を果たし、2004年1月場所は右上腕骨折のため全休(記録上は1不戦敗6休)するが、3月場所は序二段で7戦全勝(優勝同点)、同年11月場所では幕下に昇進した。その後は幕下と三段目の往復が続いていた。2007年5月場所では三段目筆頭で7戦全勝優勝を成し遂げ、翌7月場所は一気に幕下11枚目まで昇進し、ここでも5勝2敗と勝ち越し、翌9月場所は幕下5枚目に昇進して4勝3敗と勝ち越した。しかし、11月場所には自己最高位の東幕下2枚目で3勝4敗と負け越した。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た中華人民共和国

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見たABO式血液型

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型O型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見たブフ

    7歳からモンゴル相撲に親しみ16歳で全国優勝、そして内モンゴル第3スポーツ体育委員会所属レスリング学校に進み、84kg級中国全国ジュニア・ランキング8位という実績を残した。2003年4月に訪中した荒汐親方が体格に恵まれた目当ての弟子候補との交渉がまとまらず帰国の期限に迫られた際に恩和?布新は荒汐が滞在していたホテルまで足を運び自ら入門を直談判した。恩和?布新の熱意に折れた荒汐が入門を許したことで同年6月に来日して荒汐部屋に入門、同年9月場所で初土俵を踏んだ。蒼国来は入門時点で部屋に1人しか弟子がいない状況の中の新弟子であった。蒼国来が裁判闘争を勝ちぬくまでの様子を記述した言語教育学者の谷岡ケイは「どことなく老成した雰囲気が強すぎる」と当初の印象を自身の報告書に伝えていた。来日直後は日本食に馴染めず、さらに1食にどんぶり飯1杯が限界という小食であったためご飯にヨーグルトをかけて食べていたこともあった。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見たモンゴル語

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た身長

    蒼国来 栄吉(そうこくらい えいきち、1984年1月9日 - )は、中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身で荒汐部屋所属の大相撲力士。本名は恩和?布新(モンゴル語のラテン文字表記でEngketübsin、キリル文字表記・、日本語カナ表記・エンヘトゥプシン)、愛称はエンクー。身長186cm、体重146kg、血液型はO型。好物は羊の塩茹で。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は東前頭2枚目(2017年3月場所)。解雇処分の後、裁判での勝訴を経て幕内力士としての地位を奪還し、現役復帰を果たすという珍しい経歴を持つ。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼国来栄吉

    蒼国来栄吉から見た関取

    その後も幕下上位での一進一退が続いていたが、2008年に入り十二指腸潰瘍のため体調を崩し番付を大幅に落とした。体調が回復した7月場所では6勝1敗の成績で優勝決定戦に進出した。9月場所では東幕下10枚目と再び関取が見える幕下上位15番目以内まで番付を戻して4勝3敗で勝ち越し、11月場所では西幕下4枚目まで番付を上げたが2勝5敗に終わり、西18枚目まで番付を落とした。しかし2009年7月場所では幕下西4枚目で4勝3敗と勝ち越し、9月場所では自己最高位である幕下西筆頭まで番付を上げ、ここでも4勝3敗と勝ち越したが十両からの陥落者が少なく11月場所は東幕下筆頭に留め置かれた。蒼国来栄吉 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示