前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
233件中 1 - 10件表示
  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た蓮舫蓮舫

    12日 - 民進党定期党大会が開催され、蓮舫代表が、次期衆院選に向け現在の「2030年代原発ゼロ」から目標年限を前倒しすることを目指し、原発ゼロ基本法案を作成する考えを示した。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た蓮舫蓮舫

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。文書に賛同した19人は衆議院議員では民主党の篠原孝、生方幸夫 ・社民党の吉川元、参議院議員では民主党の蓮舫、小川敏夫、藤田幸久、相原久美子、有田芳生、石橋通宏、小西洋之、難波奨二、野田国義、大島九州男 、田城郁、徳永エリ、森本真治・社民党の吉田忠智、福島瑞穂、又市征治だった。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年民進党代表選挙

    2016年民進党代表選挙から見た蓮舫蓮舫

    2016年民進党代表選挙(2016ねんみんしんとうだいひょうせんきょ)は、2016年9月15日に行われた民進党の党代表選挙である。1回目の投票で有効投票に基づくポイント総数の過半数を獲得した蓮舫が当選した。2016年民進党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た蓮舫蓮舫

    閣内人事では、東日本大震災を受け、節電啓発等担当大臣を新設して村田蓮舫行政刷新担当大臣を担当大臣に任命した。また、枝野官房長官が福島第一原子力発電所事故への対応に追われ、被災者支援が手薄になっていたため、前内閣官房長官の仙谷由人を内閣官房副長官に任命して被災者支援を担当させた。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 山本弘一郎

    山本弘一郎から見た蓮舫蓮舫

    2010年9月3日、蓮舫内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)は山本の提案に基づき、前原誠司国土交通大臣に「自動車登録手続きの簡略化」の検討を申し入れ、了承された。その際、省内の批判を恐れずに改善案を提出した上に最優秀賞を獲得した山本について前原大臣は「でかした、という心境」と述べた。山本弘一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野田国義

    野田国義から見た蓮舫蓮舫

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。野田国義 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た蓮舫蓮舫

    松原仁は長島の離党について、「民進党が嫌いで離党した」わけではないとし、蓮舫が二重国籍問題をうやむやにしていることも原因の一つであり、蓮舫自身が「謝るべきは謝り、釈明すべきは釈明する」など国民にはっきり説明責任を果たしていないことが党の支持率低下にも影響していると述べている。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 相原久美子

    相原久美子から見た蓮舫蓮舫

    2016年民進党代表選挙では蓮舫の推薦人となり、蓮舫の当選後、民進党常任監査に就任した。相原久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年9月民進党代表選挙

    2017年9月民進党代表選挙から見た蓮舫蓮舫

    2017年9月民進党代表選挙(2017ねん9がつみんしんとうだいひょうせんきょ)は、2017年7月27日に辞任を表明した蓮舫代表の後任を選出するため、2017年9月1日に臨時党大会において実施された民進党の党代表選挙である。前原誠司が選出された。2017年9月民進党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た蓮舫蓮舫

    民進党定期党大会開催 。代表の蓮舫が次期衆院選に向け原発ゼロ基本法案を作成する考えを表明。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
233件中 1 - 10件表示

「蓮舫」のニューストピックワード