233件中 21 - 30件表示
  • 菅内閣 (第1次改造)

    菅内閣 (第1次改造)から見た蓮舫蓮舫

    最年少:42歳(村田蓮舫菅内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 生方幸夫

    生方幸夫から見た蓮舫蓮舫

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。生方幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川元 (政治家)

    吉川元 (政治家)から見た蓮舫蓮舫

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。吉川元 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 創新会

    創新会から見た蓮舫蓮舫

    民進党結党に際して維新の党から合流した国会議員26人(第24回参議院議員通常選挙後は23人)で形成された旧維新の党グループから、2016年9月の代表選で江田憲司ら主流派が蓮舫を支持したことなどに反発した松野頼久ら非主流派が分離し、2017年4月6日に旗揚げしたグループである。「創新会」の名称は、「新しい政治を創る」という意味を込めて命名され、3月30日に発表された。創新会 フレッシュアイペディアより)

  • 江田グループ

    江田グループから見た蓮舫蓮舫

    民進党結党に際して維新の党から合流した国会議員26人(第24回参議院議員通常選挙後は23人)の集まりとして発足し、2016年8月3日に旧維新の党グループとして政策グループ化した。9月の代表選後、蓮舫を支持した江田憲司ら主流派と蓮舫以外を支持した松野頼久ら非主流派が対立して活動を停止したが、2017年3月14日に江田ら13人がグループを再出発させ、4月6日に松野らが新グループ「創新会」を旗揚げして分裂したため、その後は旧結いの党出身者が中心となる。また、再出発に際しては、「原発ゼロ基本法案」の策定などに積極的に取り組む方針を確認し、今後毎週火曜日に定例会を開くこととなった。江田グループ フレッシュアイペディアより)

  • 篠原孝

    篠原孝から見た蓮舫蓮舫

    2016年の民進党代表選挙では、前原誠司を支持。代表選の選挙戦中、二重国籍問題が発覚した蓮舫代表代行(当時)に対し、自身のブログで代表選からの撤退を求め、9月15日の常任幹事会で党執行部に代表選のやり直しを要求したが、枝野幸男幹事長は応じず、蓮舫は前原、玉木雄一郎を破り、民進党代表に選出された。篠原孝 フレッシュアイペディアより)

  • 小西洋之

    小西洋之から見た蓮舫蓮舫

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。小西洋之 フレッシュアイペディアより)

  • 立憲民主党 (日本)

    立憲民主党 (日本)から見た蓮舫蓮舫

    自民党とともに日本の二大政党の一翼を担っていた民主党は、2009年の第45回衆議院議員総選挙で大勝して政権を獲得した。しかし、政権公約の相次ぐ断念や党の内紛などにより、総理大臣が約1年おきに鳩山由紀夫・菅直人・野田佳彦と代わり、2012年の第46回衆議院議員総選挙で自民党・公明党に敗北して野党に転落、以来低迷を続けた。2015年からは日本共産党を含めた野党間で選挙協力(民共共闘)などを行い、国政選挙ならびに地方選挙で一定の成果をあげたが、自民一強の体制は崩せなかった。2016年には維新の党(現在の日本維新の会とは別)と合流し、民進党に党名を変更する。しかし、2017年の東京都議会議員選挙で候補者が相次いで離党し、過去最低の5議席に終わったことなどから第2代代表蓮舫が辞任する。9月1日、後任の民進党代表選挙で保守系の前原誠司がリベラル系の枝野幸男を破り当選したが、離党者は止まらなかった。そのさなかに衆議院解散・総選挙が行われるとの報道が飛び出した。立憲民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 民共共闘

    民共共闘から見た蓮舫蓮舫

    蓮舫は共闘継続を方針としつつ「参院選での連携が絶対とは思わない」「枠組みがどうなるか、もう一度、党員・サポーターの声に真摯に耳を傾ける」と発言した。民共共闘 フレッシュアイペディアより)

  • 有田芳生

    有田芳生から見た蓮舫蓮舫

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。文書に賛同した19人は衆議院議員では民主党の篠原孝、生方幸夫 ・社民党の吉川元、参議院議員では民主党の蓮舫、小川敏夫、藤田幸久、相原久美子、有田、石橋通宏、小西洋之、難波奨二、野田国義、大島九州男 、田城郁、徳永エリ、森本真治・社民党の吉田忠智、福島瑞穂、又市征治だった。有田芳生 フレッシュアイペディアより)

233件中 21 - 30件表示

「蓮舫」のニューストピックワード