110件中 41 - 50件表示
  • 松田公太

    松田公太から見た蓮舫蓮舫

    7月11日 - 第22回参議院議員通常選挙で初当選。定数5の東京都選挙区では、蓮舫、竹谷とし子、中川雅治、小川敏夫の4人が松田に先んじて議席を獲得し、残る1議席を松田と日本共産党の小池晃で争ったが、松田が小池の得票数を約10万票上回り、5議席目を獲得した。松田公太 フレッシュアイペディアより)

  • 立正佼成会

    立正佼成会から見た蓮舫蓮舫

    2001年の参院選では民主党の佐藤道夫(当選)を支援した他、新党・自由と希望を結党して出馬した白川勝彦(元:自民党衆議院議員・自治大臣)を支援したものの落選に終わっている。2004年の参院選では民主党から全国比例区で初出馬した藤末健三を支援し、当選後も機関紙に定期的に投稿するなど関係を強めている。他に、前朝鮮日報 (韓国4大新聞の一つ) 日本支社長の白眞勲も同時に推薦を受けて参院選に出馬・当選、タレントの蓮舫も支援を受け当選を果した。立正佼成会 フレッシュアイペディアより)

  • 決算委員会

    決算委員会から見た蓮舫蓮舫

    尾立源幸、安井美沙子、蓮舫(民主党)決算委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 尾立源幸

    尾立源幸から見た蓮舫蓮舫

    京都共栄学園高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。税理士・公認会計士としてアーサー・アンダーセン勤務後独立。2000年の総選挙に民主党公認で大阪17区から出馬するが落選、そのまま次期衆院選を目指すものの2003年に自由党が民主党に合流すると候補者調整で大阪17区の公認候補は西村眞悟に決定。尾立は参院大阪選挙区(改選数3)の民主公認候補となり、2004年参院選に出馬。選挙運動中は島田紳助らの応援を受け、トップ当選した。行政刷新会議が行う事業仕分けでは蓮舫らと共に中心メンバーの一人である。尾立源幸 フレッシュアイペディアより)

  • 中前茂之

    中前茂之から見た蓮舫蓮舫

    選挙戦では告示直前に小沢一郎元民主党代表が強制起訴議決され、町村が「クリーンな政治」を訴えるなど、「政治とカネ」が争点となった。社会民主党、国民新党、新党大地の支持も受け、民主党の岡田克也幹事長や前原誠司外相、蓮舫行政刷新相ら知名度の高い閣僚が応援に入ったが町村に約3万票の大差で敗れた。中前茂之 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た蓮舫蓮舫

    結成メンバー(元ジョージボーイズ所属)。2004年に浜田と共に独立し、MYMYとして活動。2009年に改名して復帰。主な役は田原総一朗、鳩山幸、蓮舫、河野太郎など。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 川合孝典

    川合孝典から見た蓮舫蓮舫

    2011年5月、UIゼンセン同盟によるパチンコ業界からの節電に関する陳情を、節電啓発をになう蓮舫国務大臣に紹介した。川合孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 清水信次

    清水信次から見た蓮舫蓮舫

    1950年(昭和25年)、朝鮮戦争が始まると、貿易の増加による物流需要の拡大を予測し単身上京。パイナップルやバナナの輸入業で利益を上げ、「パインちゃん」の異名をとる。又この仕事を通じて蓮舫の父で台湾人バナナ貿易商を営んでいた謝哲信と知り合い、家族ぐるみの交友を深めた。現在も台湾財界人に知己が多い。清水信次 フレッシュアイペディアより)

  • 竹谷とし子

    竹谷とし子から見た蓮舫蓮舫

    2010年7月11日投票の第22回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から出馬し、蓮舫に次ぐ得票数2位で当選。竹谷とし子 フレッシュアイペディアより)

  • 市川眞一

    市川眞一から見た蓮舫蓮舫

    ただし、民主党が政権を獲得して以降、事業仕分けの評価者(仕分け人)などを通じて、民主党所属の国会議員にも広範なネットワークを持つと言われている。2011年7月には、同党の推薦で衆議院財務金融委員会において参考人を務め、同8月には同党財務金融部門会議で講演を行った。特に行政刷新担当大臣を2回歴任した蓮舫参議院議員や提言型政策仕分けのとりまとめ役を務めた玉木雄一郎衆議院議員などと交流が深いようだ。市川眞一 フレッシュアイペディアより)

110件中 41 - 50件表示

「蓮舫」のニューストピックワード