前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
380件中 1 - 10件表示
  • 蓮舫

    蓮舫から見た野田佳彦

    代表選において、蓮舫は共産党との選挙協力体制については継続の方針を打ち出すが、「政権選択の衆院選は綱領や政策の異なる政党と政権を目指すことはあり得ない」などの発言を繰り返し、衆議院選挙で共産党が選挙区から候補を取り下げて民進党に協力をするように求めた。9月21日に発足した新執行部は、「新世代の民進党」を掲げていたにもかかわらず幹事長の野田佳彦に近い人物による布陣となったために「お友達執行部」と呼ばれることとなり、産経新聞からは「船出早々、お家芸の「党内分裂」の危機に直面している」と報じられた。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た鳩山由紀夫

    2010年10月20日、民主党の前首相鳩山由紀夫と実弟で無所属衆院議員の鳩山邦夫が都内で会談し、来春の東京都知事選の候補者選びを巡り、「いま人気のある蓮舫行政刷新担当相が出馬すれば勝てるのではないか」、との認識で一致した。蓮舫は2010年の参議院選挙で東京選挙区史上最多の171万票を取っており、出馬情報が駆け巡ったが、蓮舫本人が2010年10月22日の記者会見で、「出馬の可能性はありません」と噂を否定した。2011年1月7日の記者会見において、「もし適当なところから、さまざまな声をしっかり頂いたなら、検討するのは一政治家として当然のことだ」と発言した。ただし、「現段階では考えていないし、オファーもない」とも述べた。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た橋下徹橋下 徹

    2013年、日本維新の会共同代表である橋下徹が従軍慰安婦問題を巡る発言に対し、抗議する超党派女性国会議員記者会見に菊田真紀子、福島瑞穂、糸数慶子、亀井亜紀子、田村智子、谷岡郁子、林久美子、郡和子、森ゆうこ、辻元清美と共に参加した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た日本テレビ放送網

    芸能活動は、1985年(昭和60年)、17歳時にNTTのテレホンカードのCMに出演。青山学院大学在学中の1988年(昭和63年)には音響機器メーカーのキャンペーンガールである「クラリオンガール」に選ばれた。日本テレビのバラエティ番組などを中心に活動後、1992年(平成4年)4月から3時にあいましょう、1993年(平成5年)4月から1995年(平成7年)9月にかけ、テレビ朝日の報道番組『ステーションEYE』のメインキャスターをつとめた。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た小野田紀美

    自身も日米の二重国籍だった自民党の小野田紀美参議院議員は蓮舫が情報公開を拒んでいると批判し、また蓮舫の戸籍の公開を求める人々を「差別主義者」と呼んだことを「海外の血が入った人とそうでない人の対立をつくってしまった」とも批判した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た石原慎太郎

    東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)後、新たに任命された節電啓発相として2011年(平成23年)3月14日、節電の要請を行うため、石原慎太郎東京都知事を訪問したが、石原から「スーパー堤防、いりますよ。あなたに(「廃止」と)言われたけどね」と蓮舫が建設廃止判定を行ったスーパー堤防の廃止見直しをせまられた。2010年(平成22年)10月に行われた事業仕分けで、蓮舫は「二百年に一度の大洪水を想定するのは百歩譲って分かるが、全部の完成まで四百年かかるのは現実的か」「いつまでに整備できるか出口が見えない。お金の使い方として疑問だ」と批判し、スーパー堤防建設事業を廃止判定していた。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た松原仁

    13日、蓮舫は記者会見を開き、自らの台湾籍が残っていたことを発表、謝罪した。民進党代表選の党員・サポータ投票がすでに終了した後だったため、対立陣営の松原仁が「選挙を延期するべきだ」と主張するなど、物議をかもした。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た前原誠司

    2016年9月2日、民進党代表選挙に、前原誠司、玉木雄一郎と共に立候補(推薦人代表は田名部匡代)した。9月15日の選挙では1回目の投票において過半数を獲得、第2代代表に選出された。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た長島昭久

    2014年4月21日、社民党党首の吉田忠智らと、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。先に訪米し民主党は行使容認に前向きとの認識を示していた元防衛副大臣の長島昭久は、ツイッターで「属国でもあるまいし、嘆かわしい」と批判した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た岸信介

    2017年2月には安倍晋三の外交姿勢について「(トランプに)厳しいまなざしが向けられている中、にこやかにゴルフに興じている日本の首相の姿は誇れるものではない」「日本だけが世界各国と歩調を乱して何とか経済で恩恵を受けようとしている姿に映ってはいけない」と批判している。これに対して、産経新聞は、アイゼンハワー大統領が岸信介首相とゴルフプレー後に「大統領になると嫌なやつともテーブルを囲まねばならないが、ゴルフは好きなやつとしかできない」と笑顔で述べ、日米が「占領国」対「被占領国」の関係から「真の同盟関係となる転機」となった事例をあげ、また、トランプ大統領が「安倍首相とゴルフできるのは素晴らしいことだ。ゴルフの方が昼食よりも親しくなれるじゃないか」「ゴルフがうまいかどうかは問題じゃない。安倍首相が私のパートナーであることを確認するんだ」と述べたことを紹介し、蓮舫について「ゴルフも外交の要諦であり、何事も軽軽に見るのは止めた方がいい。」と批判している。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
380件中 1 - 10件表示

「蓮舫」のニューストピックワード