380件中 51 - 60件表示
  • 蓮舫

    蓮舫から見た森裕子

    2013年、日本維新の会共同代表である橋下徹が従軍慰安婦問題を巡る発言に対し、抗議する超党派女性国会議員記者会見に菊田真紀子、福島瑞穂、糸数慶子、亀井亜紀子、田村智子、谷岡郁子、林久美子、郡和子、森ゆうこ、辻元清美と共に参加した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た羽田雄一郎

    ファッション雑誌『VOGUE NIPPON』2010年11月号P156〜P161に特集として、国会議事堂の中央階段等で、アルマーニ等、高級ブランド服を着たポーズをとっている蓮舫の写真を掲載した、と産経新聞に報道された。議事堂内での撮影について、私的な宣伝や営利目的に当たる行為は許可されていない。掲載された写真4カットのクレジットには、衣装の価格とブランド名が掲載されており、参議院事務局は宣伝行為と判断した。また、記事内容は政治活動を記事にしたもので問題はないとしている。10月7日、この撮影に対して、西岡武夫参院議長が口頭で蓮舫を注意した。これらの批判に対して、蓮舫は「撮影場所が不適切であるとか、懸念を抱かせてしまったとしたら、率直におわび申し上げる」と陳謝した。その上で、「国会議員はさまざまな手段で情報を発信しているが、その一つの手段として雑誌の取材に応えることは大切だ」と述べるとともに、参院議長から注意されたことには「個人的な立場で心配をされている、という先輩議員としてのアドバイスをいただいた」と説明した。この件について民主党の羽田雄一郎参院国対委員長は記者会見で「政治活動の一環だと思っているかもしれないが、一般的にどうか。自分と他人のとらえ方は違う」と述べた。2010年10月14日、参議院予算委員会にて、小幡幹雄参議院事務総長は、自民党の西田昌司参院議員の撮影許可の経緯についての質問に対して、申請書の撮影目的欄には「議員活動の記録のため」と記載されていたが、宣伝色の強いものであるため注意喚起をした、と答弁した。蓮舫は「参院側から『議員活動の記録のため』と書くように示唆があった。撮影場所の確認時も、参院担当者は『この場所なら大丈夫だ』と言った」と述べたが、のちに蓮舫はこの答弁について「私の誤解に基づいた答弁で、撤回し謝罪したい」と答弁、撤回している。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た馬淵澄夫

    2013年5月27日の民主党役員会で、馬淵澄夫、長妻昭とともに幹事長代行に起用されることが決まり、第23回参議院議員通常選挙中の政策発信に当たったが、同選挙で民主党が惨敗したことを受け、7月26日に幹事長代行の辞表を提出し、受理されたことをツイッター上で明らかにした。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た日本人

    日本の企業との間で貿易業を営んでいた台湾人の政商である父・謝哲信と、「ミス・シセイドウ」だった日本人の母・斉藤桂子の長女として東京都で生まれた。出生時は中華民国籍、1984年の国籍法改正で父母両系血統主義になったのに伴い1985年に17歳で台湾籍を保持したまま日本国籍を取得、2016年9月13日付けで台湾側より「国籍喪失許可証書」が発行され、2016年10月7日付けで日本国籍選択宣言、1985年から2016年までは二重国籍であった(詳細はで後述)。青山学院幼稚園、青山学院初等部、中等部・高等部、青山学院大学法学部公法学科卒業。1995年(平成7年)から1997年(平成9年)にかけては北京大学漢語中心に留学。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た政治家

    蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名:村田 レンホウ〈むらた レンホウ〉、通称名:村田 蓮舫〈むらた れんほう〉、1967年〈昭和42年〉11月28日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(3期)。立憲民主党参議院国会対策委員長。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た戸籍

    2017年7月13日の定例会見で、二重国籍問題について同18日に記者会見で説明することを発表した。その際、「戸籍謄本そのものを公開するとは言っていない」とし、戸籍の公開について「特に我が国において、戸籍は個人のプライバシーに属するものであり、積極的に、あるいは排外主義者・差別主義者の方たちに言われて公開することは、絶対にあってはならないと今なお思っています。前例にしてはいけないとも思っています」と発言。この発言について産経新聞記者が「疑問を持つ声を『差別主義者・排外主義者』と一括りにするような発言」と疑問視したが、「それは受け止めが完全に間違っている。差別主義者やレイシストの方達の声に私は屈しないし、世の中一般的に絶対にあってはいけない。それと党内のことは別」と強く反発した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た民進党執行部

    内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、行政刷新、「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画)、公務員制度改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表(第2代)を歴任。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た戸籍謄本

    2017年7月13日の定例会見で、二重国籍問題について同18日に記者会見で説明することを発表した。その際、「戸籍謄本そのものを公開するとは言っていない」とし、戸籍の公開について「特に我が国において、戸籍は個人のプライバシーに属するものであり、積極的に、あるいは排外主義者・差別主義者の方たちに言われて公開することは、絶対にあってはならないと今なお思っています。前例にしてはいけないとも思っています」と発言。この発言について産経新聞記者が「疑問を持つ声を『差別主義者・排外主義者』と一括りにするような発言」と疑問視したが、「それは受け止めが完全に間違っている。差別主義者やレイシストの方達の声に私は屈しないし、世の中一般的に絶対にあってはいけない。それと党内のことは別」と強く反発した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た小学館

    『蓮舫流やる気のスイッチ!1日10分手作り学習ドリル術』小学館 2010蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た資生堂

    日本の企業との間で貿易業を営んでいた台湾人の政商である父・謝哲信と、「ミス・シセイドウ」だった日本人の母・斉藤桂子の長女として東京都で生まれた。出生時は中華民国籍、1984年の国籍法改正で父母両系血統主義になったのに伴い1985年に17歳で台湾籍を保持したまま日本国籍を取得、2016年9月13日付けで台湾側より「国籍喪失許可証書」が発行され、2016年10月7日付けで日本国籍選択宣言、1985年から2016年までは二重国籍であった(詳細はで後述)。青山学院幼稚園、青山学院初等部、中等部・高等部、青山学院大学法学部公法学科卒業。1995年(平成7年)から1997年(平成9年)にかけては北京大学漢語中心に留学。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

380件中 51 - 60件表示

「蓮舫」のニューストピックワード