297件中 11 - 20件表示
  • 第3世代光ディスク

    第3世代光ディスクから見た薄型テレビ薄型テレビ

    ハイビジョン映像に対応する大画面・薄型テレビが一般家庭に普及するとの予測に基づき、映画企業などがハイビジョン映像を収録可能なビデオパッケージ規格を求めた。第3世代光ディスク フレッシュアイペディアより)

  • まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜

    まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜から見た薄型テレビ薄型テレビ

    2009年11月21日、山里が遅刻し、液晶テレビのアクオス32型を1台提供。まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜 フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た液晶テレビ薄型テレビ

    レグザ(REGZA、Regsam, Real Expression Guaranteed by amaZing Architecture)とは東芝が2006年2月から発売している液晶テレビの世界統一ブランド名。2010年からは同ブランドのレコーダーやプレーヤーなどの発売により、同社が発売する映像機器関連の総合ブランドとして展開している。同ブランド名は、日本国外においても用いられているが、本項では主に日本国内における製品について記述する。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • コンポーネント端子

    コンポーネント端子から見た薄型テレビ薄型テレビ

    アナログ信号である為、AACSで制定されたImage Constraint Token (ICT) により、2011年以降のBDレコーダー・プレーヤー、薄型テレビ等の新機種は出力がSDに制限(D2以上での高画質伝送が禁止)され、2014年以降の新機種には搭載されなくなる見通しである(アナログ出力が全面禁止となる為)。この理由により今後はコンポーネント端子はD端子と共に廃止されHDMIに一本化される可能性が高い(薄型テレビ及びBDレコーダーの2011年モデルにはD端子及びコンポーネント端子を廃止した機種が登場)。コンポーネント端子 フレッシュアイペディアより)

  • 明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー

    明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショーから見たプラズマテレビ薄型テレビ

    離婚直後に電話。東野、西川同様「雛形あきこです」と名乗っただけで鐘が鳴った。PSXとプラズマテレビを獲得した。明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー フレッシュアイペディアより)

  • アクオス

    アクオスから見た液晶テレビ薄型テレビ

    アクオス(AQUOS)とはシャープの液晶テレビを中心とした映像関連機器のブランド・シリーズ名称である。アクオス フレッシュアイペディアより)

  • ビエラリンク

    ビエラリンクから見た薄型テレビ薄型テレビ

    こうしたビエラリンクの台頭により、ビエラ(薄型テレビ)に搭載されている従来型AV入出力端子数は年式が進む毎に徐々に削減。特に2011年春モデルのビエラはモニター出力・Irシステム・S2/S1映像入出力の各端子が全廃され、ビデオ入力端子数も削減されている(側面ビデオ入力端子が廃止され後面端子のみ。上位モデルは2系統、普及モデルはD端子も含め1系統のみ)。この為アナログチューナーのみ搭載の従来型録画機によるデジタル放送録画は不可となり、S-VHS・W-VHS・D-VHSの各ビデオデッキは(汎用型VHSデッキ同様)コンポジット映像ケーブルでしか繋げなくなった。なおディーガ(BDレコーダー・DVDレコーダー)は2011年春・秋モデルでも従来通りS2/S1入出力端子を標準装備している(地デジ専用モデルDMR-XE1/XE100/BF200/BR30、3D普及モデルDMR-BRT210を除く)。ビエラリンク フレッシュアイペディアより)

  • タウ (テレビ)

    タウ (テレビ)から見た薄型テレビ薄型テレビ

    T(タウ)は、松下電器産業(現:パナソニック)が生産していたブラウン管テレビのブランド名称で、同社の登録商標(日本第4334778号ほか)である。2003年9月まではプラズマテレビ、液晶テレビのブランド名称としても使われVIERAの前身にあたる。タウのTにはflaT(フラット)、digiTal(デジタル)、compacT(コンパクト)の意味が込められている。タウ (テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • パイオニア

    パイオニアから見たプラズマテレビ薄型テレビ

    ディスプレイ分野ではCRT方式のリアプロジェクションテレビ(パネルは他社製)を海外向けに販売する程度で大きなシェアは持っていなかったが、1997年(平成9年)12月に世界で初めて民生用高精細50インチ型ワイドプラズマテレビを発売した(42型ワイドプラズマテレビは同年11月に富士通ゼネラルが世界で初めて発売)。パネルを自社生産できる数少ない国内メーカーの一つであり(ただしチューナーは他社のOEM)、擬似輪郭や消費電力などのプラズマテレビの弱点の数々を克服した独自の映像技術や、お家芸であるオーディオ技術を搭載した高音質も高く評価されていた。かつては43V型と50V型のみを製造していたが、NECプラズマディスプレイの買収により、61V型もラインナップに加えた。パイオニア フレッシュアイペディアより)

  • ジャパネットたかた

    ジャパネットたかたから見た液晶テレビ薄型テレビ

    液晶テレビや掃除機については、視聴者が所有している使い古したテレビや掃除機の下取りサービスも合わせて行うことが多い。最近では、デジタルカメラ・炊飯器・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・マッサージチェア・ミシン・体組成計の下取りも行っている。また、テレビについてはオーディオラックや同一メーカーの録画機(ブルーレイレコーダーやDVDレコーダー)のいずれか、または両方をセットにしての販売が多い。ジャパネットたかた フレッシュアイペディアより)

297件中 11 - 20件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード