340件中 61 - 70件表示
  • ねじれネマティック液晶

    ねじれネマティック液晶から見た液晶テレビ薄型テレビ

    ねじれネマティック液晶 (twisted nematic liquid crystal) 、略してTN液晶は、液晶パネル(液晶ディスプレイや液晶テレビの主要部品)の駆動方式による分類である。なお、駆動とは、ドットやセグメントを点灯・消灯することである。ねじれネマティック液晶 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子線

    粒子線から見たプラズマテレビ薄型テレビ

    電子線は身近なものではテレビのブラウン管やプラズマテレビなどの放電式表示装置、研究や製造分野では、光学顕微鏡よりも高倍率で被写体深度の深い観察ができる電子顕微鏡、半導体マスク製造やウェハーなどへの直接描画による微細なパターンを形成するための電子線描画装置などに用いられる。粒子線 フレッシュアイペディアより)

  • 倍速液晶

    倍速液晶から見た液晶テレビ薄型テレビ

    2008年11月10日には、ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」において、従来の毎秒60フレームであった表示を4倍の240フレームまで引き上げ、さらなる残像感の低減を実現した4倍速液晶技術が搭載された。倍速液晶 フレッシュアイペディアより)

  • SH-07B

    SH-07Bから見た液晶テレビ薄型テレビ

    メインカメラには、SH-01Bと同様の1210万画素CCDカメラを搭載している。世界で初めて1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影に対応。別売りのHDMIケーブルを使って、同社製の液晶テレビ「AQUOS」と接続すれば、「AQUOSファミリンク」を介した簡単操作により、テレビの大画面でハイビジョン動画が楽しめる(本体左側面にはMicro HDMI端子を装備しており、テレビと接続する事で撮影した画像や動画だけでなく、iモードブラウザやフルブラウザ、メールなども表示可能。SH-07B側のキーで、テレビ画面を見ながらこれらの操作することができる)。また手ブレ補正やシーン認識、チェイスフォーカス機能は、静止画だけでなくフルハイビジョン動画撮影にも対応しているほか、被写体の声を録音しやすくするために動画撮影用の外側マイクも搭載している。その他SH-01B同様、被写体に合わせて最適な撮影モードを自動的に判別して切り替えるシーン自動認識機能や個人検出、「6軸手ブレ補正」と「動き検出被写体ブレ補正」、シャッタースピードとISO感度をアップしてブレを抑える「高感度ブレ補正」により写真のブレを強力に補正する3つのブレ補正、フォーカスを合わせた被写体を自動追尾するチェイスフォーカス機能、「ベストセレクトフォト」「ブラケット」「ストロボフォト」といった、多彩な連続撮影機能を引き続き搭載されている。これらに加え、ホワイトボードなどの歪みを補正してきれいな画像メモが残せる「ショットメモ」、漢字の読みや英単語の意味を写真で調べられる「ラクラク瞬漢/瞬英ルーペ」が新たに追加された。SH-07B フレッシュアイペディアより)

  • ダイナコネクティブ

    ダイナコネクティブから見た液晶テレビ薄型テレビ

    2002年、韓国人社長の金鳳浩が創立。社長が日本国内、台湾、韓国、中国に築いた幅広いコネクションにより、独自の工場を持たずに完全に製造を外注化するビジネスモデル、いわゆるファブレスメーカーのスタイルを構築。自社ブランド「Dawin」(ダ・ウィン)を冠した液晶テレビ、地上デジタルチューナーなどを西友やイオングループといった大手GMSに納入することに成功して話題を呼んだ。最盛期を迎えた2008年5月期の年間売上高は、151億3,000万円に達していた。ダイナコネクティブ フレッシュアイペディアより)

  • CELL REGZA

    CELL REGZAから見た薄型テレビ薄型テレビ

    CELL REGZA(セル・レグザ)とはCell Broadband Engineを搭載した初めての液晶テレビである。東芝が発売しているREGZAシリーズの1つ。CELL REGZA フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対応の動き

    地球温暖化への対応の動きから見た液晶テレビ薄型テレビ

    2012年までに電球を全て省エネ電球へ切り替え。液晶テレビなどへの切り替え、ヒートポンプ技術や省エネ技術を組み込んだ家電製品の普及、建造物の省エネの義務化、建造物への新エネ導入の加速、長寿命住宅の普及促進、エコビジネスや環境社会資本整備の金融・資本市場の整備地球温暖化への対応の動き フレッシュアイペディアより)

  • Pure Vision (テレビ)

    Pure Vision (テレビ)から見た薄型テレビ薄型テレビ

    Pure Vision(ピュアビジョン)は、パイオニア(現・オンキヨー&パイオニア)が2000年代に製造していたプラズマテレビのブランドである。Pure Vision (テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • 辻晴雄

    辻晴雄から見た液晶テレビ薄型テレビ

    世界に先駆けて液晶ディスプレイ事業の本格的な立上げに成功した。液晶の大型、高画質、フルカラー化などを進める一方、液晶付ビデオカメラ「液晶ビューカム」、携帯情報ツール「ザウルス」、液晶プロジェクター「液晶ビジョン」、8.6型(当時最大)壁掛け液晶テレビ「液晶ミュージアム」など画期的な応用商品の開発を指揮、「液晶のシャープ」を築き上げた。辻晴雄 フレッシュアイペディアより)

  • インターレース解除

    インターレース解除から見たプラズマテレビ薄型テレビ

    LCD、DLP、プラズマといった最近のディスプレイ装置はプログレッシブ走査しかサポートしておらず、インターレース信号をネイティブに表示することは出来ない。これらのディスプレイ装置でインターレース信号を取り扱うためには2本のインターレースフィールドをインターレース解除によって1枚のプログレッシブ・フレームに変換する必要がある。しかし、奇数・偶数フィールドの撮像には時間差があるため、単純に2つを貼りあわせて1枚のフレームを再現すると、動きのあるシーンでコーミングと呼ばれるノイズが発生してしまう。優秀なインターレース解除アルゴリズムでは画質を損なうことなくコーミング発生を防止する処理が行われる。欠落している画像情報を復元する技術があり、それらは複雑なアルゴリズムと高度な処理能力を必要とする。インターレース解除 フレッシュアイペディアより)

340件中 61 - 70件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード