297件中 81 - 90件表示
  • 想 -new love new world-

    想 -new love new world-から見た薄型テレビ薄型テレビ

    東芝液晶テレビ「REGZA」、ハイビジョンレコーダー「VARDIA」CMソング。(#1)想 -new love new world- フレッシュアイペディアより)

  • 3次元ディスプレイ

    3次元ディスプレイから見た薄型テレビ薄型テレビ

    大画面薄型テレビでの立体動画の再生では、液晶ディスプレイとプラズマディスプレイによる高フレームレートでの動画再生と液晶シャッター付き眼鏡によって立体感が得られるものが多い。プラズマディスプレイは多くの動画画像のフレームレートである60Hz(1秒間に60枚の画像)に対して単純に2倍の120Hzへと倍増することで液晶シャッターめがねに適した立体視用の動画が得られるが、液晶ディスプレイでは4倍の240Hzほどにしなければならない。これは、プラズマディスプレイが「インパルス表示方式」であり全画素が同時に短時間だけプラズマ放電してから消灯するのに比べて、液晶ディスプレイが「ホールド表示方式」であり、画面の上から順番に書き換えて行き、次の書き換え時まで同じ表示状態を維持するという原理的な違いによって生まれている。液晶ディスプレイでは右目用画像の描画が終わってから左目用画像の書き換えを画面上から行うが、眼鏡の液晶シャッターは左右の視界を全開にするか全閉にするだけであり、2つの画面の書き換え途中で右目、または左目の視界を開けていると2つの画像が上下で混在したまま見える(3D動画での)「クロストーク」と呼ばれる現象が起きる。これを避けるために、3D動画再生が行える液晶ディスプレイでは4倍のフレームレートである240Hzにして、画像の書き換え中は両眼の視界を閉ざすものが多い。LEDバックライトを使用するディスプレイでは眼鏡の全閉に代わって背面発光を消灯することで消費電力を低減するが、クロストークを回避するためにフレームレートを高める必要があるのは変わらない。プラズマ式と液晶式のいずれの表示装置でも左右の目は片方が画像を見ている間に他方は残像を感じているだけであるため、概ね感じられる明るさは半減するとされる。眼鏡では液晶パネルを経由することで明るさが1割ほど失われるとされることに加えて、液晶ディスプレイではほぼ表示時間と同じ時間、左右の視界を遮る必要があり、さらに明るさが半減するとされる。このため液晶ディスプレイでは、2D動画の再生時に比べて3D動画では、表示画素ごとの書き換え速度を4倍程度高めるだけでなく4倍以上の明るさが求められるとされる。3次元ディスプレイ フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ信号記録装置

    ビデオ信号記録装置から見た薄型テレビ薄型テレビ

    レコーダー内蔵の薄型テレビビデオ信号記録装置 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国際貿易委員会

    アメリカ国際貿易委員会から見た液晶テレビ薄型テレビ

    非常に強力な権限を持つことを利用し、アメリカ国内の企業が海外のメーカーを狙い撃ちにするような提訴することが多く、海外の企業には恐れられてきたが、2000年代にはいるとアメリカ国内の市場で競合する第三国の企業同士が提訴合戦を行う場としても注目されている(例 2008年から2009年にかけた日本のシャープと韓国のサムスン電子による液晶テレビ輸入差し止めをめぐる提訴合戦)。アメリカ国際貿易委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ベクタースキャン

    ベクタースキャンから見た液晶テレビ薄型テレビ

    液晶テレビやプラズマテレビは輝点を振っているわけではないが、画面全体を常に描画しているという点ではラスタースキャンのブラウン管と共通している。ベクタースキャン フレッシュアイペディアより)

  • ベクタースキャン

    ベクタースキャンから見たプラズマテレビ薄型テレビ

    液晶テレビやプラズマテレビは輝点を振っているわけではないが、画面全体を常に描画しているという点ではラスタースキャンのブラウン管と共通している。ベクタースキャン フレッシュアイペディアより)

  • サラウンド

    サラウンドから見た薄型テレビ薄型テレビ

    同社の大型テレビ用に開発。「ムービー&ミュージック・サラウンド」は1980年代後半から1990年代前半に発売された大画面テレビ「パナカラーイクス」「画王」シリーズで、「ワイド・サラウンド」は1998年(平成10年)?2000年代に発売されたフラットテレビ「T(タウ)」に各々採用。現在の薄型テレビ「VIERA」では「アドバンスドサラウンド」「バーチャル3Dサラウンドシステム」が採用されている(地上アナログ放送は従来通り「ワイド・サラウンド」)。また「画王」「ヨコヅナ」シリーズにはリモコンのメニュー操作による「サラウンドレベル」調整機能(最小0dB~最大63dBの範囲)があった他、「美来」シリーズまでは「サラウンドスピーカー出力端子」があった(「タウ」以降のシリーズからはサラウンドスピーカー端子廃止、以後はホームシアター、サラウンドヘッドホン、ラックシアターにその座を明け渡す)。サラウンド フレッシュアイペディアより)

  • スマイるNo.1ショップ

    スマイるNo.1ショップから見た薄型テレビ薄型テレビ

    TVアンテナとその属品(マスト・ミキサー・ケーブル・ブースター等)の販売・取り付けについては、三洋自体がそれ以前にアンテナ製造より撤退していることから、現在はマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ等、他社製品使用となっている(以前はパラボラアンテナのみを生産。地上波アンテナは当初から生産していない)。さらに薄型TV・DVDレコーダーについても、三洋は赤字が続いている事を理由に生産体制を大幅縮小。一部三洋系列店の中には、シャープ「AQUOS」や東芝「REGZA」等の他社製品取り扱いを始めた店舗もある他、冷蔵庫や薄型テレビについては親会社のパナソニック製品を仕入れ始めた店舗もある。スマイるNo.1ショップ フレッシュアイペディアより)

  • フロートガラス

    フロートガラスから見たフラットパネルディスプレイ薄型テレビ

    金属にはスズが主に使われるが、過去には鉛や融点の低い各種合金も使われていた。厚さが均一で表面が極めて平坦なガラスを製造することができ、窓ガラスの多くはフロートガラスである。フロートガラスの多くはソーダ石灰ガラスだが、ホウケイ酸ガラスも特殊用途ながら比較的多く使われる。フラットパネルディスプレイのガラスもフロートガラスの製法で製造されている。もっとも、フラットパネルディスプレイのガラスが全てフロートガラスというわけではない。ショットはフロートガラス法を使っているが、コーニングはオーバーフローダウンドロー法を使っている。フロートガラス フレッシュアイペディアより)

  • Dynabook AZ

    Dynabook AZから見た薄型テレビ薄型テレビ

    ちなみに東芝は2010年夏モデルとして本製品をリリースこそしたが、2011年11月現在においてその後は同系列のスマートブックをリリースしておらず、テレビ受像機(液晶テレビ)やDVDレコーダー/BDレコーダーを含んだ統合ブランドREGZAのうちに、android OSを搭載したタブレットコンピュータのシリーズを展開している。Dynabook AZ フレッシュアイペディアより)

297件中 81 - 90件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード

  • 画面が見やすくて、バッテリーの持ちがいいスマホが欲しい

  • インスタントラーメン小学生レシピコンクール

  • 手作り、無添加(調味料は除く)、からだに優しい