131件中 11 - 20件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たキヤノン

    FEDの一種である、SEDを使用したテレビである。発光原理はブラウン管と同じで、キヤノンと東芝が共同開発した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たLG電子

    日本における主なメーカーは、パナソニック・日立製作所・富士通ゼネラル(現在は業務用のみ)など。国内シェアはパナソニックが独走している。海外ではLG電子なども強い生産力を持つ。かつてはソニー・東芝・パイオニアなども販売していた。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たパナソニック

    大手メーカーが独自の高画質化機構に力を入れており東芝の「メタブレイン」、パナソニックの「PEAKS」、ソニーの「ブラビアエンジン」、シャープの「AQUOS高画質マスターエンジン」、日本ビクターの「GENESSA」などがよく知られている。メーカー・機種により個性がある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たB-CAS

    しかし年式が進むにつれ本体は次第に薄くなってきたため、今日のモデルは「フルレンジのアンダースピーカー」が主流である。同じアンダースピーカーでも、一部上位機にはウーハー+フルレンジの2ウェイタイプを採用している機種もある。スピーカーは従来通り正面に向けて取り付けられる機種に加え、下側に向けて取り付けられる機種も登場している。本体操作ボタン・B-CASカードスロット・ヘッドホン端子も当初は前面にあった機種がほとんどであったが、現在は天面や側面に移設されている。なお、大型(65v型以上)の一部上位機の中には、スピーカーが外付け(本体とは付属スピーカーケーブルで接続)や、別売りとなっている機種(103v型)もある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たサムスン電子

    日本では国内外の多くのメーカーが発売し競争が激しくなっている。2007年には世界シェア1位の韓国のサムスン電子も日本市場から撤退した。2010年現在ではシャープ、東芝、ソニー、パナソニックの上位4社で9割近くのシェアを占めている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たYahoo! JAPAN

    Webブラウザーを搭載し、インターネットのWebサイトを閲覧可能な機種も出始めたが、テレビを使ったWebページ閲覧はパソコン・携帯電話ほど浸透しておらず、テレビに特化したポータルサイトが運営されている。2009年4月にはテレビ版Yahoo! JAPANが開始された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たブランド

    しかし、2005年モデルからは高画質・高音質のAV信号を1本のケーブルのみで伝送可能な「HDMI」が登場、翌2006年モデルからは(パナソニック「ビエラリンク」を皮切りに)HDMIに連動機能が付加された。これにより従来のリモートワイヤーは不要となり、HDMIケーブルを介してテレビ受像機のリモコンで接続した録画機の連動(録画予約・再生などの)操作が可能となったため、従来のIrシステムに比べ、操作・接続は大幅に簡素化された。同一メーカーのテレビとレコーダーが売れやすくなる囲い込み効果により、特にパナソニックとシャープはBD/DVDレコーダーのシェアを大幅に引き上げ、ブランド力の強化に成功した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たSkype

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品が増えている。また2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話や、Twitter、Facebookに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たプラズマテレビ

    日本国内では2003年からの薄型テレビの主流は「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」である。これらは表示原理が全く異なり、液晶テレビは数インチの小画面から最大108インチほどの大画面までであり、プラズマテレビは32から150インチの大画面のものだけが製品となっている。この他米州大陸を中心に(2008年までは日本でも生産されていた)、リアプロジェクションテレビのような投影型の大型テレビもある程度人気があり、販売されているが、世界的に見れば少数派である。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たワンセグ

    薄型テレビの普及の課題は上でも述べたブラウン管テレビより高い価格のほか、元々テレビは買い替えサイクルが長い製品のため、古いテレビを使い続ける消費者が多いこと、またテレビチューナー付きパソコンやワンセグ対応携帯電話などの普及により、据え置き型テレビを必要としない人が増えていることが挙げられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

131件中 11 - 20件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード