155件中 11 - 20件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たキヤノン

    FEDの一種である、SEDを使用したテレビである。発光原理はブラウン管と同じで、キヤノンと東芝が共同開発した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たサムスン電子

    現在の日本では国内外の多くのメーカーが発売し競争が激しくなっている。2007年には世界シェア1位の韓国のサムスン電子も日本市場から撤退した。2010年現在ではシャープ、東芝、ソニー、パナソニックの上位4社で9割近くのシェアを占めている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た船井電機

    DX BROADTEC - DXアンテナ(製造は船井電機)(2017年3月に撤退)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たバイ・デザイン

    byd:sign - バイ・デザイン(廃業)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た日本電気

    2003年には、地上アナログ放送チューナーを搭載した携帯電話がNECから登場した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たツインバード工業

    ZABADY(ツインバード工業、BDプレーヤー併載機も製造)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たEIZO

    FORIS.TV - EIZO(撤退)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た日本ビクター

    大手メーカーが独自の高画質化機構に力を入れており東芝の「レグザエンジン」、パナソニックの「UniPhier」、ソニーの「ブラビアエンジン」、シャープの「AQUOS高画質マスターエンジン」、日本ビクターの「GENESSA」などがよく知られている。メーカー・機種により個性がある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たサン電子

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たYouTube

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品。2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話、2013年にはHulu、2015年にはネットフリックスに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

155件中 11 - 20件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード