131件中 21 - 30件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た表面伝導型電子放出素子ディスプレイ

    FEDの一種である、SEDを使用したテレビである。発光原理はブラウン管と同じで、キヤノンと東芝が共同開発した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たWooo

    この結果、テレビ部門赤字解消のめどが立たなくなった日本メーカーがテレビ生産より撤退するケースが出始め、これまでにビクター・パイオニア・三洋が民生用テレビ生産を終了した(このうちビクターはケンウッドと経営統合し共同持株会社「JVC・ケンウッドホールディングス」を設立。三洋は2011年4月1日付でパナソニックの完全子会社となり、「三洋電機株式会社」という社名は存続されるが「SANYO」商標は2012年3月31日限りで消滅し「Panasonic」へ一本化)。また東芝は(テレビ自社生産こそ継続するものの)携帯電話の自社生産より撤退し(携帯電話事業を)富士通に売却する旨を2011年8月2日に公式発表した。日立は1956年より続けてきたテレビ自社生産を2012年9月30日限りで終了。今後の日立ブランドテレビ製造は海外メーカーへ委託する旨が2012年1月23日に報道発表された(岐阜県美濃加茂市にある「Wooo」生産工場はプロジェクター製造へ転換し従業員の雇用も現行通り維持)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たデジタルカメラ

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たアクトビラ

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品が増えている。また2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話や、Twitter、Facebookに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た動画共有サービス

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品が増えている。また2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話や、Twitter、Facebookに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たデジタルチューナー

    薄型テレビおよびデジタルチューナー内蔵録画機は、地デジ中継局整備がほぼ完了した2010年12月時点でも、ごく一部の地域では未完了であった事から、2010年モデルでも地上アナログチューナー廃止には至っていなかった(但し、2010年モデル以前でもアナログチューナー非搭載機種も存在した)。東日本大震災の影響で切り替えが8か月間延長された地域を除き、アナログテレビ放送が終了した2011年以降製造の製品では、地上アナログチューナーを廃止して、(地上・BS・110°CS)デジタルチューナーのみ(デジタル家電の2010年秋冬モデル以降では、録画機を中心に地上アナログチューナーを廃止し、デジタル3波チューナーのみ搭載の製品が登場し始めた。)としているが、2011年モデルでも地上アナログチューナーを搭載している機種があり、2011年7月24日を過ぎても販売されていた。なおBSアナログチューナーは2007年頃までに廃止され、VHF・VU共用の各アンテナも2010年8月限りで生産を終了した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た液晶テレビ

    日本国内では2003年からの薄型テレビの主流は「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」である。これらは表示原理が全く異なり、液晶テレビは数インチの小画面から最大108インチほどの大画面までであり、プラズマテレビは32から150インチの大画面のものだけが製品となっている。この他米州大陸を中心に(2008年までは日本でも生産されていた)、リアプロジェクションテレビのような投影型の大型テレビもある程度人気があり、販売されているが、世界的に見れば少数派である。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たタイ洪水 (2011年)

    日本メーカー各社の2013年3月期業績見通しでは全メーカーがテレビ部門で赤字を計上している。岩手・宮城・福島3県を含めた日本全国での地デジ化が完了したことに伴う駆け込み需要の反動、東日本大震災やタイ洪水の影響、マスコミ不信などによるテレビ離れなどから今後のテレビ生産および販売数は各社共に大幅な落ち込みが懸念されており、日本におけるテレビ生産体制見直しが今後一層進む可能性がある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た発光ダイオード

    2011年現在は液晶、プラズマ、リアプロジェクションの次の薄型テレビ用技術としてLED、有機ELや無機EL、FEDなどの研究開発が進められている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たブラウン管

    薄型のものが現れる以前のテレビはほとんどがブラウン管式だったが、ブラウン管で大きな画面のテレビを作ると奥行きと共に質量も非常に大きくなる。当初はそれほど大きな画面が製造できなかった「薄型テレビ」も、薄く軽いといった生来の長所を活かして大画面化向きとなり、テレビメーカー各社がさらなる画面サイズの拡大・低価格化に取り組んだ結果、画像圧縮・伸張を使用したSDテレビ画像ソース(DVDなど)を除いてはブラウン管式テレビと置き換えられるだけの性能と価格を備えるものが作られるようになった。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード