155件中 31 - 40件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たワンセグ

    薄型テレビの普及の課題は上でも述べたブラウン管テレビより高い価格のほか、元々テレビは買い替えサイクルが長い製品のため、古いテレビを使い続ける消費者が多いこと、またテレビチューナー付きパソコンやワンセグ対応携帯電話などの普及により、据え置き型テレビを必要としない人が増えていることが挙げられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たDXアンテナ

    DX BROADTEC - DXアンテナ(製造は船井電機)(2017年3月に撤退)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た表面伝導型電子放出素子ディスプレイ

    FEDの一種である、SEDを使用したテレビである。発光原理はブラウン管と同じで、キヤノンと東芝が共同開発した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たデジタルカメラ

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たアクトビラ

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品。2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話、2013年にはHulu、2015年にはネットフリックスに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たタイ洪水 (2011年)

    日本メーカー各社の2013年3月期業績見通しでは全メーカーがテレビ部門で赤字を計上している。岩手・宮城・福島3県を含めた日本全国での地デジ化が完了したことに伴う駆け込み需要の反動、東日本大震災やタイ洪水の影響、マスコミ不信などによるテレビ離れなどから今後のテレビ生産および販売数は各社共に大幅な落ち込みが懸念されており、日本におけるテレビ生産体制見直しが今後一層進む可能性がある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たブラウン管

    薄型のものが現れる以前のテレビはほとんどがブラウン管式だったが、ブラウン管で大きな画面のテレビを作ると奥行きと共に質量も非常に大きくなり、37インチ程度が実用上限界であった。当初はそれほど大きな画面が製造できなかった「薄型テレビ」も、薄く軽いといった生来の長所を活かして大画面化向きとなり、テレビメーカー各社がさらなる画面サイズの拡大・低価格化に取り組んだ結果、画像圧縮・伸張を使用したSDテレビ画像ソース(DVDなど)を除いてはブラウン管式テレビと置き換えられるだけの性能と価格を備えるものが作られるようになった。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た有機エレクトロルミネッセンス

    2013年までにかけて、液晶の低価格化・技術向上・大画面化に伴いプラズマテレビの衰退が進んでいる。有機ELなどの新しいパネルの研究開発が行われているものの、当面は液晶の優位が続くものとみられている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た独立行政法人

    2008年7月、独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が中心となって主要な国内メーカーが有機ELの大型パネルの実用化に向けて共同開発を行うことが決まった。それによると2010年代後半に40インチ以上の有機ELディスプレイの量産化を目指しており、家庭用テレビへの使用を見込んだものとみられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た総務省

    総務省の統計では、2007年に薄型テレビの世帯普及率が19.3%、2008年には34.2%、2009年には50.4% と増加した。2010年には、地上アナログ放送の停波(2011年7月24日)を見越して75.3%にまで増加した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

155件中 31 - 40件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード