131件中 41 - 50件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た新エネルギー・産業技術総合開発機構

    2008年7月、独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が中心となって主要な国内メーカーが有機ELの大型パネルの実用化に向けて共同開発を行うことが決まった。それによると2010年代後半に40インチ以上の有機ELディスプレイの量産化を目指しており、家庭用テレビへの使用を見込んだものとみられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たBRAVIA

    BRAVIAワンセグ(ソニー、AM/FMチューナー併載機も製造)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たTwitter

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品が増えている。また2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話や、Twitter、Facebookに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たFacebook

    2007年以降は大手メーカー製の機種でアクトビラに対応した製品が増えている。また2008年頃からYouTubeなどの動画共有サービスの動画を直接表示できる製品が登場した。2011年にはSkypeによるテレビ電話や、Twitter、Facebookに対応した機種が発売された。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た青色発光ダイオード

    バックライトにLEDを用いたり、CCFLの工夫により色域を広く取れる(NTSC比を超える色域が表現できるようになった)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た液晶ディスプレイ

    テレビ画面に、液晶を用いたディスプレイ(液晶ディスプレイ、略称「LCD」)を使用したテレビである。モノクロ表示時代から続いた液晶表示器の普及と高演色性と充分な動画性能を備えた大画面製品の製造技術の確立によって薄型テレビの主要な地位を得ている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たニンテンドー3DS

    応答速度が速いといった特長をもつLEDバックライト液晶パネルおよびプラズマパネルを用いた薄型テレビにおいて、3D(立体)表示に対応した3次元ディスプレイを搭載したテレビが2010年に各社から発売された。右目用と左目用の映像を時分割で交互に表示し、液晶シャッターを内蔵した専用メガネで左右の目に振り分けるフレームシーケンシャル方式を採用するものが多く登場した。一方、かまぼこ形の縦長レンズを液晶パネルの前面に配置し、左右の目に異なった映像を届けることで、裸眼でも3D映像を楽しむことができるようにしたレンチキュラーレンズ方式などが開発されており、2010年12月に12V型と20V型の液晶テレビが東芝より発売された。東芝は2011年秋にレグザエンジンCEVOベースのプラットフォームを搭載した40型以上の裸眼3D液晶テレビを発売する予定である。なお、ニンテンドー3DSが採用したパララックス(視差)バリア方式の液晶パネルも存在し、70V型といった大型のパネルも登場している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た2009年

    総務省の統計では、2007年に薄型テレビの世帯普及率が19.3%、2008年には34.2%、2009年には50.4%と増加した。2010年には、地上アナログ放送の停波(2011年7月24日)を見越して75.3%にまで増加した。。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たケンウッド

    この結果、テレビ部門赤字解消のめどが立たなくなった日本メーカーがテレビ生産より撤退するケースが出始め、これまでにビクター・パイオニア・三洋が民生用テレビ生産を終了した(このうちビクターはケンウッドと経営統合し共同持株会社「JVC・ケンウッドホールディングス」を設立。三洋は2011年4月1日付でパナソニックの完全子会社となり、「三洋電機株式会社」という社名は存続されるが「SANYO」商標は2012年3月31日限りで消滅し「Panasonic」へ一本化)。また東芝は(テレビ自社生産こそ継続するものの)携帯電話の自社生産より撤退し(携帯電話事業を)富士通に売却する旨を2011年8月2日に公式発表した。日立は1956年より続けてきたテレビ自社生産を2012年9月30日限りで終了。今後の日立ブランドテレビ製造は海外メーカーへ委託する旨が2012年1月23日に報道発表された(岐阜県美濃加茂市にある「Wooo」生産工場はプロジェクター製造へ転換し従業員の雇用も現行通り維持)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たHDMI

    現在のホームシアターシステムは接続が従来機より大幅に簡素化され、HDMIケーブルや光デジタルケーブルを接続するのみで迫力あるサウンドが楽しめる。さらに2010年からは新規格の「オーディオリターンチャンネル(ARC)」が登場、従来の光デジタルケーブル接続が不要となり、HDMIケーブルを1本接続するのみで迫力あるサウンドが楽しめるようになった。この接続方法は、2010年以降製造の機種同士を組み合わせた場合に限られ、2009年以前製造の機種と組み合わせる場合は、従来通り、光デジタルケーブル接続も必要である。薄型テレビでも普及価格帯の中には光デジタル出力端子が非搭載で、HDMI端子もARC非対応の機種があり、この場合はホームシアターとの組み合わせは不可となる。2011年からはテレビ本体のヘッドホン端子にアナログ音声ケーブルを繋ぐだけで迫力あるサウンドが楽しめる、普及型シアターシステムも登場している。ただしこれは、HDMIが非搭載で、テレビ本体の内蔵スピーカーから音は出ない。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード