155件中 51 - 60件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た3次元ディスプレイ

    応答速度が速いといった特長をもつLEDバックライト液晶パネルおよびプラズマパネルを用いた薄型テレビにおいて、3D(立体)表示に対応した3次元ディスプレイを搭載したテレビが2010年に各社から発売された。右目用と左目用の映像を時分割で交互に表示し、液晶シャッターを内蔵した専用メガネで左右の目に振り分けるフレームシーケンシャル方式を採用するものが多く登場した。3D対応テレビは目玉機能として日本の主要メーカー各社が宣伝に力を入れたものの、コンテンツの少なさなどが影響し普及は進んでいない。2012年前後では、3D対応はあくまで付加機能の一つとなっている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た漫画喫茶

    低価格化にしたがって40V型以上の大画面テレビの販売比率が年々上がっているが、依然として最も売れているのは32?42V型の製品である。また薄型テレビの普及率が上がった2007年前後から、「2台目需要」を意識した32V型以下の液晶テレビにも各社が力を入れるようになった。ただ、32V型を除く19V?31V型の近年の傾向としてラインナップがあるだけで特段と言って需要がある訳ではなく19V?24V型は、狭い個室用(子供部屋やアパート等)やBtoB向け(病院や漫画喫茶等)となっている。25V?31V型に至っては2013年以降の4K傾向から2018年現在、25V?31V型を製造してるメーカーがわずかとなっている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た地震

    また全ての据置薄型テレビには、地震などの際に本体が倒れるのを防ぐための転倒防止部品(テレビ本体を台や壁面に固定するバンドおよび取り付けネジ)が付属されている(壁面固定の場合、本体・壁面両取付部品相互間は市販のひもや鎖で接続)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た新エネルギー・産業技術総合開発機構

    2008年7月、独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が中心となって主要な国内メーカーが有機ELの大型パネルの実用化に向けて共同開発を行うことが決まった。それによると2010年代後半に40インチ以上の有機ELディスプレイの量産化を目指しており、家庭用テレビへの使用を見込んだものとみられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たBRAVIA

    BRAVIAワンセグ(ソニー、AM/FMチューナー併載機やBD/DVDプレーヤー併載機も製造)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たヘッドフォン

    しかし年式が進むにつれ本体は次第に薄くなってきたため、今日のモデルは「フルレンジのアンダースピーカー」が主流である。同じアンダースピーカーでも、一部上位機にはウーハー+フルレンジの2ウェイタイプを採用している機種もある。スピーカーは従来通り正面に向けて取り付けられる機種に加え、下側に向けて取り付けられる機種も登場している。本体操作ボタン・B-CASカードスロット・ヘッドホン端子も当初は前面にあった機種がほとんどであったが、現在は天面や側面に移設されている。なお、大型(65v型以上)の一部上位機の中には、スピーカーが外付け(本体とは付属スピーカーケーブルで接続)や、別売りとなっている機種(103v型)もある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たAQUOS

    なお、シャープ「AQUOS」・日立「Wooo」・三菱「REAL」では、ポータブルテレビを製造していない。但し、シャープはテレビチューナーを搭載した携帯電話・スマートフォンについては発売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た液晶ディスプレイ

    テレビ画面に、液晶を用いたディスプレイ(液晶ディスプレイ、略称「LCD」)を使用したテレビである。モノクロ表示時代から続いた液晶表示器の普及と高演色性と充分な動画性能を備えた大画面製品の製造技術の確立によって薄型テレビの主要な地位を得ている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た2009年

    総務省の統計では、2007年に薄型テレビの世帯普及率が19.3%、2008年には34.2%、2009年には50.4% と増加した。2010年には、地上アナログ放送の停波(2011年7月24日)を見越して75.3%にまで増加した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たシャープフレンドショップ

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

155件中 51 - 60件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード