131件中 51 - 60件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た携帯電話

    薄型テレビの普及の課題は上でも述べたブラウン管テレビより高い価格のほか、元々テレビは買い替えサイクルが長い製品のため、古いテレビを使い続ける消費者が多いこと、またテレビチューナー付きパソコンやワンセグ対応携帯電話などの普及により、据え置き型テレビを必要としない人が増えていることが挙げられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たビエラリンク

    薄型テレビ用ホームシアターシステムは、一部を除き(ビエラリンクなどの)HDMI連動機能に対応しているため、テレビに付属のリモコンでホームシアターの集中操作、および音声メニュー切替が可能である。ただし製造年の組み合わせにより、使える機能は異なる。なお、ラックシアター(スピーカー・アンプを内蔵したテレビ台)は奥行きが薄く、かつ防磁設計とはなっていないので、従来型ブラウン管テレビは載せられない。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た電界放出ディスプレイ

    2011年現在は液晶、プラズマ、リアプロジェクションの次の薄型テレビ用技術としてLED、有機ELや無機EL、FEDなどの研究開発が進められている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たDLNA

    薄型テレビにはLAN端子が搭載されており、デジタルチューナーの双方向通信や有料番組購入、DLNAなどによる他の機器と連携やスカパーなどの外部チューナーとの連携に利用されている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たBDレコーダー

    薄型テレビ自体にハードディスクドライブを搭載し、レコーダーを接続しなくてもデジタル放送の録画ができる製品がある。特に東芝や日立が力を入れている。レコーダーよりも手軽にタイムシフト視聴などができ、光学ディスクへのダビングを必要と感じない消費者に好まれている。またシャープは2008年にBDレコーダー内蔵液晶テレビを発売した。また、三菱電機は2009年にHDD・BDレコーダー内蔵液晶テレビを発売した。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たテレビ離れ

    その他の状況については、テレビ離れや2011年問題 (日本のテレビジョン放送)の項目も参照。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たデジタル家電

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た航空機

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たAACS

    登場当初は従来型ブラウン管テレビ同様、ビデオ入力・S入力・D入力・Irシステム端子、モニター出力端子(S映像も含む)で構成されていた機種が多かったが、(高画質・高音質のAV信号無劣化伝送と接続の大幅簡略化を実現した)HDMIの台頭により従来型AV入出力端子は年式が進むにつれ減少。2011年モデルは従来型ビデオ入力端子が大幅に減少し、モニター出力・Irシステム・S入出力端子は全廃(一部上位機はアナログ音声出力端子のみ存続)、(AACS規定により、D端子におけるハイビジョン映像アナログ伝送がD2以下の画質に制限される新ルール施行に伴い)D入力端子を廃止する機種も登場している(2014年以降はD2以下も含むD端子でのハイビジョン映像アナログ伝送が全面禁止)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た残像

    応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感がある。また、動画の解像度が静止画に比べ低くなる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード