155件中 61 - 70件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た日立コンシューマエレクトロニクス

    日本における主なメーカーは、パナソニック・日立製作所(現・日立コンシューマエレクトロニクス)・富士通ゼネラル・ソニー・東芝・パイオニア(現・オンキヨー&パイオニア) などだった。海外ではLG電子なども強い生産力を持っていた。国内シェアではパナソニックが独走しており、海外シェアでも一位だった。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た日立チェーンストール

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た三菱電機ストアー

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たケンウッド

    この結果、テレビ部門赤字解消のめどが立たなくなった日本メーカーがテレビ生産より撤退するケースが出始め、これまでにビクター・パイオニア・三洋が民生用テレビ生産を終了した(このうちビクターはケンウッドと経営統合し共同持株会社「JVC・ケンウッドホールディングス」を設立。三洋は2011年4月1日付でパナソニックの完全子会社となり、「三洋電機株式会社」という社名は存続されるが「SANYO」商標は2012年3月31日限りで消滅し「Panasonic」へ一本化)。また東芝は(テレビ自社生産こそ継続するものの)携帯電話の自社生産より撤退し(携帯電話事業を)富士通に売却する旨を2011年8月2日に公式発表した。日立は1956年より続けてきたテレビ自社生産を2012年9月30日限りで終了。今後の日立ブランドテレビ製造は海外メーカーへ委託する旨が2012年1月23日に報道発表された(岐阜県美濃加茂市にある「Wooo」生産工場はプロジェクター製造へ転換し従業員の雇用も現行通り維持)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たソニーショップ

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たオンキヨー&パイオニア

    日本における主なメーカーは、パナソニック・日立製作所(現・日立コンシューマエレクトロニクス)・富士通ゼネラル・ソニー・東芝・パイオニア(現・オンキヨー&パイオニア) などだった。海外ではLG電子なども強い生産力を持っていた。国内シェアではパナソニックが独走しており、海外シェアでも一位だった。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た八木アンテナ (企業)

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たHDMI

    現在のホームシアターシステムは接続が従来機より大幅に簡素化され、HDMIケーブルや光デジタルケーブルを接続するのみで迫力あるサウンドが楽しめる。さらに2010年からは新規格の「オーディオリターンチャンネル(ARC)」が登場、従来の光デジタルケーブル接続が不要となり、HDMIケーブルを1本接続するのみで迫力あるサウンドが楽しめるようになった。この接続方法は、2010年以降製造の機種同士を組み合わせた場合に限られ、2009年以前製造の機種と組み合わせる場合は、従来通り、光デジタルケーブル接続も必要である。薄型テレビでも普及価格帯の中には光デジタル出力端子が非搭載で、HDMI端子もARC非対応の機種があり、この場合はホームシアターとの組み合わせは不可となる。2011年からはテレビ本体のヘッドホン端子にアナログ音声ケーブルを繋ぐだけで迫力あるサウンドが楽しめる、普及型シアターシステムも登場している。ただしこれは、HDMIが非搭載で、テレビ本体の内蔵スピーカーから音は出ない。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た携帯電話

    薄型テレビの普及の課題は上でも述べたブラウン管テレビより高い価格のほか、元々テレビは買い替えサイクルが長い製品のため、古いテレビを使い続ける消費者が多いこと、またテレビチューナー付きパソコンやワンセグ対応携帯電話などの普及により、据え置き型テレビを必要としない人が増えていることが挙げられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たビエラリンク

    薄型テレビ用ホームシアターシステムは、一部を除き(ビエラリンクなどの)HDMI連動機能に対応しているため、テレビに付属のリモコンでホームシアターの集中操作、および音声メニュー切替が可能である。ただし製造年の組み合わせにより、使える機能は異なる。なお、ラックシアター(スピーカー・アンプを内蔵したテレビ台)は奥行きが薄く、かつ防磁設計とはなっていないので、従来型ブラウン管テレビは載せられない。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード