131件中 81 - 90件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た住宅

    一般家庭でも「壁掛け」は不可能ではないが、重量の点がネックとなって高いコストがかかる場合が多い。32型で20kg前後、50型以上では60kgを超える薄型テレビを壁に掛ける場合、多くの日本の一般住宅で使用されている石膏ボードなどの壁材では強度が足りない。そのため大がかりな取り付け・補強工事が必要になる。また三菱電機のBD内蔵REALなどは3.5インチBDドライブを前面に搭載しているため薄型テレビであっても壁掛けは構造上不可能である。またテレビの位置を自由に移動できなくなるなどの理由もあり、これまでと同じくテレビスタンドに設置する(以前のブラウン管テレビを載せていた台を流用する)場合がほとんどである。なお、登場当初は37v型以上のモデルを中心に据置スタンドおよびテレビ台が別売りの機種が多かったが、現在は全て据置スタンド付属で、本体の向きを左右それぞれ最大15度あるいは20度まで変えられる「スイーベル(首振り)機構」を搭載した機種と、向きを変えられない固定式の二通りがある。スイーベル機構搭載モデルは50v型以下の機種がほとんどで、52v型以上の機種は全て固定式である。さらに23v以下の小型モデルは左右に向きを変えられるのみならず、前後に角度調整が可能な機種もある(左右スイーベル機構非搭載で前後角度調整機構のみ搭載の機種もあり)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たパーソナルコンピュータ

    薄型テレビの普及の課題は上でも述べたブラウン管テレビより高い価格のほか、元々テレビは買い替えサイクルが長い製品のため、古いテレビを使い続ける消費者が多いこと、またテレビチューナー付きパソコンやワンセグ対応携帯電話などの普及により、据え置き型テレビを必要としない人が増えていることが挙げられる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たNTSC

    バックライトにLEDを用いたり、CCFLの工夫により色域を広く取れる(NTSC比を超える色域が表現できるようになった)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たスピーカー

    登場初期はこれまでのブラウン管テレビ同様、画面の両サイドにスピーカーが取り付けられた「サイドスピーカー」と画面の下側に取り付けられた「アンダースピーカー」の二通りあり、スピーカータイプも(ウーハー+フルレンジの)2ウェイとフルレンジの二通りあった。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た液晶

    テレビ画面に、液晶を用いたディスプレイ(液晶ディスプレイ、略称「LCD」)を使用したテレビである。モノクロ表示時代から続いた液晶表示器の普及と高演色性と充分な動画性能を備えた大画面製品の製造技術の確立によって薄型テレビの主要な地位を得ている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た衛星放送

    多くの製品は地上アナログチューナーおよび地上デジタル/BS/110°CSのデジタル3波チューナーを内蔵しているが、2005年頃までは、デジタルチューナーはコストが高いため低価格機では地上アナログチューナーのみの場合があった。またデジタル対応テレビでも、低価格帯ではコストダウンのためBS/110°CSチューナーを省略した製品がある。一方で中級から高級機種及び録画機能搭載機種では、デジタル3波チューナーを2系統以上を搭載したものが珍しくない。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たGガイド

    (Irシステムによる)デジタル放送録画は、番組表(Gガイド)から録画したいデジタル放送の番組を選んで決定すれば、その内容をリモコン赤外線信号に変換して録画機のリモコン受光部(リモートセンサー)へ送信される。録画開始時間が来ると、テレビ受像機側より録画信号がIrシステムケーブルを介して赤外線リモコン信号として送信される。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たIrシステム

    発売当初はIrシステムが主流で、テレビ受像機側のモニター出力端子と録画機側の外部入力端子相互間をAVケーブルで(映像信号は接続する録画機によりコンポジットビデオケーブル・Sビデオケーブルいずれかを)接続していた。同時にデジタルチューナー(内蔵テレビ)に付属のIrシステムケーブルを(デジタルチューナーの)Irシステム端子に繋ぎ、送信部を録画機のリモコン受光(リモートセンサー)部へ付属両面テープで貼り付ける。接続後は録画機のメーカー設定が必要。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たTNパネル

    2011年現在、発売されているサイズは、液晶のTNパネルモデルは16,19,22,24型、液晶のVAパネルモデルは20,22,26,32,37,40,42,46,52,55,60型、液晶のIPSパネルモデルは19,22,26,32,37,42,47,55型、プラズマモデルは42,46,50,54,58,65,103型である。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たパルス変調

    AC駆動型プラズマは赤(R)・緑(G)・青(B)のそれぞれについて点灯と消灯のどちらかしか表現できないため、高速で明滅させるパルス駆動(点灯回数が少ないと暗く見えるといった技法)により擬似的に階調を表現している。このためバックライトと透過フィルター両面で調整ができるLCDに比べると色域が狭くなりがちであったが最新のモデルではx.v.Colorに対応、さらにHDTV規格(ITU-R BT709)比120%の高色域を再現できるモデルも登場してきた。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード