前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1116件中 1 - 10件表示
  • 平田宗次

    平田宗次から見た薩摩国薩摩国

    平田 宗次(ひらた むねつぐ)は薩摩国島津氏の家臣で、戦国時代から江戸時代前期にかけて同名の薩摩平田氏の一族が7名存在した。平田宗次 フレッシュアイペディアより)

  • 日向国

    日向国から見た薩摩国薩摩国

    大宝2年(702年)の薩摩・多褹叛乱を契機に、現在の鹿児島県部分の西部が唱更国(後の薩摩国)として分立。その後、和銅6年(713年)4月3日に肝杯郡、贈於郡、大隅郡、姶羅郡(現代の姶良郡とは別)の4郡が、移管し大隅国として分立した。以後、明治初期まで日向国の領域(臼杵郡、児湯郡、宮崎郡、那珂郡、諸県郡の5郡)に変化はなかった。ただし、米良・椎葉地域が肥後との間で近世初期まで曖昧であった等、領域の変化はあった。日向国 フレッシュアイペディアより)

  • 元寇

    元寇から見た薩摩国薩摩国

    ところが、薩摩や日向、大隅など南九州の御家人たちは博多に向かうに際して、九州一の難所と言われる筑後川の神代浮橋(くましろうきばし)を渡らなければならず、元軍の上陸までに博多に到着することは難しかった。これに対して、筑後の神代良忠(くましろ よしただ)は一計を案じて神代浮橋の通行の便を図り、南九州の諸軍を速やかに博多に動員した。後に神代良忠は、元軍を撃退するのに貢献したとして幕府から感状を与えられている。元寇 フレッシュアイペディアより)

  • 日吉町山田

    日吉町山田から見た薩摩国薩摩国

    日吉町山田(ひよしちょうやまだ Hiyoshi-Chō Yamada)は、鹿児島県日置市の大字。旧薩摩国日置郡日置郷山田村、日置郡日置村大字山田、日置郡日吉町大字山田。人口は193人、世帯数は75世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は899-3102。日吉町山田 フレッシュアイペディアより)

  • 喜入前之浜町

    喜入前之浜町から見た薩摩国薩摩国

    喜入前之浜町(きいれまえのはまちょう Kiire maenohama-Chō)は、鹿児島県鹿児島市の町名。旧薩摩国給黎郡喜入郷下村の一部、薩摩国給黎郡喜入郷前之浜村、揖宿郡喜入村大字前之浜、喜入郡喜入町前之浜。郵便番号は891-0205。人口は1,463人、世帯数は611世帯(2010年2月末現在)。面積は12.36Km2である。喜入前之浜町 フレッシュアイペディアより)

  • 開聞十町

    開聞十町から見た薩摩国薩摩国

    開聞十町(かいもんじゅっちょう Kaimonjutcho)は、鹿児島県指宿市の大字。旧薩摩国頴娃郡頴娃郷拾町村、頴娃郡頴娃村大字十町、揖宿郡頴娃町大字十町、揖宿郡開聞村大字十町、揖宿郡開聞町十町。人口は2,342人、世帯数は963世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は891-0603。開聞十町 フレッシュアイペディアより)

  • 島津荘

    島津荘から見た薩摩国薩摩国

    島津荘(しまづのしょう)は、中世の南九州にあった近衛家領荘園。日向国(現在の宮崎県)中南部および大隅国・薩摩国(現在の鹿児島県)の3ヶ国にまたがる日本最大の荘園で、最盛期には8000町を超える規模があった。島津荘 フレッシュアイペディアより)

  • 大隅国

    大隅国から見た薩摩国薩摩国

    大宝2年(702年)8月1日の薩摩・多褹叛乱を契機に、同年日向国を割いて唱更国・多褹国を設けたのが先行してあり、その流れの中で大隅国は和銅6年(713年)4月3日、同様に日向国の肝杯郡、囎唹郡、大隅郡、姶羅郡の四郡を分けて設けられた。大隅国 フレッシュアイペディアより)

  • 耳川の戦い

    耳川の戦いから見た薩摩国薩摩国

    耳川の戦い(みみかわのたたかい)は、天正6年(1578年)、九州制覇を狙う豊後国の大友宗麟と薩摩国の島津義久が、日向高城川原(宮崎県木城町)を主戦場として激突した合戦。「高城川の戦い」、「高城川原の戦い」ともいう。耳川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 吉野 (鹿児島市)

    吉野 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    吉野(よしの Yoshino)は鹿児島県鹿児島市の町丁。旧薩摩国鹿児島郡鹿児島近在吉野村及び大隅国始羅郡帖佐郷脇元村の飛地(竜ヶ水)、鹿児島郡吉野村大字吉野の一部。吉野 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1116件中 1 - 10件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード