前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
833件中 1 - 10件表示
  • 日向国

    日向国から見た薩摩国薩摩国

    7世紀に設立し、現在の宮崎県と鹿児島県の九州本土部分を管轄した。大宝2年 (702年) に唱更国(後の薩摩国)が分立し、鹿児島県部分の西部(薩摩)が除かれた。和銅6年 (713年) 4月3日に、大隅国を分立し、肝杯郡、贈於郡、大隅郡、姶羅郡(現代の姶良郡とは別)の四郡が移管した。以後、明治初期まで日向国の領域(臼杵郡、児湯郡、宮崎郡、那珂郡、諸県郡の五郡)に変化はなかった。また日向国は五郡八院と呼ばれ、上記の五郡による行政区画と、「真幸院」、「三俣院」、「穆佐院」、「新納院」、「飫肥院」、「土持院」、「櫛間院」、「救仁院」の八院による租税区画に分けられ統治されていた。日向国 フレッシュアイペディアより)

  • 元寇

    元寇から見た薩摩国薩摩国

    ところが、薩摩や日向、大隅など南九州の御家人たちは大宰府に向かうに際して、九州一の難所と言われる筑後川の神代浮橋を渡らなければならず、元軍の上陸までに大宰府に到着することは難しかった。これに対して、筑後の神代良忠は一計を案じて神代浮橋の通行の便を図り、南九州の諸軍を速やかに博多に動員した。後に神代良忠は、元軍を撃退するのに貢献したとして幕府から感状を与えられている。元寇 フレッシュアイペディアより)

  • 島津氏

    島津氏から見た薩摩国薩摩国

    島津氏(しまづし)は、日本の氏族。鎌倉時代から江戸時代まで続いた、薩摩を根拠地とする大名家のほかに、多数の分家がある。通字に「忠」「久」(明治以降現在は嫡男に「忠」、次男に「久」)を用いる。また、公式文章の面では「嶋津氏」の表記を用いられてきた。島津氏 フレッシュアイペディアより)

  • 日吉町山田

    日吉町山田から見た薩摩国薩摩国

    日吉町山田(ひよしちょうやまだ Hiyoshi-Chō Yamada)は、鹿児島県日置市の大字。旧薩摩国日置郡日置郷山田村、日置郡日置村大字山田、日置郡日吉町大字山田。人口は193人、世帯数は75世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は899-3102。日吉町山田 フレッシュアイペディアより)

  • 島津尚久

    島津尚久から見た薩摩国薩摩国

    島津 尚久(しまづ なおひさ)は、戦国時代の薩摩の武将。薩摩島津家の分家である伊作家10代当主。島津尚久 フレッシュアイペディアより)

  • 島津荘

    島津荘から見た薩摩国薩摩国

    日向国中南部と大隅国と薩摩国。現在の宮崎県中南部と鹿児島県。島津荘 フレッシュアイペディアより)

  • 枚聞神社

    枚聞神社から見た薩摩国薩摩国

    枚聞神社(ひらききじんじゃ)は、鹿児島県指宿市にある神社。式内社、薩摩国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。枚聞神社 フレッシュアイペディアより)

  • 九州

    九州から見た薩摩国薩摩国

    一般に「九州」とは、西海道のうち筑前国・筑後国・肥前国・肥後国・豊前国・豊後国・日向国・大隅国・薩摩国の9国の総称とされている。九国(きゅうこく、くこく)とも呼ばれたといわれる。この説だと、九州に対馬国・壱岐国・奄美群島・琉球諸島は含まれない。ただし、奄美は明治になって大隅国に編入されたため、九州に含むとも言える。上記9国とともに対馬、壱岐を含む西海道()は、九国二島、九州二島とも呼ばれた。また、西海道の別名として鎮西とも呼ばれていた。九州 フレッシュアイペディアより)

  • 島津教久

    島津教久から見た薩摩国薩摩国

    島津教久(しまづのりひさ、? - 嘉吉2年1月19日(1442年3月1日))は室町時代の薩摩の武将。島津教久 フレッシュアイペディアより)

  • 島津犬安丸

    島津犬安丸から見た薩摩国薩摩国

    島津犬安丸(しまづ いぬやすまる、嘉吉2年(1442年) - 長禄2年(1458年))は室町時代の薩摩の武将。薩摩島津家の分家、伊作家の7代当主。父は6代当主、島津教久。島津犬安丸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
833件中 1 - 10件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード