1116件中 91 - 100件表示
  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た薩摩国薩摩国

    薩摩の小京都・知覧、鯉の泳ぐみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県

    鹿児島県から見た薩摩国薩摩国

    主に本土と呼ばれる九州島の部分(薩摩・大隅地方)と離島と呼ばれる薩南諸島(種子島・屋久島地方と奄美地方)に分かれる。天気予報の予報区分では鹿児島地方気象台が薩摩・大隅・種子島・屋久島地方、名瀬測候所が奄美地方、に分かれている。鹿児島県 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院

    伊集院から見た薩摩国薩摩国

    伊集院(いじゅういん)は、鎌倉期から戦国期にかけて薩摩国にあった院名。伊集院 フレッシュアイペディアより)

  • 姶良市

    姶良市から見た薩摩国薩摩国

    日本後紀によれば、古代の駅伝制において大隅国蒲生駅と薩摩国田尻駅の間が長すぎるために804年(延暦23年)3月に薩摩国櫟野村に新たな駅を設けたという記述があり、これが「蒲生」という言葉が文献に現れる最初である。この蒲生駅は、現在の蒲生町下久徳付近にあったと比定されている。大隅国の国府があった国分付近と薩摩国の国府があった川内付近を結ぶ経路上の拠点であったと見られている。姶良市 フレッシュアイペディアより)

  • 桃山文化

    桃山文化から見た薩摩国薩摩国

    朝鮮陶工を連れ帰った西国各地では、茶の湯の隆盛もあって窯業がさかんとなった。有田のほか、肥前国(松浦鎮信)の平戸焼、筑前国(黒田長政)の高取焼、豊前国(細川忠興)の上野焼、薩摩国(島津義弘)の薩摩焼、長門国(毛利輝元)の萩焼などはこの時代に創業され、これらは大名の領国で焼かれた陶器という意味で「お国焼」と総称され、各藩の専売品・特産品となった。桃山文化 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋元種

    高橋元種から見た薩摩国薩摩国

    長男の左京(後に一斎)は、初め棚倉藩立花氏、次いで陸奥二本松藩丹羽氏に仕え、子孫も代々丹羽氏に仕える。貞享元年(1684年)5月23日、82歳にて没。墓所は真言宗摩尼寳山遍照寺、法名は「萬休宗誾大居士」。次男の長吉(七郎右衛門種直)は、留守家老花田備後守行栄と土師七左衛門経次と共に薩摩島津氏に身を寄せて家臣となり、後の鹿児島高橋氏の祖となる。娘(おかね)は立花宗茂旗本の本多内蔵介に嫁して2子をなし、離別の後、立花宗茂の養女となって家臣矢島左馬介に嫁いだ。高橋元種 フレッシュアイペディアより)

  • 東市来町美山

    東市来町美山から見た薩摩国薩摩国

    苗代川という地名は江戸期より見え、薩摩国日置郡伊集院郷(外城)のうちであった。「伊集院郷土史」及び「東市来町郷土史」によると古くは市来郷養母村(現在の日置市東市来町養母)に属していたとされる。東市来町美山 フレッシュアイペディアより)

  • 枚聞神社

    枚聞神社から見た薩摩国薩摩国

    枚聞神社(ひらききじんじゃ)は、鹿児島県指宿市開聞十町にある神社。式内社、薩摩国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。枚聞神社 フレッシュアイペディアより)

  • 五代友厚

    五代友厚から見た薩摩国薩摩国

    五代 友厚(ごだい ともあつ)は、江戸時代末期から明治時代中期にかけての日本の武士(薩摩藩士)、実業家。薩摩国鹿児島城下長田町城ヶ谷(現鹿児島市長田町)生まれ。大阪経済界の重鎮の一人。当時、「まさに瓦解に及ばんとする萌し」(五代)のあった大阪経済を立て直すために、商工業の組織化、信用秩序の再構築を図った。五代友厚 フレッシュアイペディアより)

  • 西郷隆盛

    西郷隆盛から見た薩摩国薩摩国

    薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。諱は元服時に隆永(たかなが)のちに武雄・隆盛(たかもり)と変更。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変更。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名で届け出てしまい、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。西郷隆盛 フレッシュアイペディアより)

1116件中 91 - 100件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード