833件中 11 - 20件表示
  • 後醍院宗重

    後醍院宗重から見た薩摩国薩摩国

    天正はじめに相良義陽に仕え、佐敷量石の戦いで島津家の物頭・大磯平内左衛門を討ち取った武功により、相良義陽より弟とともに相良氏の庶流高橋姓を賜姓され、一時高橋氏を称す。『南藤蔓綿録』によると、高橋氏を賜った後、あるとき宗重が他の侍と共に的場で矢を射っていた際、大友氏の使者が的場に乗り打ちした事に怒り、その夜にその使者を殺害したとある。義陽はそれに激怒し、宗重の首を大友に差し出すべく討ち手を放ったが、宗重は既に薩摩国へ逃れていた。宗重は島津家に仕えたが、数年後に暇乞いし備前国の池田家に仕えたと記述されている。後醍院宗重 フレッシュアイペディアより)

  • 越前家 (島津氏)

    越前家 (島津氏)から見た薩摩国薩摩国

    越前家(えちぜんけ、越前島津氏)は薩摩国島津氏の支族。越前家 (島津氏) フレッシュアイペディアより)

  • 千竈氏

    千竈氏から見た薩摩国薩摩国

    千竈氏は鎌倉時代を通じ、尾張国千竈郷(現在の名古屋市南区千竈通)を本拠地とした御家人であると同時に得宗家の被官として海上交通を掌握したと見られている。千竈氏の支配領域は、鎌倉時代後期の千竈時家による処分状によると、尾張国千竈郷のほか、常陸国、駿河国、薩摩国の得宗領の代官職となっており、かなり広範囲に及んでいる。千竈氏 フレッシュアイペディアより)

  • 島津用久

    島津用久から見た薩摩国薩摩国

    島津用久(しまづもちひさ、応永8年(1401年) - 長禄3年(1459年))は、室町時代中期の薩摩の人。好久とも。薩摩守護島津氏の分家、薩州家の初代当主。父は島津宗家8代当主、島津久豊。官は薩摩守。子に島津国久(2代)、島津延久、女(島津宗家10代島津立久の室)。島津用久 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷氏

    渋谷氏から見た薩摩国薩摩国

    薩摩渋谷氏は、鎌倉時代中期以降に薩摩に移住した一族で、薩摩東郷氏、祁答院氏、鶴田氏、入来院氏、高城氏の祖渋谷氏 フレッシュアイペディアより)

  • 村尾重侯

    村尾重侯から見た薩摩国薩摩国

    村尾 重侯(むらお しげあり / しげきみ)は、初め祁答院氏のち島津氏に仕えた戦国武将。薩摩入来院氏の一族。村尾重侯 フレッシュアイペディアより)

  • 禰寝氏

    禰寝氏から見た薩摩国薩摩国

    この頃、島津氏の当主は義久に代わっていたが、悲願の隅日統一のためには肝付氏への対抗上禰寝氏との連合が不可欠であることを痛感し、重長にたびたび使者を派遣し調略、島津氏の勢いを悟った重長は義久の説得攻勢に屈することとなり、以後島津氏配下の武将となった。重長が島津氏側に寝返ったことを知った肝付兼続は、以後禰寝領に激しく攻撃を仕掛けてきたが、重長はそのたびに島津氏からの援軍を得て撃退に成功している。禰寝氏 フレッシュアイペディアより)

  • 岩谷松平

    岩谷松平から見た薩摩国薩摩国

    岩谷 松平(いわや まつへい 1850年6月 - 1920年3月10日)は薩摩国(鹿児島県)出身の実業家、政治家。岩谷商会会長。別名、岩谷天狗。岩谷松平 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋元種

    高橋元種から見た薩摩国薩摩国

    長男の左京(後に一斎)は、初め棚倉藩立花氏、次いで陸奥二本松藩丹羽氏に仕え、子孫も代々丹羽氏に仕える。貞享1年(1684年)年5月23日、82歳にて没。墓所は真言宗摩尼寳山遍照寺、法名は「萬休宗誾大居士」。次男の長吉(七郎右衛門)は、留守家老花田備後守らと共に薩摩島津氏に身を寄せて家臣となり、後の鹿児島高橋氏の祖となる。娘(おかね)は立花宗茂旗本の本多内蔵介に嫁して2子をなし、離別の後、立花宗茂の養女となって家臣矢島左馬介に嫁いだ。高橋元種 フレッシュアイペディアより)

  • 細島港

    細島港から見た薩摩国薩摩国

    1587年(天正15年)に足利義昭の使者がこの港を利用したという記録があり、1600年11月4日(慶長5年9月29日)には関ヶ原の戦いから薩摩国へ撤退する島津義弘が寄港している。細島港 フレッシュアイペディアより)

833件中 11 - 20件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード