833件中 21 - 30件表示
  • 串木野

    串木野から見た薩摩国薩摩国

    串木野 - 鎌倉期頃から薩摩国、廃藩置県後の鹿児島県にある地名。串木野 フレッシュアイペディアより)

  • 川田町 (鹿児島市)

    川田町 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    川田町(かわだちょう Kawada-Chō)は、鹿児島県鹿児島市の町名。旧薩摩国満家院河田村、薩摩国日置郡川田村、日置郡郡山村大字川田、日置郡郡山町川田。郵便番号は891-1103。人口は560人、世帯数は180世帯(2010年2月末現在)。川田町 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院忠国

    伊集院忠国から見た薩摩国薩摩国

    伊集院 忠国(いじゅういん ただくに、生没年不詳)は、鎌倉時代末期から室町時代前期の薩摩の人。薩摩島津氏の一族、伊集院氏5代当主。官は長門守。子に久氏(6代)、女(島津氏久の室)、南仲景周(泰定山広済寺開山者)、石屋真梁(月光山泰雲寺開山者)。伊集院忠国 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島町藺牟田

    鹿島町藺牟田から見た薩摩国薩摩国

    奈良時代頃から薩摩国甑島郡が設置され、甑島は上村と下村に分けて統治されていた。この頃には藺牟田という地名は見えていないが、現在の鹿島町藺牟田の区域には住民は疎らながらも居住していたとされている。鹿島町藺牟田 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町野田

    伊集院町野田から見た薩摩国薩摩国

    野田という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、建久8年の薩摩国図田帳に伊集院のうちとして見えるのが野田の初見であると考えられている。伊集院町野田 フレッシュアイペディアより)

  • 吹上町今田

    吹上町今田から見た薩摩国薩摩国

    今田という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊作庄(荘)のうちの名田名であった。正応5年に伊作庄と日置北郷を巡り、領家と地頭の係争があり、和解の際に作成された伊作荘日置北郷領家雑掌地頭代和与状に「宮内・伊与倉・今田参箇名」とあり、伊作庄のうち今田村など3名田が地頭に渡されたが、名内の寺田及び神田には支配は及ばないこととされた。吹上町今田 フレッシュアイペディアより)

  • 吹上町与倉

    吹上町与倉から見た薩摩国薩摩国

    与倉という地名は鎌倉期に伊与倉名として見えるのが初見と見られ、中世は薩摩国伊作庄に属していた。伊作庄と日置北郷の下司と名主を巡り、領家と地頭が争いが起こったが、正応5年に寺田及び神田を除いた領地が地頭に去り渡された。吹上町与倉 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町恋之原

    伊集院町恋之原から見た薩摩国薩摩国

    恋之原は古くは小井之原名と称しており、小井之原名という地名は戦国期より見え、薩摩国伊集院のうちの名田名であった。永正11年の伊集院諏訪祭礼番帳に記述が見えるのが初見であるとされる。宝徳2年に伊集院をそれまで治めていた伊集院氏の8代当主伊集院煕久が肥後へ亡命し、以後伊集院の区域は島津氏の直轄領となった。伊集院町恋之原 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町上神殿

    伊集院町上神殿から見た薩摩国薩摩国

    上神殿という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、建久8年の薩摩国図田帳に伊集院のうちとして見えるのが上神殿の初見であると考えられている。伊集院町上神殿 フレッシュアイペディアより)

  • 日吉町神之川

    日吉町神之川から見た薩摩国薩摩国

    神之川という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、「伊集院由緒記」諏訪大明神の部に「平神之川」と見えるのが現在の日吉町神之川に前身にあたる神之川の地名の初見であると考えられている。日吉町神之川 フレッシュアイペディアより)

833件中 21 - 30件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード