1116件中 31 - 40件表示
  • 伊集院町中川

    伊集院町中川から見た薩摩国薩摩国

    中川(中河)という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであった。建久8年の薩摩国図田帳には中河という地名は見えないが、建長5年の満家院西俣名主法橋栄尊申状に見えるのが地名の初見であるとされる。この申状が書かれた建長5年ごろまでは中河は土橋(現在の伊集院町土橋)の一部であったとされる。伊集院町中川 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町竹之山

    伊集院町竹之山から見た薩摩国薩摩国

    竹之山(竹山)という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであった。応永21年の「島津国史」に小山田清範らに追われた伊集院氏が「竹山村・石谷村」まで敗走したと文書に見えるのが竹之山の地名の初見であるとされる。建久8年の薩摩国図田帳には竹之山という地名は見えず、室町時代までは土橋(現在の伊集院町土橋)の一部であったとされる。伊集院町竹之山 フレッシュアイペディアより)

  • 岩谷松平

    岩谷松平から見た薩摩国薩摩国

    岩谷 松平(いわや まつへい 1850年6月 - 1920年3月10日)は薩摩国(鹿児島県)出身の実業家、政治家。岩谷商会会長。別名、岩谷天狗。岩谷松平 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 (鹿児島市)

    西田 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    西田町は江戸期より見え、薩摩国鹿児島郡鹿児島城下のうちで、鹿児島城下3町(上町・下町・西田町)のうちの一つであった。鹿児島城下3町の一部として鹿児島城の城下町を形成し、千石馬場通から水上坂を越え出水方面へ向かう薩摩街道は参勤交代の要路として栄えた。西田 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 新納忠秀

    新納忠秀から見た薩摩国薩摩国

    新納 忠秀(にいろ ただひで、? - 寛永17年7月22日(1640年9月7日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての薩摩国島津氏の陪臣で、新納忠元の家臣。通称は四郎左衛門、受領名は宮内少輔、入道名は慶雲。父は新納康久、義父は新納忠貞。兄弟に新納久饒、新納旅庵。妻は合志伊勢守の娘。子に肝付兼康、新納久親。新納忠秀 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田政年

    鎌田政年から見た薩摩国薩摩国

    鎌田 政年(かまた まさとし、永正11年(1514年) - 天正11年7月8日(1583年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。薩摩国島津氏の家臣。別名は政房。通称は刑部左衛門、尾張守。入道名は寛栖。妻は山田有親の娘。子は鎌田政広、鎌田政商。鎌田政年 フレッシュアイペディアより)

  • 仁礼景頼

    仁礼景頼から見た薩摩国薩摩国

    仁礼 景頼(にれ かげより(慶長10年(1605年) - 没年不詳))は、江戸時代初期の薩摩国島津氏家臣で薩摩藩士。元の姓は宮原氏。通称を彦次郎、大炊助、受領名を左近将監。仁礼景頼 フレッシュアイペディアより)

  • 仁礼頼景

    仁礼頼景から見た薩摩国薩摩国

    仁礼 頼景(にれ よりかげ(天正8年(1580年) - 正保3年1月13日(1646年2月28日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての薩摩国島津氏家臣で薩摩藩士。元の姓は別府氏。通称を小吉、舎人、蔵人、受領名を信濃守、別名を 頼尊、頼親とする。父は別府頼延。子は今井兼練(次男)。仁礼頼景 フレッシュアイペディアより)

  • 平之町

    平之町から見た薩摩国薩摩国

    平之町(ひらのちょう Hirano-Chō)は、鹿児島県鹿児島市の町名。旧薩摩国鹿児島郡鹿児島城下平之馬場町、鹿児島市平之馬場町。郵便番号は892-0848。人口は2,234人、世帯数は1,354世帯(2010年2月末現在)。平之町の全域で住居表示を実施している。平之町 フレッシュアイペディアより)

  • 北大隅郡

    北大隅郡から見た薩摩国薩摩国

    明治初年時点では全域が薩摩鹿児島藩領であった。「旧高旧領取調帳」の記載によると、大隅郡のうち後の本郡域には桜島郷18村が存在。北大隅郡 フレッシュアイペディアより)

1116件中 31 - 40件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード