833件中 31 - 40件表示
  • 肥後国人一揆

    肥後国人一揆から見た薩摩国薩摩国

    守護菊池氏の衰退の後、戦国時代に突入した肥後国は国人割拠状態が続いた。天正年間の一時期、肥後国は島津氏の支配下に置かれたが、1587年(天正15年)5月豊臣秀吉の九州征伐が開始されると、島津氏は圧倒的な軍勢の前に屈服、薩摩・大隅に押し戻された。同年6月、52人の肥後国人が秀吉から所領を安堵され、肥後国を拝領した佐々成政の家臣団に組み込まれることになった。一刻も早い肥後の領国化を望んだ成政が、性急に検地を進めたため国人の不満が一挙に爆発することになる。肥後国人一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 惟宗康友

    惟宗康友から見た薩摩国薩摩国

    惟宗 康友(これむね やすとも、別名:藤内康友・鹿児島康友)は、日本の鎌倉時代の御家人。薩摩国鹿児島郡生まれ。惟宗康友 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 (鹿児島市)

    西田 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    西田町は江戸期より見え、薩摩国鹿児島郡鹿児島城下のうちで、鹿児島城下3町(上町・下町・西田町)のうちの一つであった。鹿児島城下3町の一部として鹿児島城の城下町を形成し、千石馬場通から水上坂を越え出水方面へ向かう薩摩街道は参勤交代の要路として栄えた。西田 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 園田実徳

    園田実徳から見た薩摩国薩摩国

    園田 実徳(そのだ さねのり、1849年1月14日(嘉永元年12月20日) - 1917年(大正6年)2月18日)は、日本の実業家、政治家。薩摩国出身、明治維新後開拓使として北海道函館に渡り、同市をはじめとする道南地方の経済発展に貢献した。函館船渠、函館電燈所および北海道銀行創業者。園田実徳 フレッシュアイペディアより)

  • 儀間真常

    儀間真常から見た薩摩国薩摩国

    いわゆる琉球の五偉人の一人で、琉球王朝の産業の基礎を築いた人物である。業績は、1605年に野國總管が中国から持ち帰った蕃薯(今日でいうサツマイモ)を琉球各地に広めたほか、薩摩から木綿種を持ち帰りその栽培と木綿織りを始め、琉球絣の基礎を築いた。そして、砂糖(ただし当時の砂糖は黒砂糖を意味する)の製法を伝播せしめたことなどがある。うち砂糖は、その後の琉球の経済を支える重要産物となった。儀間真常 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町古城

    伊集院町古城から見た薩摩国薩摩国

    古城という地名は室町期より見え、薩摩国伊集院のうちであった。応永11年の伊集院頼久・同為久連署寄進状に記述が見えるのが古城という地名の初見であるとされる。伊集院町古城 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町中川

    伊集院町中川から見た薩摩国薩摩国

    中川(中河)という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであった。建久8年の薩摩国図田帳には中河という地名は見えないが、建長5年の満家院西俣名主法橋栄尊申状に見えるのが地名の初見であるとされる。この申状が書かれた建長5年ごろまでは中河は土橋(現在の伊集院町土橋)の一部であったとされる。伊集院町中川 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町竹之山

    伊集院町竹之山から見た薩摩国薩摩国

    竹之山(竹山)という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであった。応永21年の「島津国史」に小山田清範らに追われた伊集院氏が「竹山村・石谷村」まで敗走したと文書に見えるのが竹之山の地名の初見であるとされる。建久8年の薩摩国図田帳には竹之山という地名は見えず、室町時代までは土橋(現在の伊集院町土橋)の一部であったとされる。伊集院町竹之山 フレッシュアイペディアより)

  • 谷山

    谷山から見た薩摩国薩摩国

    谿山郡 - 薩摩国にあった郡。現在の鹿児島県鹿児島市谷山地域の区域にあたる。1896年に鹿児島郡に統合され廃止された。谷山 フレッシュアイペディアより)

  • 日吉町吉利

    日吉町吉利から見た薩摩国薩摩国

    吉利という地名は鎌倉期より見え、薩摩国日置北郷のうちであり、名田名であった。元享4年に日置北郷は伊作荘(現在の日置市吹上地域)とともに下地中分が行われ、南は地頭分、北は領家分とされた。嘉暦2年の島津道恵譲状により一部が島津久氏に与えられた。日吉町吉利 フレッシュアイペディアより)

833件中 31 - 40件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード