833件中 41 - 50件表示
  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た薩摩国薩摩国

    薩摩の小京都・知覧、鯉の泳ぐみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 吹上町小野

    吹上町小野から見た薩摩国薩摩国

    小野という地名は嘉暦2年(鎌倉時代)の「伊作荘預所見参料請取状」に「伊作・日置・内小野・古垣両名見参料」として見えるのが初見であるとされ、薩摩国伊作荘のうちの名田名であった。吹上町小野 フレッシュアイペディアより)

  • 平之町

    平之町から見た薩摩国薩摩国

    平之町(ひらのちょう Hirano-Chō)は、鹿児島県鹿児島市の町名。旧薩摩国鹿児島郡鹿児島城下平之馬場町、鹿児島市平之馬場町。郵便番号は892-0848。人口は2,234人、世帯数は1,354世帯(2010年2月末現在)。平之町の全域で住居表示を実施している。平之町 フレッシュアイペディアより)

  • 都町 (薩摩川内市)

    都町 (薩摩川内市)から見た薩摩国薩摩国

    都という地名は鎌倉期頃に見え、薩摩国薩摩郡のうちで、薩摩国図田帳には薩摩郡のうちに「都浦十町」という記述があるのが都という地名の初見であると考えられている。また都は宮古とも書かれている。また都の地は薩摩国府が最初に置かれた場所であったという説がある。都町 (薩摩川内市) フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県の歴史

    熊本県の歴史から見た薩摩国薩摩国

    この状況にさらに混沌をもたらす二つの存在が肥後国に向かっていた。一人目は南朝の征西大将軍・懐良親王であった。親王は伊予・薩摩を経て、貞和4年/正平3年(1348年)肥後の宇土に着いた。迎えた惣領を継いだ菊池武光を伴い、阿蘇惟澄の所領を通過して菊池氏の隈府山に入った。熊本県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 土岐頼徳

    土岐頼徳から見た薩摩国薩摩国

    明治維新後、姓を高井家(高井氏は美濃土岐氏の分流)の本姓土岐に変え頼徳と名を改めた。1869年(明治2年)昌平学校(旧昌平校)・開成学校・医学校(旧医学所)が統合された『大学』の准少寮長となり、長谷川泰・石黒忠悳らと学生を監督した。1874年(明治7年)2月陸軍軍医に任ぜられ、9月軍医正となり、1875年(明治8年)陸軍士官学校・戸山幼年学校付けを命ぜられた後、1877年(明治10年)新選旅団(強靭な薩摩士族に対抗するため全国の士族志願者を募集し、「巡査」として臨時採用して編成した旅団)医長として西南戦争に従軍した。その後、1891年(明治24年)4月11日近衛師団軍医部長となり、1894年(明治27年)第二軍軍医部長として日清戦争に従軍し、その功により1895年(明治28年)6月21日軍医総監(少将相当)に任じられ、同年8月勲二等旭日重光章を賜った。土岐頼徳 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町桑畑

    伊集院町桑畑から見た薩摩国薩摩国

    桑畑という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、桑畑は桑波田や桑幡とも書かれた。建久8年の薩摩国図田帳に伊集院のうちとして見えるのが桑畑の初見であると考えられている。伊集院町桑畑 フレッシュアイペディアより)

  • 新田神社 (薩摩川内市)

    新田神社 (薩摩川内市)から見た薩摩国薩摩国

    新田神社(にったじんじゃ/にいたじんじゃ)は、鹿児島県薩摩川内市宮内町にある神社。薩摩国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。新田神社 (薩摩川内市) フレッシュアイペディアより)

  • 吉野町 (鹿児島市)

    吉野町 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    吉野という地名は戦国期より見え、薩摩国のうちであった。吉野という地名は「山本氏日記」の弘治元年8月27日の項目にある記述が初見であると考えられ、その他にも「上井覚兼日記」に記述が多く見える。吉野町 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町麦生田

    伊集院町麦生田から見た薩摩国薩摩国

    麦生田という地名は戦国期より見える地名で、薩摩国伊集院のうちであった。永正11年の伊集院諏訪祭礼番帳に麦生田という記述があるのが地名の初見とされている。伊集院町麦生田 フレッシュアイペディアより)

833件中 41 - 50件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード