833件中 51 - 60件表示
  • 島津貞久

    島津貞久から見た薩摩国薩摩国

    島津 貞久(しまづ さだひさ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。島津氏第5代当主。薩摩・大隅・日向の守護大名。島津忠宗の嫡男。領国の在地化を進め、島津氏の守護大名としての基礎を作った。島津貞久 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町寺脇

    伊集院町寺脇から見た薩摩国薩摩国

    寺脇という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、建久8年の薩摩国図田帳に伊集院のうちの「寺脇八町」という記述が見えるのが寺脇という地名の初見であると考えられている。伊集院町寺脇 フレッシュアイペディアより)

  • 大隅国

    大隅国から見た薩摩国薩摩国

    天長元年(824年)10月1日に、現在の屋久島と種子島にあたる多禰国をあわせた。明治12年(1879年)、奄美群島(大島郡)を編入した。明治30年(1897年)には、現在の三島村、十島村地域が薩摩国川辺郡から大島郡に編入された。(以下は令制国が現在でも法的に廃止されていないと解した場合の記述である)太平洋戦争後、大島郡(三島村地域を除く)はアメリカ統治下に置かれたが、昭和27年(1952年)には十島村(トカラ列島)が、次いで昭和28年(1953年)に残る奄美群島地域が日本に返還されたことにより、大隅国に復帰した。しかし昭和48年(1973年)には、三島村、十島村が鹿児島郡(旧薩摩国)へ移行離脱した。もっとも現在における令制国の扱いは法令上不明確なため、北海道の上川郡のように鹿児島郡が2つの令制国にまたがる郡の扱いであった可能性もある。この場合、大隅国鹿児島郡と薩摩国鹿児島郡が存在していたことになり、現在薩摩国鹿児島郡は消滅して大隅国鹿児島郡ということになる。大隅国 フレッシュアイペディアより)

  • 西郷隆盛

    西郷隆盛から見た薩摩国薩摩国

    薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。西郷隆盛 フレッシュアイペディアより)

  • 鰹節

    鰹節から見た薩摩国薩摩国

    伝統的な枯節は、土佐、薩摩、阿波、紀伊、伊豆など太平洋沿岸のカツオ主産地で多く生産されてきた。鰹節 フレッシュアイペディアより)

  • 戦国時代 (日本)

    戦国時代 (日本)から見た薩摩国薩摩国

    九州の武家は平家方だったため鎌倉幕府を開いた源頼朝の信頼は薄く、頼朝は、九州の抑えとして、関東では無名に近いが近臣として取り立てていた少弐氏、大友氏、島津氏を代官的存在として九州の守護とし、鎌倉時代、筑前・肥前・豊前は少弐(武藤)氏、筑後・肥後・豊後は大友氏、薩摩・大隅・日向が島津氏と九州の統括体制がなされ、その下に地頭として平安時代以来の松浦氏、秋月氏、蒲池氏、菊池氏などの元平家方の武家が盤踞していた。戦国時代当初、少弐、大友、島津の三氏は権益を守るべく、また地頭出自の諸国の国人豪族は自立するべく、戦いが展開していった。戦国時代 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 畠山氏

    畠山氏から見た薩摩国薩摩国

    鎌倉時代に源姓畠山氏から分かれた一族としては、日向に畠山家の庶流の一族がある。また、失脚し没落した畠山国清の子孫の系統も存続したとされる(西谷内畠山家)。薩摩に下向した一族もあり(阿多氏)、島津氏の家臣長寿院盛淳(阿多盛淳)はその子孫である。畠山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 五代友厚

    五代友厚から見た薩摩国薩摩国

    五代 友厚(ごだい ともあつ、天保6年12月26日(1836年2月12日) - 明治18年(1885年)9月25日)は、日本の武士(薩摩藩士)、実業家。薩摩国鹿児島城下長田町城ヶ谷(現鹿児島市長田町)生まれ。幼名は徳助。通称才助。関西経済界の重鎮。「まさに瓦解に及ばんとする萌し」(五代)のあった大阪経済を立て直すために、商工業の組織化、信用秩序の再構築を図る。五代友厚 フレッシュアイペディアより)

  • 姶良市

    姶良市から見た薩摩国薩摩国

    日本後紀によれば、古代の駅伝制において大隅国蒲生駅と薩摩国田尻駅の間が長すぎるために804年(延暦23年)3月に薩摩国櫟野村に新たな駅を設けたという記述があり、これが「蒲生」という言葉が文献に現れる最初である。この蒲生駅は、現在の蒲生町下久徳付近にあったと比定されている。大隅国の国府があった国分付近と薩摩国の国府があった川内付近を結ぶ経路上の拠点であったと見られている。姶良市 フレッシュアイペディアより)

  • 島津貴久

    島津貴久から見た薩摩国薩摩国

    島津 貴久(しまづ たかひさ)は、戦国時代の武将。薩摩の守護大名・戦国大名。島津氏の第15代当主。島津貴久 フレッシュアイペディアより)

833件中 51 - 60件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード