833件中 61 - 70件表示
  • 島津義久

    島津義久から見た薩摩国薩摩国

    島津 義久(しまづ よしひさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。薩摩国の守護大名・戦国大名。島津氏第16代当主。島津義久 フレッシュアイペディアより)

  • 島津忠久

    島津忠久から見た薩摩国薩摩国

    島津荘地頭となった忠久は、文治2年(1186年)に薩摩国山門院(鹿児島県出水市)の木牟礼城に入り、二年後にいったん戻る。しかし建久7年(1196年)に再び山門院に入り、その後まもなくして日向国島津院の祝吉に館(祝吉御所)を造って移り住んだと伝えられている。この他に、現都城市安久町の堀之内御所に居住し、その後祝吉御所に移ったという伝承もある。島津忠久 フレッシュアイペディアより)

  • 九州平定

    九州平定から見た薩摩国薩摩国

    戦国時代後半の九州地方は、盛強な戦国大名三者による三つ巴の抗争が展開されており、これを「大友・龍造寺・島津の三氏鼎立時代」などと呼称することがある。そのなかから、薩摩の島津氏が日向の伊東氏、肥後の相良氏、阿蘇氏、肥前の有馬氏、龍造寺氏などを下し、さらに大友氏の重鎮立花道雪の死により大友氏の支配がゆるんだ筑後の国人衆も傘下に収め、北九州地方への影響力も強めて、九州平定をほぼ目前にしていた。豊後の大友宗麟(義鎮)は、島津氏の圧迫を回避するため、当時近畿、四国、中国を平定し天下統一の道を歩んでいた羽柴秀吉に助けを求めた。九州平定 フレッシュアイペディアより)

  • 島津久光

    島津久光から見た薩摩国薩摩国

    文化14年(1817年)10月24日、薩摩国鹿児島郡(現鹿児島県鹿児島市)の鹿児島城において誕生する。生母は斉興の側室・お由羅の方。幼名は普之進(かねのしん)。文政元年(1818年)3月1日に種子島久道の養子となり、公子(藩主の子)の待遇を受ける。島津久光 フレッシュアイペディアより)

  • 耳川の戦い

    耳川の戦いから見た薩摩国薩摩国

    耳川の戦い(みみかわのたたかい)は、天正6年(1578年)、九州制覇を狙う豊後国の大友宗麟と薩摩国の島津義久が、日向高城川原(宮崎県木城町)を主戦場として激突した合戦。「高城川の戦い」「高城川原の戦い」ともいう。耳川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県

    鹿児島県から見た薩摩国薩摩国

    主に本土と呼ばれる九州島の部分(薩摩・大隅地方)と離島と呼ばれる薩南諸島(種子島・屋久島地方と奄美地方)にわかれる。天気予報の予報区分では鹿児島地方気象台が薩摩・大隅・種子島・屋久島地方、名瀬測候所が奄美地方、にわかれている。鹿児島県 フレッシュアイペディアより)

  • 吹上町田尻

    吹上町田尻から見た薩摩国薩摩国

    田尻という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊作荘(庄)のうちであった。建長7年の関東下知状に島津忠久の自名の村の1つとして「田尻・和田・大野三ケ村」と見えるのが初見である。吹上町田尻 フレッシュアイペディアより)

  • 隼人

    隼人から見た薩摩国薩摩国

    隼人(はやと)とは、古代日本において、薩摩・大隅(現在の鹿児島県)に居住した人々。「はやひと(はやびと)」、「はいと」とも呼ばれ、「隼(はやぶさ)のような人」の形容とも方位の象徴となる四神に関する言葉のなかから、南を示す「鳥隼」の「隼」の字によって名付けられたとも(あくまで隼人は大和側の呼称)。風俗習慣を異にして、しばしば大和の政権に反抗した。やがてヤマト王権の支配下に組み込まれ、律令制に基づく官職のひとつとなった。兵部省の被官、隼人司に属した。百官名のひとつとなり、東百官には、隼人助(はやとのすけ)がある。現在は、日本人男性の人名としても用いられる。隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町大田

    伊集院町大田から見た薩摩国薩摩国

    大田という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、建久8年の薩摩国図田帳に伊集院のうちとして見えるのが大田の初見であると考えられている。伊集院町大田 フレッシュアイペディアより)

  • 北郷久秀

    北郷久秀から見た薩摩国薩摩国

    北郷 久秀(ほんごう ひさひで、生年不詳 - 明徳5年3月7日(1394年4月7日))は、室町時代の日向の武将。薩摩及び大隅守護島津氏の有力支族である北郷氏3代当主。2代当主北郷義久の3男。母は和田正覚の娘。忠通、知久の兄。北郷久秀 フレッシュアイペディアより)

833件中 61 - 70件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード