1116件中 61 - 70件表示
  • 千竈氏

    千竈氏から見た薩摩国薩摩国

    千竈氏は鎌倉時代を通じ、尾張国千竈郷(現在の名古屋市南区千竈通)を本拠地とした御家人であると同時に得宗家の被官として海上交通を掌握したと見られている。千竈氏の支配領域は、鎌倉時代後期の千竈時家による処分状によると、尾張国千竈郷のほか、常陸国、駿河国、薩摩国の得宗領の代官職となっており、かなり広範囲に及んでいる。千竈氏 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷氏

    渋谷氏から見た薩摩国薩摩国

    薩摩渋谷氏は、鎌倉時代中期以降に薩摩に移住した渋谷氏庶家で、薩摩東郷氏、祁答院氏、鶴田氏、入来院氏、高城氏の祖渋谷氏 フレッシュアイペディアより)

  • 肥後国人一揆

    肥後国人一揆から見た薩摩国薩摩国

    守護菊池氏の衰退の後、戦国時代に突入した肥後国は国人割拠状態が続いた。天正年間の一時期、肥後国は島津氏の支配下に置かれたが、天正15年(1587年)5月、豊臣秀吉の九州征伐が開始されると、島津氏は圧倒的な軍勢の前に屈服、薩摩・大隅に押し戻された。同年6月、52人の肥後国人が秀吉から所領を安堵され、肥後国を拝領した佐々成政の家臣団に組み込まれることになった(九州国分)。しかし、一刻も早い肥後の領国化を望んだ成政が性急に検地を進めたため国人の不満が一挙に爆発することになった。肥後国人一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 島津忠久

    島津忠久から見た薩摩国薩摩国

    また、同じ年に信濃国塩田荘地頭職にも任命される。文治5年(1189年)の奥州合戦に頼朝配下の御家人として参陣し、建久元年(1190年)の頼朝の上洛の際にも行列に供奉している。建久8年(1197年)12月、大隅国・薩摩国の守護に任じられ、この後まもなく、日向国守護職を補任される。建久9年(1198年)、左衛門尉に任官される。諸国で守護や郡地頭職に任命されているが、これ以降、忠久は最も広大な島津荘を本貫にしようと、その地名から、島津(嶋津)左衛門尉と称する。島津忠久 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島町藺牟田

    鹿島町藺牟田から見た薩摩国薩摩国

    奈良時代頃から薩摩国甑島郡が設置され、甑島は上村と下村に分けて統治されていた。この頃には藺牟田という地名は見えていないが、現在の鹿島町藺牟田の区域には住民は疎らながらも居住していたとされている。鹿島町藺牟田 フレッシュアイペディアより)

  • 西方 (指宿市)

    西方 (指宿市)から見た薩摩国薩摩国

    西方(にしかた Nishikata)は、鹿児島県指宿市の大字。旧薩摩国揖宿郡指宿郷拾九町村の一部、薩摩国揖宿郡指宿郷西方村、揖宿郡指宿村大字西方、揖宿郡指宿町大字西方。人口は5,619人、世帯数は2,308世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は891-0311。西方 (指宿市) フレッシュアイペディアより)

  • 相良義滋

    相良義滋から見た薩摩国薩摩国

    大永4年(1524年)8月24日、長定が奉行犬童長広と謀って人吉城を襲った。長祗を薩摩国出水に放逐して家督を奪い、さらに翌年(1525年)には水俣城で誘殺しせんと謀って、長祗を自害に追い込んでその首を取った。(犬童の乱)相良義滋 フレッシュアイペディアより)

  • 種子島久時 (16代)

    種子島久時 (16代)から見た薩摩国薩摩国

    第15代当主の座は長兄の時次が継いだが早世したため、一時父・時尭が復帰したあと、薩摩国の島津義久より家督相続を認められて元服し第16代当主となった(義久が烏帽子親となり、“久”の字を拝領している)。種子島久時 (16代) フレッシュアイペディアより)

  • 大浦町

    大浦町から見た薩摩国薩摩国

    大浦町(おおうらちょう Ōura-Chō)は、鹿児島県南さつま市の大字。旧薩摩国河辺郡加世田郷大浦村、川辺郡西加世田村大字大浦、川辺郡笠砂村大字大浦、川辺郡笠沙町大字大浦、川辺郡大浦村(大字なし)、川辺郡大浦町(大字なし)。人口は2,363人、世帯数は1,085世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は4713番地から5277番地までは898-0221、その他は897-1201。大浦町 フレッシュアイペディアより)

  • 細島港

    細島港から見た薩摩国薩摩国

    1587年(天正15年)に足利義昭の使者がこの港を利用したという記録があり、1600年11月4日(慶長5年9月29日)には関ヶ原の戦いから薩摩国へ敗走撤退する島津義弘が寄港している。細島港 フレッシュアイペディアより)

1116件中 61 - 70件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード