1116件中 71 - 80件表示
  • 新田神社 (薩摩川内市)

    新田神社 (薩摩川内市)から見た薩摩国薩摩国

    新田神社(にったじんじゃ/にいたじんじゃ)は、鹿児島県薩摩川内市宮内町にある神社。薩摩国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。新田神社 (薩摩川内市) フレッシュアイペディアより)

  • 小山田町 (鹿児島市)

    小山田町 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    小山田町(こやまだちょう Koyamada-Chō)は、鹿児島県鹿児島市の町名。旧薩摩国日置郡鹿児島近在小山田村、鹿児島郡鹿児島近在小山田村、鹿児島郡伊敷村大字小山田。世帯数は1,297世帯。人口は2,892人(2009年9月末現在)。郵便番号は、5199番地・5200番地・5205番地は899-2531、その他の地域は891-1231。小山田町 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 大島郡 (鹿児島県)

    大島郡 (鹿児島県)から見た薩摩国薩摩国

    明治初年時点では後の本郡域の全域が、琉球国のうちの薩摩鹿児島藩領であった。大島郡 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 菱刈郡

    菱刈郡から見た薩摩国薩摩国

    明治初年時点では全域が薩摩鹿児島藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での村は以下の通り。全域が現・伊佐市。(13村)菱刈郡 フレッシュアイペディアより)

  • 長澤鼎

    長澤鼎から見た薩摩国薩摩国

    長澤 鼎(ながさわ かなえ、本名:磯永彦輔、1852年 - 1934年3月1日)は江戸時代の薩摩藩士。薩摩国出身。13歳の時藩命でイギリスに留学し、後にカリフォルニアに渡り「カリフォルニアのワイン王」「葡萄王」「バロン・ナガサワ」と呼ばれる。長澤鼎 フレッシュアイペディアより)

  • 池田 (指宿市)

    池田 (指宿市)から見た薩摩国薩摩国

    池田(いけだ Ikeda)は、鹿児島県指宿市の大字。旧薩摩国頴娃郡頴娃郷池田村、薩摩国揖宿郡今和泉郷池田村、揖宿郡今和泉村大字池田。人口は1,275人、世帯数は582世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は891-0312。池田 (指宿市) フレッシュアイペディアより)

  • 谷山

    谷山から見た薩摩国薩摩国

    谿山郡 - 薩摩国にあった郡。谷山 フレッシュアイペディアより)

  • 上野景範

    上野景範から見た薩摩国薩摩国

    薩摩国鹿児島出身。英学に明るく、明治維新後にハワイの元年者移民問題などに当たり、駐米・英・墺などの全権公使を歴任。後に元老院議官となった。趣味は油絵。明治6年(1873年)5月、内閣に提議した李氏朝鮮との修好条約締結問題における意見書は、征韓論の端緒となり、明治六年政変を引き起こすこととなる。上野景範 フレッシュアイペディアより)

  • へうげもの

    へうげものから見た薩摩国薩摩国

    織部の切腹から数十年を経て、家康や有楽斎、忠興、遠州たち織部と同じ時代を生きた武人や数寄者も次々と世を去っていく。生き残った宗箇は織部が武人らしい最期を遂げたことが信じられず、同じように織部の生存を疑う又兵衛と共に織部の痕跡を探す旅に出かける。二人は堺、薩摩国、琉球王国を旅するが、織部と思われる老人はすでに南方に旅立ったことを知る。又兵衛は織部の生存を諦めるが、宗箇は老人が住んでいた家屋を訪れる。そこで「へうげもの」の確かな証を見付けた宗箇は、満足してその場を立ち去る。へうげもの フレッシュアイペディアより)

  • 土岐頼徳

    土岐頼徳から見た薩摩国薩摩国

    明治維新後、姓を高井家(高井氏は美濃土岐氏の分流)の本姓土岐に変え頼徳と名を改めた。1869年(明治2年)昌平学校(旧昌平校)・開成学校・医学校(旧医学所)が統合された『大学』の准少寮長となり、長谷川泰・石黒忠悳らと学生を監督した。1874年(明治7年)2月陸軍軍医に任ぜられ、9月軍医正となり、1875年(明治8年)陸軍士官学校・戸山幼年学校付けを命ぜられた後、1877年(明治10年)新選旅団(強靭な薩摩士族に対抗するため全国の士族志願者を募集し、「巡査」として臨時採用して編成した旅団)医長として西南戦争に従軍した。その後、1891年(明治24年)4月11日近衛師団軍医部長となり、1894年(明治27年)第二軍軍医部長として日清戦争に従軍し、その功により1895年(明治28年)4月21日軍医総監(少将相当)に任じられ、同年8月勲二等旭日重光章を賜った。土岐頼徳 フレッシュアイペディアより)

1116件中 71 - 80件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード