1116件中 81 - 90件表示
  • 山川岡児ケ水

    山川岡児ケ水から見た薩摩国薩摩国

    山川岡児ケ水(やまがわおかちょがみず、Yamagawa-Okachogamizu)は、鹿児島県指宿市の大字。旧薩摩国頴娃郡山川郷岡児ケ水村、揖宿郡山川村大字岡児ケ水、揖宿郡山川町大字岡児ケ水。人口は1,202人、世帯数は536世帯(2010年10月1日現在)。郵便番号は891-0513である。山川岡児ケ水 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ海嘉治郎 (初代)

    西ノ海嘉治郎 (初代)から見た薩摩国薩摩国

    西ノ海 嘉治郎(にしのうみ かじろう、1855年2月19日(安政2年1月3日) - 1908年(明治41年)11月30日)は、薩摩国高城郡(現:鹿児島県薩摩川内市)出身の元大相撲力士。第16代横綱。本名は小園 嘉次郎(おぞの かじろう)。西ノ海嘉治郎 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 小山田氏

    小山田氏から見た薩摩国薩摩国

    小山田氏(おやまだし、こやまだし)は、日本の氏族の一つ。小山田氏(おやまだし)は武蔵国、小山田氏(こやまだし)は薩摩国に由来する。他にも陸前、陸中、羽後、越後、筑前、豊前などに「小山田(おやまだ)」の地名が存在した。小山田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 島津貴久

    島津貴久から見た薩摩国薩摩国

    島津 貴久(しまづ たかひさ)は、戦国時代の武将。薩摩の守護大名・戦国大名。島津氏の第15代当主。島津貴久 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島城

    鹿児島城から見た薩摩国薩摩国

    鹿児島城(かごしまじょう)は、薩摩国鹿児島城山麓(現在の鹿児島県鹿児島市城山町)に築かれた江戸時代の日本の城である。別名「鶴丸城(つるまるじょう)」。鹿児島では一般的に古くから別名の鶴丸城で呼ばれている。別名の由来は、屋形の形状が鶴が羽を広げたようであったことによる。鹿児島城 フレッシュアイペディアより)

  • 越前家 (島津氏)

    越前家 (島津氏)から見た薩摩国薩摩国

    越前家(えちぜんけ、越前島津氏)は薩摩国島津氏の支族。越前家 (島津氏) フレッシュアイペディアより)

  • 肥後氏

    肥後氏から見た薩摩国薩摩国

    肥後氏(ひごし)は、薩摩国、大隅国の国人で藤原北家勧修寺流を称し、その嫡流(直系)は種子島氏である。肥後氏 フレッシュアイペディアより)

  • 隼人

    隼人から見た薩摩国薩摩国

    隼人(はやと)とは、古代日本において、薩摩・大隅・日向(現在の鹿児島県・宮崎県)に居住した人々。「はやひと(はやびと)」、「はいと」とも呼ばれ、「ハヤブサのような人」の形容とも方位の象徴となる四神に関する言葉のなかから、南を示す「鳥隼」の「隼」の字によって名付けられたとも(あくまで隼人は大和側の呼称)。風俗習慣を異にして、しばしば大和の政権に反抗した。やがてヤマト王権の支配下に組み込まれ、律令制に基づく官職のひとつとなった。兵部省の被官、隼人司に属した。百官名のひとつとなり、東百官には、隼人助(はやとのすけ)がある。現在は、日本人男性の人名としても用いられる。隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 加治屋町 (鹿児島市)

    加治屋町 (鹿児島市)から見た薩摩国薩摩国

    加治屋町(かじやちょう Kajiya-Chō)は、鹿児島県鹿児島市の町名。旧薩摩国鹿児島郡鹿児島城下加治屋町。郵便番号は892-0846。人口は1,867人、世帯数は1,112世帯(2010年2月末現在)。加治屋町の全域で住居表示を実施している。加治屋町 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院町大田

    伊集院町大田から見た薩摩国薩摩国

    大田という地名は鎌倉期より見え、薩摩国伊集院のうちであり、建久8年の薩摩国図田帳に伊集院のうちとして見えるのが大田の初見であると考えられている。伊集院町大田 フレッシュアイペディアより)

1116件中 81 - 90件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード