833件中 81 - 90件表示
  • 頴娃郡

    頴娃郡から見た薩摩国薩摩国

    頴娃郡(えいのこおり・えいぐん)は薩摩国にかつて存在した郡である頴娃郡 フレッシュアイペディアより)

  • 給黎郡

    給黎郡から見た薩摩国薩摩国

    給黎郡(きいれのこおり・きいれぐん)は薩摩国にかつて存在した郡である給黎郡 フレッシュアイペディアより)

  • 菱刈郡

    菱刈郡から見た薩摩国薩摩国

    明治30年4月1日 - 北伊佐郡と統合されて伊佐郡となり、薩摩国に編入された。菱刈郡 フレッシュアイペディアより)

  • 紫尾温泉

    紫尾温泉から見た薩摩国薩摩国

    紫尾温泉(しびおんせん)は、鹿児島県薩摩郡さつま町(旧国薩摩国)にある温泉。紫尾温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 宇喜多秀高

    宇喜多秀高から見た薩摩国薩摩国

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属して敗戦し、父と共に薩摩の島津義弘を頼って落ち延びたが、慶長8年(1603年)に島津忠恒(義弘の子)によって徳川家康の下へ身柄を引き渡された。宇喜多秀高 フレッシュアイペディアより)

  • 宇喜多秀継

    宇喜多秀継から見た薩摩国薩摩国

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでの宇喜多家の敗戦後、薩摩の島津義弘を頼って落ち延びたが、慶長8年(1603年)に島津忠恒(義弘の子)によって徳川家康の下へ身柄を引き渡された。宇喜多秀継 フレッシュアイペディアより)

  • 湯之元温泉

    湯之元温泉から見た薩摩国薩摩国

    湯之元温泉(ゆのもとおんせん)は、鹿児島県日置市東市来町湯田(旧国薩摩国)にある温泉。中薩地方有数の規模を誇る。なお、東市来町は薩摩焼で有名。湯之元温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 紫尾神社 (さつま町)

    紫尾神社 (さつま町)から見た薩摩国薩摩国

    社伝に、孝元天皇の時代に「紫尾山」と号して創祀され、欽明天皇の時代に空覚上人なる僧が社殿を建立、「紫尾山権現」と称したという。貞観8年(866年)に正六位上から従五位下へ昇叙された薩摩国「紫美神」に充てられるが、これを紫尾山の対麓に鎮座する出水市高尾野町の同名神社に充てる説もある。上記紫尾山は神社の裏山に当たり、当神社を「上宮」と呼ぶのに対し高尾野町の神社を「下宮」と呼んだといい、ともに紫尾山を信仰の対象とする山岳信仰を背景に建立された神社であったと思われ、当神社には中世に西国高野山の異名をとった「紫尾山祁答院神興寺」という供僧の坊が置かれ、修験者が群参したという。紫尾神社 (さつま町) フレッシュアイペディアより)

  • 久米島紬

    久米島紬から見た薩摩国薩摩国

    沖縄県の三山時代つまり14世紀末頃、久米島の「堂の比屋(堂集落の長)」が明に渡り、養蚕の技術などを学んだ事が始まりと伝わる。1511年、久米島が琉球王国の侵攻を受け服属、税金の7割を紬を貢納布として納めるようになった。1609年、今度は琉球王国が薩摩よりの侵攻を受け服属し、久米島にも1611年頃から新たな税金がかせられ、以前よりさらに重くなった。久米島紬 フレッシュアイペディアより)

  • 免田

    免田から見た薩摩国薩摩国

    しかし、全ての雑役免田・半輸地が消えたわけではなく、薩摩・大隅・日向にまたがる摂関家最大の荘園である島津荘の寄郡(よせごおり)と呼ばれる部分は、鎌倉時代になっても国衙と荘園領主に両属していた。寄郡は、官物を国衙と領家で分け、雑役は領家が取る特殊な雑役免で、検田権は領家にあり領家に任じられた弁済使が官物・雑役の収納を行った。このケースでは、国衙と荘園は必ずしも対立的ではなく、両者の共存関係が継続していたことになる。免田 フレッシュアイペディアより)

833件中 81 - 90件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード