67件中 31 - 40件表示
  • 薩摩国

    薩摩国から見た木簡

    平城京木簡、大宰府跡木簡には「薩麻国」と表記されている。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た国衙

    現在の薩摩川内市の大園、石走島の近辺と推定される。初期の調査は、国府の域内にある川内高校の平田信芳教諭と郷土史研究クラブの生徒によってなされ、1964年(昭和39年)にこの高校が関連遺跡を発見した。国衙の遺跡はまだ見つかっていない。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た南さつま市

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧南伊佐郡南部を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た南九州市

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧南伊佐郡南部を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た南伊佐郡

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧南伊佐郡南部を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た国府

    高城郡には薩摩国府が置かれ、その北の出水郡とともに肥後国から計画的に植民が進められ、隼人に対する中央政府の最前線となっていた。養老4年(720年)の大隅国での隼人の反乱に際しては、これら2郡が補給基地となっている。天平8年(735年)の『薩摩国正税帳』では「出水・高城のほかに隼人十一郡」とされ、下記の14郡のうち伊佐郡を除いた13郡があり、前2郡の他は隼人が治めていたことが分かる。その約200年後の10世紀の『和名抄』によると、薩摩国は13郡・35郷から構成されていた。なお、近世初頭に伊佐郡が成立し、薩摩国は14郡となった。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た指宿市

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧南伊佐郡南部を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た伊佐市

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧南伊佐郡南部を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た日本

    薩摩国(さつまのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た守護

    元々の一宮は枚聞神社であった。鎌倉時代ごろから、新田神社が擡頭して枚聞神社と一宮の座を争うようになり、鎌倉時代末から南北朝時代のころに守護の島津氏の力を背景に新田神社が一宮となった。明治時代に定められた社格も新田神社の方が上になっている。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード