97件中 51 - 60件表示
  • 薩摩国

    薩摩国から見たさつま町

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧西太良村を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た鹿児島藩

    「旧高旧領取調帳」の記載によると、明治初年時点では全域が鹿児島藩領であった。(307村・319,146石余)薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た北伊佐郡

    北伊佐郡・大隅国菱刈郡の区域をもって伊佐郡が発足。旧・菱刈郡域が薩摩国の所属となる。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た日置市

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧西太良村を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た多禰国

    大宝2年(702年)8月1日の薩摩・多褹叛乱を契機に、10月3日までに唱更国(はやひとのくに)が置かれたのが、薩摩国の始まりである。唱更の更は、中国の漢代に兵役についている者を更卒と呼んだことに由来し、唱更は辺境の守備にあたることをいう。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た長島町

    現在は桜島を除く鹿児島市、指宿市全域、枕崎市全域、南九州市全域、南さつま市全域、日置市全域、いちき串木野市全域、薩摩川内市全域、さつま町全域、阿久根市全域、出水市全域、長島町全域、旧菱刈町と旧西太良村を除く伊佐市、三島村、十島村が含まれる。人口の過半数が鹿児島市に集中している。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た

    7世紀末の段階で南九州に(全てではなく、飛び石的に)が設置されていた。それは、文武天皇3年(699年)南九州や九州西部の島嶼部の人々が、覓国使(べっこくし)を侮辱するという事件が起こった時、衣評督である衣君県も加わっていた。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た高城郡 (鹿児島県)

    伊佐郡(49村・51,340石余)、薩摩郡(29村・38,647石余)、日置郡(50村・46,562石余)、谿山郡(8村・12,577石余)、揖宿郡(11村・12,893石余)、頴娃郡(8村・10,875石余)、鹿児島郡(25村・27,368石余)、給黎郡(8村・9,634石余)、甑島郡(14村・3,508石余)、阿多郡(20村・18,211石余)、川辺郡(36村・30,444石余)、高城郡(11村・12,657石余)、出水郡(38村・44,424石余)薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た鹿児島県立川内高等学校

    現在の薩摩川内市の大園、石走島の近辺と推定される。初期の調査は、国府の域内にある川内高校の平田信芳教諭と郷土史研究クラブの生徒によってなされ、1964年(昭和39年)にこの高校が関連遺跡を発見した。国衙の遺跡はまだ見つかっていない。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩国

    薩摩国から見た国印

    国名は、大宝4年(704年)に全国の国印を鋳造したときまでに薩麻国に改められた。8世紀半ば以降の不明な時点に薩摩国に改称した。薩摩国 フレッシュアイペディアより)

97件中 51 - 60件表示

「薩摩のできごと」のニューストピックワード