薬害C型肝炎 ニュース&Wiki etc.

薬害肝炎(やくがいかんえん)とは、血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤、非加熱第IX因子製剤、非加熱第VIII因子製剤)の投与によるC型肝炎(非A非B型肝炎)の感染被害のこと。製薬会社「田辺三菱製薬」は、フィブリノゲン製剤の推定投与数は約29万人であり、推定肝炎感染数1万人以上と試算している。 (出典:Wikipedia)

「薬害C型肝炎」最新ニュース

「薬害C型肝炎」Q&A

  • Q&A

    C型肝炎の薬害訴訟で最大3600万円という法律事務所の CMを見ました。 薬害肝炎は…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月15日 07:23

  • Q&A

    辺野古トンデモ判決の裏に裁判所の露骨人事! リベラルな裁判官を異動させ行政べったりの…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2016年9月19日 15:20

  • Q&A

    C型肝炎と舛添要一元厚生大臣についてお聞きしたいのですが C型肝炎感染者の方々は一般…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年6月15日 06:50

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「薬害肝炎」のつながり調べ

  • 薬害

    薬害から見た薬害肝炎

    フィブリノゲン問題→薬害肝炎(1998年-2008年)(薬害 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た薬害肝炎

    麻生首相は国と地域との役割分担や各分野での政策目標などを提示するための有識者会議を設置することを表明。会議の名称は「安心社会実現会議」。人事は首相主導で行われ、増田寛也前総務相、張富士夫トヨタ自動車会長、宮本太郎北大大学院教授(故宮本顕治元共産党議長の長男)や、薬害C型肝炎集団訴訟の山口美智子全国原告団代表など15名。(麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

「薬害肝炎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード