前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 福田衣里子

    福田衣里子から見た薬害肝炎薬害肝炎

    薬害肝炎九州訴訟原告団代表、厚生労働省「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」委員を務めた。福田衣里子 フレッシュアイペディアより)

  • フィブリノゲン問題

    フィブリノゲン問題から見た薬害肝炎薬害肝炎

    フィブリノゲン問題(フィブリノゲンもんだい)とは、C型肝炎ウイルス (HCV) に汚染された血液製剤フィブリノゲンにより引き起こされたとされる薬害肝炎問題のこと。フィブリノゲン問題 フレッシュアイペディアより)

  • 第168回国会

    第168回国会から見た薬害C型肝炎薬害肝炎

    福田が、薬害C型肝炎の被害者に対し議員立法により全員一律救済をする方針を決める。第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害C型肝炎

    薬害C型肝炎から見た薬害肝炎薬害肝炎

    薬害C型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 輸血後肝炎

    輸血後肝炎から見た薬害肝炎薬害肝炎

    また、1964年にエドウィン・O・ライシャワー博士が日本で暴漢に襲われ負傷した際、売血の輸血により肝炎に感染した事件は特に有名である。これは当時「黄色い血」事件として社会に大きな衝撃を与え、日本での輸血用血液の供給が、低品質な売血にたよる体制から全量を献血によりまかなう体制に切り替わるきっかけとなった。しかし、製薬会社による血漿分画製剤向けの有償採漿(=売血)は1990年まで続き、薬害肝炎問題を引き起こす事となった。輸血後肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た薬害肝炎薬害肝炎

    フィブリノゲン問題と呼ばれるC型肝炎ウイルス (HCV) に汚染された血液製剤フィブリノゲンを原因とするB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染する薬害肝炎問題があり、さらに血友病患者が感染した前述の薬害エイズ事件も発生して訴訟が起きた。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 政治決断

    政治決断から見た薬害C型肝炎薬害肝炎

    2007年薬害C型肝炎問題で原告側は裁判の長期化等を避けるために、国に対して政治決断を声高に求めた。福田康夫首相(当時)は、原告側の声や世論の声等を背景に、最終的に被害者を一括救済することを決めた。大阪高等裁判所から提示されていた和解案は病状に応じて補償額を変えているものであったため、患者側の反発を受けていたが、これを政治決断で解消した形となった。福田内閣の支持率低下が背景にあるとも言われている。政治決断 フレッシュアイペディアより)

  • 宮島彰

    宮島彰から見た薬害肝炎薬害肝炎

    1964年に承認された血液製剤のフィブリノゲンの使用により、1980年代に健康被害が多発した薬害肝炎問題に関し、2002年3月-8月に行われた「フィブリノゲン製剤によるC型肝炎ウイルス感染に関する調査」時の厚労省医薬局長で、その調査過程において、2002年7月に製薬企業が医療機関から収集した肝炎患者の症例報告として提出された薬害被害者の疑いがある418例の肝炎患者リスト(2002年8月公表)について、患者本人へ告知をしなかったことにより治療の機会を逸した患者が出た可能性があるという問題の責任を問うかたちで2008年1月に医薬品医療機器総合機構理事長を辞職。事実上の更迭とされている。宮島彰 フレッシュアイペディアより)

  • 片木美穂

    片木美穂から見た薬害肝炎薬害肝炎

    ドラッグ・ラグ解消を訴える一方、薬害肝炎訴訟九州原告団である福田衣里子とセミナーを行ったり、東京HIV訴訟(薬害エイズ事件)原告である川田龍平が主宰する勉強会で講師を行うなど活動の幅を広げている。片木美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 血友病

    血友病から見た薬害肝炎薬害肝炎

    濃縮血液製剤(非加熱製剤)の中にHIVやHCV、HBVが混入していたため、血友病患者がエイズに感染した薬害エイズ事件、C型肝炎、B型肝炎に感染した薬害肝炎事件が発生した。血友病 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード