29件中 11 - 20件表示
  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た薬害肝炎薬害肝炎

    麻生首相は国と地域との役割分担や各分野での政策目標などを提示するための有識者会議を設置することを表明。会議の名称は「安心社会実現会議」。人事は首相主導で行われ、増田寛也前総務相、張富士夫トヨタ自動車会長、宮本太郎北大大学院教授(故宮本顕治元共産党議長の長男)や、薬害C型肝炎集団訴訟の山口美智子全国原告団代表など15名。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 舛添要一

    舛添要一から見た薬害C型肝炎薬害肝炎

    福田内閣発足直後の2007年10月の国会で薬害C型肝炎に関するいわゆる「命のリスト」問題が発覚。舛添は、官僚からの事前のブリーフィングで「厚労省に提出されたリストからは、フィブリノゲン製剤を投与されていた患者の個人情報を特定することはできない」と聞いていたが、その3日後、個人の特定に結び付く資料が厚生労働省の地下倉庫に残っていたことが判明。舛添は、即座に調査プロジェクトチームを発足させ、年内の和解を目指し、被害者全員を救済する方針を表明した。舛添要一 フレッシュアイペディアより)

  • 大村由紀子

    大村由紀子から見た薬害肝炎薬害肝炎

    その後報道部に異動(同じ道をたどった人に下田や後輩の高藤秋子らがいる)。報道・ドキュメンタリーのディレクターなどを務めている。一連の薬害肝炎問題で長期取材を続け、それらをまとめたドキュメンタリーが2008年6月3日、ギャラクシー賞報道活動部門選奨を受賞した。大村由紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 本多平直

    本多平直から見た薬害肝炎薬害肝炎

    「薬害エイズ問題」をはじめ「民主党薬害肝炎ワーキングチーム」では事務局長を務めるなど医療、福祉分野で活躍してきた。平成17年3月に(厚労省の「新型インフルエンザ対策推進本部」は平成17年10月に設立)「新型インフルエンザ対策」についていち早く取り扱う。当時の厚労省のワクチンの備蓄の不備・警察や消防へのワクチン配分などの問題点を指摘した。他にも国会で花粉症問題を取り扱うなど、短い任期の中で医療、福祉問題に多く関わり、現在の後期高齢者医療制度には否定的な立場を取っている。本多平直 フレッシュアイペディアより)

  • 川内康範

    川内康範から見た薬害肝炎薬害肝炎

    2000年代あたりからは、年齢及び体力的な問題もあり公の場への登場は控えていたが、2007年(平成19年)2月、歌手の森進一に対し今後自作曲の歌唱禁止を通告する会見を開き、いわゆる「おふくろさん騒動」が勃発。数十年ぶりに時の人となった。この騒動は新聞の社説にまで取り上げられた。年末には薬害肝炎問題の対応に苦慮する福田康夫総理にアドバイスしたとも言われる。晩年は国民新党顧問に就任した。川内康範 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た薬害肝炎薬害肝炎

    厚生労働省、旧ミドリ十字が輸入販売し、薬害C型肝炎の原因となったフィブリノゲン製剤「フィブリン糊」の納品先を公表。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た薬害C型肝炎薬害肝炎

    血液製剤による薬害C型肝炎の感染被害者に対し給付金を支給する「薬害C型肝炎被害者救済法案」が、参議院本会議で全会一致で可決・成立。15日に基本合意書締結。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 輸血後肝炎

    輸血後肝炎から見た薬害肝炎薬害肝炎

    また、1964年にエドウィン・O・ライシャワー博士が日本で暴漢に襲われ負傷した際、売血の輸血により肝炎に感染した事件は特に有名である。これは当時「黄色い血」事件として社会に大きな衝撃を与え、日本での輸血用血液の供給が、低品質な売血にたよる体制から全量を献血によりまかなう体制に切り替わるきっかけとなった。しかし、製薬会社による血漿分画製剤向けの有償採漿(=売血)は1990年まで続き、薬害肝炎問題を引き起こす事となった。輸血後肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎から見た薬害肝炎薬害肝炎

    ミドリ十字社(現・田辺三菱製薬)が製造販売していたフィブリノゲン製剤の投与によるC型肝炎感染(フィブリノゲン問題)も、社会問題になっている(薬害肝炎)。米国では、食品医薬品局(FDA)が、B型肝炎感染の危険性があること及びフィブリノゲン製剤の臨床効果を評価するのは困難であり有効とされる適応症がほとんどないことを理由に、1977年12月、フィブリノゲンと同成分の製剤の製造承認を取り消していた。ウイルス性肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法

    特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法から見た薬害肝炎薬害肝炎

    特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法(とくていフィブリノゲンせいざいおよびとくていけつえきぎょうこだい9いんしせいざいによる Cがたかんえんかんせんひがいしゃを きゅうさいするためのきゅうふきんのしきゅうにかんするとくべつそちほう)は、2002年から始まった薬害肝炎訴訟を全面解決するために制定された日本の法律で、全18条から構成される。法律名が非常に長いことから、一般に薬害肝炎救済法や薬害肝炎被害者救済法などと略される。特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード