1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た名古屋高等裁判所

    7月31日、名古屋地裁で判決言い渡し。フィブリノゲン製剤に関し、被告である国と「三菱ウェルファーマ」、「ベネシス」について1976年4月以降の責任を認めた。第?因子製剤のクリスマシンに関し、国と「三菱ウェルファーマ」、「ベネシス」について1976年12月以降の責任を認め、PPSB?ニチヤクに関し、国と日本製薬について1976年12月以降の責任を認めた。原告・被告双方が控訴し、名古屋高裁に係属。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た大阪地方裁判所

    なお、薬害肝炎訴訟(後述)において、本製剤での国及び製薬会社の責任については、大阪地裁及び福岡地裁においては原告側の請求は棄却された。東京地裁においては、製薬会社の責任が認められ、名古屋地裁においては、国の責任(および製薬会社の責任)を認める判決が言い渡された。しかしながら、この訴訟において最後の地裁判決となった仙台地裁では製薬会社については、一部責任が認められたものの国については、フィブリノゲンについても本製剤についても責任は無いとの判断が下された。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た被告

    薬害肝炎の被害者が原告となり、国と製薬会社3社(「田辺三菱製薬」(旧「三菱ウェルファーマ」)、「ベネシス」(=以上2社は旧「ミドリ十字」)、「日本製薬」)を被告として、フィブリノゲン製剤と非加熱第?因子製剤の投与によりC型肝炎に感染したと主張し、損害賠償を求めて全国で合わせて5つの裁判所に提訴した。2006年6月に大阪地裁で、8月に福岡地裁で、それぞれフィブリノゲン製剤について、国と製薬会社の責任を一部認める判決が言い渡された。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た血液製剤

    薬害肝炎の原因となった血液製剤は、フィブリノゲン製剤と第?因子(第8)第IX(第9)因子製剤という血液凝固因子製剤。血液凝固因子製剤とは、ヒトの血液から血液凝固因子を抽出精製して製造される血液製剤のことである。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た凝固・線溶系

    薬害肝炎(やくがいかんえん)とは、血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤、非加熱第IX因子製剤、非加熱第VIII因子製剤)の投与によるC型肝炎(非A非B型肝炎)の感染被害のこと。製薬会社「田辺三菱製薬」は、フィブリノゲン製剤の推定投与数は約29万人であり、推定肝炎感染数1万人以上と試算している。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見たイニシャル

    2002年8月に厚生労働省が作成した上記フィブリノゲン製剤によるC型肝炎ウイルス感染に関する調査報告書の調査過程で、厚生労働省が、製薬会社の「三菱ウェルファーマ」(旧ミドリ十字、現田辺三菱製薬)から提出を受けた文書の中に、フィブリノゲンによってC型肝炎に感染した418人分の個人ごとの情報が記載された症例リストや1987年以降の資料が含まれていた。個人ごとの情報には、イニシャル・氏名や住所、投与日、症状、医療機関名などが含まれており、個人を特定できるケースも複数存在した。しかし、厚生労働省と製薬会社は、個人が特定される患者に対しても事実関係を告知することなく、2007年10月に発覚するまで放置していた。このため、「国や製薬会社は20年以上も薬害の事実を隠ぺいしてきた」、「2002年の時点で告知をしておけば、被害者は適切な治療をより早期に受けることもできた」などと厳しい批判の声が上がった。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見たフィブリン

    フィブリノゲン製剤は、血液凝固第I因子であるフィブリノゲンを抽出精製した血液製剤である。日本では、旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)が1964年から製造販売している。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード