54件中 41 - 50件表示
  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見たヒト

    薬害肝炎の原因となった血液製剤は、フィブリノゲン製剤と第VIII因子(第8)第IX(第9)因子製剤という血液凝固因子製剤であると、原告側は主張している(なお、薬害肝炎訴訟(後述)では、裁判所が、一部の原告について血液製剤が原因だと認定している)。血液凝固因子製剤とは、ヒトの血液から血液凝固因子を抽出精製して製造される血液製剤のことである。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た界面活性剤

    非加熱フィブリノゲン製剤「フィブリノゲン?ミドリ」(1964年-1987年)、およびウイルス不活化(ウイルスの感染力を失わせる)対策として乾燥加熱処理がなされた製剤「フィブリノゲンHT?ミドリ」(1987年-1994年)により、薬害肝炎が発生した。これらのフィブリノゲン製剤は、輸入売血または輸入売血と国内売血の混合血から製造されていた。現在販売されているフィブリノゲン製剤は、献血由来、乾燥加熱処理と界面活性剤処理が施されており、薬害肝炎の原因とはなっていない。また、1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、BPL処理が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に不活化されていたとの検証実験が報告されている。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た献血

    非加熱フィブリノゲン製剤「フィブリノゲン?ミドリ」(1964年-1987年)、およびウイルス不活化(ウイルスの感染力を失わせる)対策として乾燥加熱処理がなされた製剤「フィブリノゲンHT?ミドリ」(1987年-1994年)により、薬害肝炎が発生した。これらのフィブリノゲン製剤は、輸入売血または輸入売血と国内売血の混合血から製造されていた。現在販売されているフィブリノゲン製剤は、献血由来、乾燥加熱処理と界面活性剤処理が施されており、薬害肝炎の原因とはなっていない。また、1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、BPL処理が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に不活化されていたとの検証実験が報告されている。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た日本

    フィブリノゲン製剤は、血液凝固第I因子であるフィブリノゲンを抽出精製した血液製剤である。日本では、旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)が1964年から製造販売している。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見たメレナ

    第IX因子製剤は、血液凝固第IX因子を抽出精製した血液製剤である。本来は、血友病B型の治療のために開発された製剤であるが、本来適応症とはされていなかった新生児出血(メレナ等)などにも、小児医療の現場では使われていた。第IX因子だけでなく、第II因子、第VII因子、第X因子も含まれていることから、第IX因子複合体製剤とも呼ばれる。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た三沢市

    3月、旧厚生省が青森県三沢市の産婦人科医院におけるフィブリノゲン製剤(非加熱)による集団感染発生について、調査を開始。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た原告

    C型肝炎の原因となったと原告側が主張する第IX因子製剤は「クリスマシン」と「PPSB?ニチヤク」の二種類ある。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た東京高等裁判所

    3月23日、東京地裁で判決言渡し。フィブリノゲン製剤に関し、被告である国について1987年4月?1988年6月、「三菱ウェルファーマ」、「ベネシス」について1985年8月?1988年6月の責任を認めた。第?因子製剤のクリスマシンに関し、「三菱ウェルファーマ」、「ベネシス」について1984年1月以降の責任を認め、PPSB?ニチヤクに関し、「日本製薬」について1984年1月以降の責任を認めた。原告・被告双方が控訴し、東京高裁に係属。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見たウイルス

    非加熱フィブリノゲン製剤「フィブリノゲン?ミドリ」(1964年-1987年)、およびウイルス不活化(ウイルスの感染力を失わせる)対策として乾燥加熱処理がなされた製剤「フィブリノゲンHT?ミドリ」(1987年-1994年)により、薬害肝炎が発生した。これらのフィブリノゲン製剤は、輸入売血または輸入売血と国内売血の混合血から製造されていた。現在販売されているフィブリノゲン製剤は、献血由来、乾燥加熱処理と界面活性剤処理が施されており、薬害肝炎の原因とはなっていない。また、1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、BPL処理が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に不活化されていたとの検証実験が報告されている。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た血友病

    第IX因子製剤は、血液凝固第IX因子を抽出精製した血液製剤である。本来は、血友病B型の治療のために開発された製剤であるが、本来適応症とはされていなかった新生児出血(メレナ等)などにも、小児医療の現場では使われていた。第IX因子だけでなく、第II因子、第VII因子、第X因子も含まれていることから、第IX因子複合体製剤とも呼ばれる。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画