1 2 3 4 5 6 次へ
54件中 51 - 54件表示
  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た大阪地方裁判所

    なお、薬害肝炎訴訟(後述)において、本製剤での国及び製薬会社の責任については、大阪地裁及び福岡地裁においては原告側の請求は棄却された。東京地裁においては、製薬会社の責任が認められ、名古屋地裁においては、国の責任(および製薬会社の責任)を認める判決が言い渡された。しかしながら、この訴訟において最後の地裁判決となった仙台地裁では製薬会社については、一部責任が認められたものの国については、フィブリノゲンについても本製剤についても責任は無いとの判断が下された。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見たフィブリン

    フィブリノゲン製剤は、血液凝固第I因子であるフィブリノゲンを抽出精製した血液製剤である。日本では、旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)が1964年から製造販売している。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た青森県

    3月、旧厚生省が青森県三沢市の産婦人科医院におけるフィブリノゲン製剤(非加熱)による集団感染発生について、調査を開始。薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害肝炎

    薬害肝炎から見た肝炎対策基本法

    11月、肝炎対策基本法が国会で可決、成立薬害肝炎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
54件中 51 - 54件表示

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画