282件中 21 - 30件表示
  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    主演女優賞 薬師丸ひろ子『Wの悲劇]』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 資生堂

    資生堂から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    ※CMキャラクターは薬師丸ひろ子で、自身の曲も使用された。資生堂 フレッシュアイペディアより)

  • 土曜ドラマ (日本テレビ)

    土曜ドラマ (日本テレビ)から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    10月-12月:『Q10』 出演:佐藤健、前田敦子、柄本時生、高畑充希、細田よしひこ、田中裕二、小野武彦、薬師丸ひろ子ほか土曜ドラマ (日本テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • 江崎グリコ

    江崎グリコから見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子 グリコサワーコーン江崎グリコ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の音楽

    1985年の音楽から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    25位 薬師丸ひろ子:『あなたを・もっと・知りたくて』(74,629点)1985年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 相米慎二

    相米慎二から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    1972年、大学を中退した後、長谷川和彦の口利きで、契約助監督として日活撮影所に入所。長谷川や曽根中生、寺山修司の元で主にロマンポルノの助監督を務めた後(ただし大学中退の経歴であったため正社員ではなく、にっかつ時代は監督に昇格出来なかった)、『翔んだカップル』(1980年)で監督デビュー。本来は人気マンガを原作とし薬師丸ひろ子を主役にいただくアイドル映画だったが、長大な長回しと若者の自由かつ奔放な演技で注目される。続けて同じく薬師丸ひろ子を主役とした秀作『セーラー服と機関銃』(1981年)を発表。大ヒットとなり、彼女がマシンガンを撃った後に吐くセリフ「カ・イ・カ・ン」は流行語となるほどだった。その一方で執拗な長回しや、俳優への厳しい指導によって生まれる独特の演技などの特徴的な作風は、「相米節」として定着。相米慎二 フレッシュアイペディアより)

  • セーラー服と機関銃

    セーラー服と機関銃から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子主演で映画化され、1981年(昭和56年)暮れに公開されるや下記の興行収入を上げた。荒唐無稽な原作を監督の相米慎二が荒削りながら生々しいタッチで演出し、少女が大人へと変わっていく様を描いた異色の青春映画に仕立て上げている。薬師丸は同名の主題歌も歌った。セーラー服と機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • メイン・テーマ

    メイン・テーマから見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    『メイン・テーマ』は、1984年に角川書店が制作した日本の青春映画である。カラー・101分。森田芳光監督。主演は薬師丸ひろ子、野村宏伸。メイン・テーマ フレッシュアイペディアより)

  • 夏樹静子

    夏樹静子から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    エラリー・クイーンに私淑しており、親交があった。1982年にはクイーンへのオマージュ作ともいえる作品『Wの悲劇』を刊行。クイーンの作品『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』をもじったタイトルで、事前にクイーンに許可を求めた上で書いたものである。『Wの悲劇』は、薬師丸ひろ子主演で映画化され話題を呼んだ(ただし、映画は夏樹静子の『Wの悲劇』を舞台で演じている女優がスキャンダルでのし上がっていくというオリジナル・ストーリーであった)。夏樹も約300本ある自身の作品の中で、指折りのミステリーと自負している。夏樹静子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬子丸ひろ子

    薬子丸ひろ子から見た薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子

    薬子丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

282件中 21 - 30件表示

「薬師丸ひろ子」のニューストピックワード