325件中 101 - 110件表示
  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た報知映画賞

    第30回(2005年度)報知映画賞助演女優賞『ALWAYS 三丁目の夕日』薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たあなたへ

    2011年11月、高倉健の遺作となった『あなたへ』(2012年)の撮影現場を訪ねている。薬師丸は、この訪問で俳優高倉健の姿を目に焼き付けられたことが、今後の人生の糧になると発言している。1979年6月9日にも薬師丸は高倉主演『動乱』(1980年)の撮影現場を訪問し対談をしている。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た連続テレビ小説

    初の朝ドラ『あまちゃん』(2013年4月 - 9月)の出演依頼は断るつもりだったが、プロデューサーから渡された台本を読み出演を決める。しかし、懸念が1つあり、それは薬師丸が演じる鈴鹿ひろ美の大女優という役柄だった。また、鈴鹿には"音痴"という設定もあったが、それは、視聴者の世代によって受け止め方が違った。30代から下の世代には本当に下手だと思っていた人もいた。しかし、ドラマの最終週で本来の歌唱力を披露すると大反響となった。薬師丸は役作りのために「トンネルの現場」(トンネルから先の線路や建物が津波で流された東日本大震災の被災現場)を訪れ、その経験から「潮騒のメモリー」を犠牲者追悼の賛美歌のようにしたいと考え、メロディーとテンポを変えて歌うことを提案していた。薬師丸が演じた鈴鹿ひろ美役は抜群の存在感だったと評価された。(35周年記念)コンサートもアルバムも『あまちゃん』より前に決まっていたけれど、「潮騒のメモリー」を歌わせてもらったことは、私にとって大きかったと振り返っている。薬師丸は歌う機会が増え、若い世代には歌手として認知され、上の世代には薬師丸の歌を久しぶりに聴いたという人もいた。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たNHK連続テレビ小説

    2010年代には、木皿泉脚本のドラマや舞台、NHK連続テレビ小説への初出演(『あまちゃん』)などの女優活動の一方で、シングル曲や音楽アルバムの発表、35周年記念コンサートなど歌手活動にも取り組む。2013年の多方面での活躍と長年の放送文化に対する功績が評価され、放送ウーマン賞2013を受賞する。2014年には『第65回紅白歌合戦』に歌手として初出場した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た中傷

    高校の恩師は、学校を休むな、〔薬師丸は芸能人なので〕休むのが当然と思われたら本当の学生生活を送っているとは言えないというのが持論だった。その先生のおかげで、普通の高校生活が送れ、良い友達にも恵まれた。校門の前にファンの男の子数十人が並んで待っていたり、学校の壁一面が落書きで埋まっていたりすることもあった。登校時の薬師丸が通用門に中傷の落書きを見付けた時は、学校の誰かが下校時までには消してくれていた。映画監督の樋口尚文は、同級生にガードされ青物横丁駅から高校へ登校する薬師丸を目撃したことがあるが、さながら『ねらわれた学園』(1981年)の1シーンで、当時の日本中の男の子の「守ってあげたい」対象だったのだろうと述べている。薬師丸にとって「普通の高校生」であることが仕事にプラスの効果をもたらした。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たうぬぼれ刑事

    2002年、宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ』に浅田美礼(美礼先生)役として出演する。俳優の宮藤とNHKドラマ『コウノトリなぜ紅い』(2001年)で共演していなかったら、"学校にタヌキの置物の爆弾を仕掛けるような奇抜な役"は引き受けなかった可能性もあったが、共演して知った朴訥とした人柄の彼の書く脚本ならと8割ぐらい安心して出演を決断した。現場では周りを見る余裕もあり、演じることの楽しさを教えられた作品だったと振り返っている。このドラマの後、宮藤作品へは、2本の映画版『木更津キャッツアイ』、ドラマ『タイガー&ドラゴン』・『うぬぼれ刑事』・『あまちゃん』、舞台『七人の恋人』(ナレーションのみ)に参加している。宮藤が作る薬師丸の役には、いつも心躍らされるともインタビューに答えている。〔母親役の出演オファーが多い中、〕宮藤ワールドでは、結婚していない・子供もいない・殺人者でもない役が割り振られることに大変感謝している。言わせられる際どいセリフも宮藤の品性が目も当てられない下品にはならないようにしていると信じ、宮藤には一生ついていこうと全幅の信頼を寄せている。言いにくいセリフも全部言わないと宮藤官九郎の脚本にならないと考え、セリフを自分流にアレンジすることはない。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た大阪国際空港

    『セーラー服と機関銃』の公開2日目(1981年12月20日)、大阪・梅田東映ほかでの舞台挨拶を予定していたが、徹夜組を含めた約8,000人 のファンが上映3館に殺到したため、放水車 を伴う機動隊まで出動し、舞台挨拶も上映も中止となった。その騒動は翌日のスポーツ新聞のみならず、一般新聞の社会面トップ記事にもなった。舞台挨拶を見られなかったファンは薬師丸を追って大阪空港へ殺到し、空港もパニックになる。空港を回避し新大阪駅に向かったが、そこにもファンがいて、結局、名古屋までタクシーで移動し東京に戻った。その後、薬師丸が大阪を訪問するには、何年かの間、警察の許可が必要だった。同月25日、「翌年(1982年)は大学受験のために仕事を控える」と休業宣言をする。休業期間は1年半だった。映画評論家の増當竜也によれば、『セーラー服と機関銃』は薬師丸を一躍日本映画界を代表する青春スターにしただけでなく、大作路線からプログラムピクチャー路線に舵を切った角川映画の救世主となった。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た津波

    初の朝ドラ『あまちゃん』(2013年4月 - 9月)の出演依頼は断るつもりだったが、プロデューサーから渡された台本を読み出演を決める。しかし、懸念が1つあり、それは薬師丸が演じる鈴鹿ひろ美の大女優という役柄だった。また、鈴鹿には"音痴"という設定もあったが、それは、視聴者の世代によって受け止め方が違った。30代から下の世代には本当に下手だと思っていた人もいた。しかし、ドラマの最終週で本来の歌唱力を披露すると大反響となった。薬師丸は役作りのために「トンネルの現場」(トンネルから先の線路や建物が津波で流された東日本大震災の被災現場)を訪れ、その経験から「潮騒のメモリー」を犠牲者追悼の賛美歌のようにしたいと考え、メロディーとテンポを変えて歌うことを提案していた。薬師丸が演じた鈴鹿ひろ美役は抜群の存在感だったと評価された。(35周年記念)コンサートもアルバムも『あまちゃん』より前に決まっていたけれど、「潮騒のメモリー」を歌わせてもらったことは、私にとって大きかったと振り返っている。薬師丸は歌う機会が増え、若い世代には歌手として認知され、上の世代には薬師丸の歌を久しぶりに聴いたという人もいた。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た興行成績

    休業中の1982年11月、次作『探偵物語』(根岸吉太郎監督)が薬師丸の受験の合否に関係なく撮影されることが発表される。原作は前作と同じ赤川次郎で、書き下ろす前から薬師丸主演で映画化されることが決まっていた。1983年7月に公開された『探偵物語』(共演:松田優作、併映は原田知世主演『時をかける少女』)は薬師丸が出演した角川映画の中で最高の興行成績、配給収入28億円、興行収入51億円を記録する。その後、同年12月公開『里見八犬伝』(深作欣二監督)、1984年7月公開『メイン・テーマ』(森田芳光監督)に主演する。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たサグラダ・ファミリア

    2016年3月、ドキュメンタリー『ガウディの迷宮〜サグラダ・ファミリア100年の夢〜』の中で「生誕のファサード」を完成させた彫刻家の外尾悦郎と供にガウディゆかりの地を訪ねた。同年7月、スウェーデンを舞台にしたドラマ『百合子さんの絵本 〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜』では小野寺百合子を演じた。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

325件中 101 - 110件表示

「薬師丸ひろ子」のニューストピックワード