325件中 21 - 30件表示
  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た桜田淳子

    『セーラー服と機関銃』は映画・主題歌いずれも1980年代を代表する大ヒットとなったが、当時は薬師丸が大学受験のため休業中だったので1982年の『第33回NHK紅白歌合戦』を辞退、「セーラー服と機関銃」は薬師丸の代わりに桜田淳子によって披露された。薬師丸は2005年の『第56回紅白』にゲスト審査員、2007年の『第58回紅白』に応援ゲストと2回出演した後、特別出演した2013年の『第64回紅白』で『あまちゃん』の鈴鹿ひろ美に扮し「潮騒のメモリー」を歌唱した。翌2014年の『第65回紅白』では正式出場枠に初選出され、編曲者の松任谷正隆によるピアノ伴奏で「Woman "Wの悲劇"より」を披露した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たあめくみちこ

    薬師丸の形態模写を持ちネタとした芸能人としては『オレたちひょうきん族』でのあめくみちこがいる。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た倍賞美津子

    2000年、『キネマ旬報』誌上の「映画を愛する74人の著名人が選んだ20世紀の映画スター 女優編」で日本女優第14位。同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター女優」では日本女優第10位。さらに、「映画館をいっぱいにしたマネーメイキング・スターは誰だ!」日本篇では、渥美清・西田敏行に次いで第3位。2014年に刊行された『オールタイム・ベスト映画遺産 日本映画男優・女優100』では京マチ子・杉村春子・倍賞美津子らと並び日本映画女優の第11位にランクインした。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た小泉今日子

    薬師丸がナレーションを担当した『赤めだか』(2015年)は 第42回放送文化基金賞テレビドラマ部門最優秀賞、小泉今日子と共に主演の『富士ファミリー』(2016年)は第32回ATP賞テレビグランプリのドラマ部門最優秀賞をそれぞれ受賞した。薬師丸は続編の『富士ファミリー2017』(2017年)でも小国鷹子を演じている。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た西田敏行

    2000年、『キネマ旬報』誌上の「映画を愛する74人の著名人が選んだ20世紀の映画スター 女優編」で日本女優第14位。同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター女優」では日本女優第10位。さらに、「映画館をいっぱいにしたマネーメイキング・スターは誰だ!」日本篇では、渥美清・西田敏行に次いで第3位。2014年に刊行された『オールタイム・ベスト映画遺産 日本映画男優・女優100』では京マチ子・杉村春子・倍賞美津子らと並び日本映画女優の第11位にランクインした。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た鶴見辰吾

    映画の『翔んだカップル』や『レイクサイド マーダーケース』で共演した鶴見辰吾は幼稚園・小学校の同級生。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た豊川悦司

    2010年出演映画『今度は愛妻家』の公開記念イベントの一環として、1990年以来20年ぶりとなるコンサートを東京(1月7日)と大阪(1月12日)で開催。またコンサートの中で、同映画の監督行定勲と夫役の豊川悦司を交えてのトークショーも行なわれた。薬師丸はコンサートに人が集まるか不安だったが、合計2000席のチケットは発売開始3分で完売した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た桃井かおり

    2005年のインタビューで薬師丸は、独立後の2本の正月映画『野蛮人のように』(1985年)、『紳士同盟』(1986年)は模索していた時期の映画と回顧している。1988年は山田洋次監督の『ダウンタウン・ヒーローズ』、1989年に桃井かおりと再共演となった『レディ! レディ READY! LADY』に出演する。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た相米慎二

    中学1年生のとき、角川映画第3弾『野性の証明』の長井頼子役にオーディションで選ばれ、高倉健との共演で1978年に映画デビュー。1980年に相米慎二の監督作品『翔んだカップル』に初主演する。翌1981年に再び相米監督作品に主演した『セーラー服と機関銃』がヒットする。薬師丸のデビュー曲でもある主題歌「セーラー服と機関銃」もヒットした。その後、主演映画『探偵物語』・『里見八犬伝』・『メイン・テーマ』・『Wの悲劇』と薬師丸が歌う主題歌「探偵物語」・「メイン・テーマ」・「Woman "Wの悲劇"より」のヒットが連続する。1984年に公開された澤井信一郎の監督作品『Wの悲劇』では演技も評価され、第27回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た富澤一誠

    歌唱力に関しては、アイドル風でなく、合唱団風とされることもあったが、「角川映画の主題歌の歌っていた当時から歌唱力は抜群。歌い方は正統派。基本に忠実な歌い方で、声も透き通る伸びやかな高音が魅力。これまでの人生経験で培われた彼女の人間としての魅力や女優としての経験が加わって歌の表現がより豊かになっている」と音楽評論家の富澤一誠は評価している。歌手としても希有な才能の持ち主で、清楚で礼儀正しい歌唱が個性的だったと久保田泰平は解説している。内田正樹は、アイドル時代から定評のある歌唱力、譜面に忠実で歌詞が明瞭に聴き取れる生真面目なファルセットは独特な包容力を持ち、女優特有の細やかなニュアンスの表現力を有していると評価する。薬師丸の魅力は透明な声とファルセットが中音域から高音まで無理なく伸びることで実現する広い音域だと朝日新聞文化担当の篠崎弘は説明している。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

325件中 21 - 30件表示

「薬師丸ひろ子」のニューストピックワード