325件中 51 - 60件表示
  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た東宝

    同年、キティ・フィルム代表多賀英典が薬師丸本人に直接映画『翔んだカップル』(相米慎二監督)への出演交渉を行った。当初、薬師丸は出演を固辞していたが高倉健のアドバイスもあり、最終的には出演を了承した。学校を休む必要のある仕事や歌手デビューを拒否していた薬師丸が、『翔んだカップル』には出演する意欲を見せたので、事務所は東宝に薬師丸を貸し出すことになった。当時、事務所も薬師丸の今後の展望を持っていなかったので、気楽に貸し出したと薬師丸は話している。この映画で第2回ヨコハマ映画祭主演女優賞と第4回日本アカデミー賞話題賞俳優部門を受賞した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た小田急線

    大学4年の頃、薬師丸だと気付いてない男子大学生に「可愛い」と言われたと、自分の友達に触れまわったことがあった。そんな普通の女子大生の生活を過ごした。昼食に大学の友達と学食で220円のラーメンを食べていることが写真週刊誌の記事になることもあった。『メイン・テーマ』(1984年)の原作者片岡義男は角川映画40周年を特集した『キネマ旬報』に、友達連れの21、22歳の頃の薬師丸から小田急線の玉川学園前駅の階段で声を掛けられたことを色あせない記憶として寄稿している。自宅から大学まで遠かったこと、玉川大学が出欠に厳しかったこと、高校と比較して範囲の広い定期試験など、大学生活はハードだったと薬師丸は振り返っている。仕事をしていなかったら、4年制大学には行かなかっただろうとも語っている。1年生の時に病気で休学したため、5年間の大学生活を過ごし、1988年3月に玉川大学を卒業する。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た東映

    1982年4月18日、第2の薬師丸ひろ子を発掘するために『角川・東映大型女優一般募集』オーディションが開催される。グランプリは渡辺典子、特別賞に原田知世。この後、原田知世・渡辺典子と共に「角川三人娘」と呼ばれる。同月21日、薬師丸のナレーションと『野性の証明』・『ねらわれた学園』の出演シーンの音声などで構成された異色のアルバム『ひろ子 青春のメモワール』が発売される。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た日本電信電話

    「あなたを・もっと・知りたくて」は民営化直後のNTTのCMソングで、薬師丸自身がCMに出演すると同時にCMソングも歌っている。「ささやきのステップ」(1986年)・「瞳で話して」(1986年)・「風に乗って」(1991年)もNTTのCMソング。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たぴあ

    松本隆対談集『KAZEMACHI CAFE』 (2005年、ぴあ)2001年9月12日の対談収録薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見たNTT

    1985年に角川春樹事務所から独立する。その後も映画女優として『野蛮人のように』・『紳士同盟』・『ダウンタウン・ヒーローズ』・『病院へ行こう』・『タスマニア物語』などに出演する。歌手としては、民営化直後のNTTのCM曲「あなたを・もっと・知りたくて」や映画主題歌「紳士同盟」などのシングル曲だけでなく、オリジナル・アルバムを製作し、コンサートを開くなど本格的な歌手活動をする。しかし、1991年に安全地帯のリーダーの歌手玉置浩二と結婚し、歌手活動や映画の世界から遠ざかる。その後、1998年に玉置と離婚を発表。1997年に18年ぶりのドラマ『ミセスシンデレラ』に主演してからは、テレビドラマの世界にも活躍の場を広げる。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た樋口尚文

    同年のNHKドラマ『熱の島で〜ヒートアイランド東京〜』は多数の賞に輝いた作品だが、薬師丸も演技が評価され、第24回放送文化基金賞女優演技賞を受賞した。ドラマ評論家でもある樋口尚文監督は、薬師丸出演のテレビドラマでは井上由美子脚本の『熱の島で〜ヒートアイランド東京〜』や山田太一脚本の『香港明星迷』(ホンコンみょうじょうめい)のような作家性の強い作品に見るべきものが多いとしている。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た澤井信一郎

    中学1年生のとき、角川映画第3弾『野性の証明』の長井頼子役にオーディションで選ばれ、高倉健との共演で1978年に映画デビュー。1980年に相米慎二の監督作品『翔んだカップル』に初主演する。翌1981年に再び相米監督作品に主演した『セーラー服と機関銃』がヒットする。薬師丸のデビュー曲でもある主題歌「セーラー服と機関銃」もヒットした。その後、主演映画『探偵物語』・『里見八犬伝』・『メイン・テーマ』・『Wの悲劇』と薬師丸が歌う主題歌「探偵物語」・「メイン・テーマ」・「Woman "Wの悲劇"より」のヒットが連続する。1984年に公開された澤井信一郎の監督作品『Wの悲劇』では演技も評価され、第27回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た木皿泉

    2010年代には、木皿泉脚本のドラマや舞台、NHK連続テレビ小説への初出演(『あまちゃん』)などの女優活動の一方で、シングル曲や音楽アルバムの発表、35周年記念コンサートなど歌手活動にも取り組む。2013年の多方面での活躍と長年の放送文化に対する功績が評価され、放送ウーマン賞2013を受賞する。2014年には『第65回紅白歌合戦』に歌手として初出場した。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師丸ひろ子

    薬師丸ひろ子から見た写真週刊誌

    大学4年の頃、薬師丸だと気付いてない男子大学生に「可愛い」と言われたと、自分の友達に触れまわったことがあった。そんな普通の女子大生の生活を過ごした。昼食に大学の友達と学食で220円のラーメンを食べていることが写真週刊誌の記事になることもあった。『メイン・テーマ』(1984年)の原作者片岡義男は角川映画40周年を特集した『キネマ旬報』に、友達連れの21、22歳の頃の薬師丸から小田急線の玉川学園前駅の階段で声を掛けられたことを色あせない記憶として寄稿している。自宅から大学まで遠かったこと、玉川大学が出欠に厳しかったこと、高校と比較して範囲の広い定期試験など、大学生活はハードだったと薬師丸は振り返っている。仕事をしていなかったら、4年制大学には行かなかっただろうとも語っている。1年生の時に病気で休学したため、5年間の大学生活を過ごし、1988年3月に玉川大学を卒業する。薬師丸ひろ子 フレッシュアイペディアより)

325件中 51 - 60件表示

「薬師丸ひろ子」のニューストピックワード