52件中 21 - 30件表示
  • 下山真二

    下山真二から見た薮田安彦薮田安彦

    は3月31日の楽天戦でサイクルヒットにリーチをかけたが、二塁打を打てず達成はならなかった。この試合では最も出にくいとされる三塁打を2本打っており、達成のチャンスはあった。また、同年唯一三塁打を打った試合でもある。8月8日のロッテ戦では、薮田安彦からプロ初のサヨナラ打となるタイムリー二塁打を放った。前半戦は絶好調で右翼手のレギュラーとして活躍したが夏場以降に大失速し、9月以降1安打しか打てず最終的には打率を大幅に落とした。しかし自己最多の111試合に出場して79安打を記録するなど、実りの多いシーズンになった。打率.313、6本塁打と左投手を得意とした。下山真二 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た薮田安彦薮田安彦

    ロ: 小林宏?○高木?川崎?薮田?小林雅2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のスポーツ

    1973年のスポーツから見た薮田安彦薮田安彦

    6月19日 - 薮田安彦(大阪府、野球)1973年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 上宮中学校・高等学校

    上宮中学校・高等学校から見た薮田安彦薮田安彦

    薮田安彦(プロ野球選手・元メジャーリーガー)上宮中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 平田良介

    平田良介から見た薮田安彦薮田安彦

    2011年6月5日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ナゴヤドーム)、9回裏に薮田安彦から右越ソロ平田良介 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た薮田安彦薮田安彦

    は岡田彰布新監督にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の対楽天戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日の対ロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 神田義英

    神田義英から見た薮田安彦薮田安彦

    、開幕一軍の座を得るも、すぐに二軍落ちとなる。その後チームの右のセットアッパー薮田安彦の故障離脱をうけ、5月に一軍に再昇格すると、9試合連続無失点など、セットアッパーとして1勝11ホールドを挙げる活躍を見せる。8月に入ると2戦連続押し出しなど調子を落とし、二軍に再降格。9月23日に一軍に復帰し、9月26日の対西武戦でプロ入り初セーブを挙げた。は初めて一軍登板が無く、10月1日に戦力外通告を受ける。シーズン終了後、12球団合同トライアウトに参加したが獲得する球団はなかった。その後は社会人野球の西濃運輸に所属した。神田義英 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田悠岐

    柳田悠岐から見た薮田安彦薮田安彦

    初サヨナラ打:2012年8月16日、対埼千葉ロッテマリーンズ18回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、10裏に薮田安彦から右越ソロ柳田悠岐 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見た薮田安彦薮田安彦

    薮田安彦(千葉ロッテマリーンズ、藪田安彦→薮田安彦)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た薮田安彦薮田安彦

    初安打:1997年5月25日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(千葉マリンスタジアム)、2回表に薮田安彦から左翼線適時二塁打谷佳知 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「薮田安彦」のニューストピックワード