67件中 21 - 30件表示
  • 玉野宏昌

    玉野宏昌から見た薮田安彦薮田安彦

    初打点:1999年9月30日、対千葉ロッテマリーンズ27回戦(千葉マリンスタジアム)、4回表に薮田安彦から中前2点適時打玉野宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • 玉野宏昌

    玉野宏昌から見た藪田安彦薮田安彦

    2000年は、開幕直後に二塁手としてスタメン出場、4月6日に藪田安彦からプロ初本塁打、4月9日には4安打3打点の活躍を見せる。しかし、疲労と故障から長続きせず、それ以降も一軍に定着できなかった。2002年にはマクレーンの故障で三塁手としてスタメン出場するチャンスが巡ってきたが、連続エラーで棒に振った。二軍で三塁を守って1試合4失策したこともある。現役生活の後半では外野手として出場することもあった。玉野宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の千葉ロッテマリーンズ

    2005年の千葉ロッテマリーンズから見た薮田安彦薮田安彦

    シーズン序盤は4月後半から12連勝、5月開始の交流戦で初代優勝を飾るなど、首位を快走した。しかし、6月に入り、ソフトバンクが15連勝し、その間にロッテは貯金を重ねることが出来ずに首位を明け渡すと、再び首位を奪うことが出来ずに、シーズンを2位で終了した。プレーオフでは、第1ステージで西武を2勝0敗で破り、第2ステージでソフトバンクを3勝2敗で破り、パ・リーグ優勝及び日本シリーズ進出を決定した。そして、日本シリーズでは阪神を4連勝で下し、日本一に輝いた。戦力としては、渡辺俊を中心とした先発投手陣6人が10勝以上を挙げ、「YFK」と呼ばれた薮田・藤田・小林雅のリリーフ陣も活躍し、リーグトップの防御率を誇った。野手陣も3割打者を4人擁し、強力な打線を形成した。2005年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ・ロイヤルズ

    カンザスシティ・ロイヤルズから見た薮田安彦薮田安彦

    からは北海道日本ハムファイターズで監督経験のあるトレイ・ヒルマンが指揮を執った。また千葉ロッテマリーンズからフリーエージェントとなった薮田安彦を2年600万ドルの契約で獲得した。最終的にチームは地区4位となり、劇的な回復には至らなかったものの、5年連続の最下位は免れた。カンザスシティ・ロイヤルズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た藪田安彦薮田安彦

    11月23日 - ロッテは前カンザスシティ・ロイヤルズの藪田安彦の入団を発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た薮田安彦薮田安彦

    9月29日 - ロッテは薮田安彦の今季限りでの現役引退を発表2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中村豊 (野球)

    中村豊 (野球)から見た薮田安彦薮田安彦

    「豊」という名前が福本豊と同じということがきっかけで野球を始める。堺市立深井中学校から上宮高校へ進学、甲子園にも出場した。上宮高で同級生であった薮田安彦は、当時中村宅に居候していた。高校では市原圭も同期だった。中村豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 益田直也

    益田直也から見た薮田安彦薮田安彦

    は、春季キャンプ直前に突発性気胸発症が発覚し、やや出遅れるものの、前年クローザーを務めた薮田安彦が怪我により開幕二軍スタートになったため開幕からクローザーを務めた。5月は2リーグ制以降では1956年9月の稲尾和久に並ぶ月間18試合登板、球団新記録の月間10セーブ。9月9日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVC)で2年連続60試合登板を達成(新人年から2年連続は日本プロ野球史上4人目)。最終的にリーグ最多の68試合に登板し、33セーブをマーク。最多セーブのタイトルを獲得した。益田直也 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓クラブチャンピオンシップ

    日韓クラブチャンピオンシップから見た薮田安彦薮田安彦

    ロ:○唐川(5回)- H薮田(1回)- H内(1回)- H伊藤(1回)- S小林宏(1回)日韓クラブチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た薮田安彦薮田安彦

    また、投手陣については大会独自のルールであった投球数制限に備えた編成がなされた。それが「先発投手二人体制」である。先発投手を上原浩治、松坂大輔、渡辺俊介の三人で固定し、その後を清水直行、和田毅、杉内俊哉が「第二の先発」として登板。さらにそのあとを球界を代表する中継ぎ投手である石井弘寿(東京ヤクルト・2次リーグから故障により離脱)、藤川球児、藤田宗一、薮田安彦らがセットアッパーとして登板し、クローザーの大塚へと繋ぐ継投を取る。このような投手編成は好投手を次々に投入できるという利点をもたらした。キューバが好投手を投球数制限ルールによって使い果たして優勝を逃したことと対照的である。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示