52件中 31 - 40件表示
  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た薮田安彦薮田安彦

    また、投手陣については大会独自のルールであった投球数制限に備えた編成がなされた。それが「先発投手二人体制」である。先発投手を上原浩治(巨人)、松坂大輔(西武)、渡辺俊介(ロッテ)の三人で固定し、その後を清水直行(ロッテ)、和田毅、杉内俊哉(ともにソフトバンク)が「第二の先発」として登板。さらにそのあとを球界を代表する中継ぎ投手である石井弘寿(東京ヤクルト・2次リーグから故障により離脱)、藤川球児(阪神)、藤田宗一、薮田安彦(ともにロッテ)らがセットアッパーとして登板し、クローザーの大塚へと繋ぐ継投を取る。このような投手編成は好投手を次々に投入できるという利点をもたらした。キューバが好投手を投球数制限ルールによって使い果たして優勝を逃したことと対照的である。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋泰介

    三橋泰介から見た薮田安彦薮田安彦

    TBCに中途入社した2005年の9月フルキャスト・スタジアム宮城(現:クリネックススタジアム宮城)で行われた東北楽天×千葉ロッテのテレビ実況を担当。この日は13:00〜17:00の枠で中継。ホーム最終戦でセレモニーも中継予定だったが試合がもつれ8回裏3点を追いかける楽天の攻撃、打席にロペスが入りロッテの薮田からツーラン・ホームランを放った。しかしスタンドに入った瞬間に中継が終わるという珍しい場面に遭遇した、ちなみに最後の言葉は「ホームランだぁ〜」。三橋泰介 フレッシュアイペディアより)

  • 荻野忠寛

    荻野忠寛から見た薮田安彦薮田安彦

    は6月24日のヤクルト戦で、中継ぎとして登板し2球を投げただけでプロ初勝利をあげる。ピンチにも全く動じない強心臓でチームの数々のピンチを救い、チームの2位通過に大きく貢献した。最終的な成績は58試合に登板して1勝3敗1セーブ、防御率2.21で、中継ぎエースの薮田安彦に次ぐ21ホールドポイントも記録した。荻野忠寛 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田宗一 (投手)

    藤田宗一 (投手)から見た薮田安彦薮田安彦

    プロに入って先発登板したことはないため「中継ぎのスペシャリスト」とよく言われる。当時、薮田安彦、藤田から小林雅英に繋ぐリレーはロッテの“勝利の方程式”であり、一部メディアからは阪神タイガースの勝利の方程式「JFK」を捩ってYFKと呼ばれた。藤田宗一 (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 6月19日

    6月19日から見た薮田安彦薮田安彦

    1973年 - 薮田安彦、プロ野球選手6月19日 フレッシュアイペディアより)

  • 岸和田市

    岸和田市から見た薮田安彦薮田安彦

    薮田安彦(プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズ)岸和田市 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年

    1973年から見た薮田安彦薮田安彦

    6月19日 - 薮田安彦、プロ野球選手1973年 フレッシュアイペディアより)

  • 新日鐵住金広畑硬式野球部

    新日鐵住金広畑硬式野球部から見た薮田安彦薮田安彦

    薮田安彦投手( 千葉ロッテマリーンズドラフト2位)新日鐵住金広畑硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た薮田安彦薮田安彦

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た薮田安彦薮田安彦

    投手:11大嶺祐太、12吉見祐治、14大谷智久、15上野大樹、17成瀬善久、19唐川侑己、21内竜也、27古谷拓哉、28根本朋久、29小野晋吾、30伊藤義弘、31渡辺俊介、41小林宏、44ヘイデン・ペン、46川越英隆、48秋親、49薮田安彦、69ビル・マーフィー2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「薮田安彦」のニューストピックワード