52件中 41 - 50件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た薮田安彦薮田安彦

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵

    新日本製鐵から見た薮田安彦薮田安彦

    薮田安彦 - 千葉ロッテマリーンズ投手新日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見た薮田安彦薮田安彦

    400本塁打:2007年9月2日、対千葉ロッテマリーンズ19回戦(千葉マリンスタジアム)、9回表に薮田安彦から中越ソロ ※史上14人目(外国人選手初)タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た薮田安彦薮田安彦

    3月24日の開幕戦(千葉マリンの対北海道日本ハムファイターズ戦)が降雨コールドで引き分け。翌日も延長12回で引き分け。投手陣は、中継ぎ陣が藤田宗一の防御率10点台を超える乱調や、小林雅英の度重なる救援失敗により、事実上YFKは崩壊したが、38HPで最優秀中継ぎ投手賞を獲得した薮田安彦が、シーズン終盤に抑えに回り、2年目の川崎雄介と新人の荻野忠寛が活躍し、強固な中継ぎを維持できた。先発陣はエース清水直行が6勝どまりだったものの、渡辺俊介が不振から脱却し、援護が無いものの安定した防御率を残し、小林宏之が自己最多の13勝。そして成瀬善久が16勝1敗、防御率1.817で、最優秀防御率と最優秀投手の2冠を獲得する大活躍を見せた。この3人が柱となり、前年を上回る成績を残した。 一方野手陣は福浦和也、今江敏晃、フリオ・ズレータの故障による離脱・不振などでシーズン通して安定した攻撃力を維持できず、早川大輔の台頭もあり得点はリーグトップだったが、首位日本ハムとは2ゲーム差の2位に終わった。クライマックスシリーズ1stステージではソフトバンクを2勝1敗で下したが、2ndステージでは日本ハムに2勝3敗で敗退した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た薮田安彦薮田安彦

    千葉ロッテマリーンズ(2005 - 2007年):薮田安彦 (Yabuta)・藤田宗一 (Fujita)・小林雅英 (Kobayashi) の3人で「YFK」。2008年に藤田が巨人へ、薮田と小林がメジャーへ移籍したことで解消したが、2010年は復帰した薮田安彦 (Yabuta)・古谷拓哉 (Furuya)・小林宏 (Kobayashi) の3人がこの呼称を受け継いだ。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ・ロイヤルズ

    カンザスシティ・ロイヤルズから見た薮田安彦薮田安彦

    からは北海道日本ハムファイターズで監督経験のあるトレイ・ヒルマンが指揮を執った。また千葉ロッテマリーンズからフリーエージェントとなった薮田安彦投手を2年600万ドルの契約で獲得した。最終的にチームは地区4位となり、劇的な回復には至らなかったものの、5年連続の最下位は免れた。カンザスシティ・ロイヤルズ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見た薮田安彦薮田安彦

    全球団から本塁打:2007年4月5日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(京セラドーム大阪)、8回裏に薮田安彦から左越逆転決勝2ラン ※史上7人目グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た薮田安彦薮田安彦

    は5シーズンぶりに千葉ロッテマリーンズに復帰。4月4日に復帰後初勝利を挙げると、前年退団した薮田安彦、藤田宗一、小林雅英(YFK)に代わるリリーフの柱として若手投手陣を引っ張り、リリーフながら5勝を挙げるなど活躍。シーズン後半にはシコースキー、川崎雄介、荻野忠寛を中心とした勝利の方程式が確立された。オールスターゲーム後の防御率は0.00だった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見た薮田安彦薮田安彦

    初サヨナラ安打:2012年5月31日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に薮田安彦から右前安打クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • レジー・ジェファーソン

    レジー・ジェファーソンから見た薮田安彦薮田安彦

    初本塁打:2000年4月5日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、1回表に薮田安彦から右越2ランレジー・ジェファーソン フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「薮田安彦」のニューストピックワード