71件中 31 - 40件表示
  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た投手

    薮田 安彦(やぶた やすひこ、本名:藪田 安彦(読み同じ)、1973年6月19日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    、中継ぎ投手部門のファン投票1位により、プロ10年目でオールスターに初出場。チーム最多の51試合に登板し、31年振りの日本一に貢献。藤田宗一、小林雅英とのロッテの勝利の方程式はYFKと称された。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た千葉マリンスタジアム

    初先発:1996年6月20日、対西武ライオンズ12回戦(千葉マリンスタジアム)、5回0/3を2失点薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た最優秀中継ぎ投手

    、58試合に登板し、4勝6敗4S、防御率2.73。38ホールドで自身初のタイトル最優秀中継ぎ投手を獲得した。小林雅不在の終盤戦には守護神としても活躍した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たフォークボール

    平均球速約144km/h、最速95mph(約153km/h)のストレート、スライダー、フォーク、チェンジアップなど。球威のある直球を主体に落ちる変化球を織り交ぜる強気な投球スタイルが持ち味。メジャーでは2009年に95mph(約153km/h)を計測し、2010年5月24日の対阪神戦では2球連続で151km/hをマークするなど、直球は40代にさしかかる現在でも140キロ台後半の球威を保っている。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。中継ぎとして4試合に登板し(4回1/3を投げて自責点1)日本チームの優勝に貢献。アメリカ戦では窮地の場面でアレックス・ロドリゲスを三振に取ると、ボブ・デービッドソンによるタッチアップの誤審があった次の回という苦しい場面でデレク・リー、ジョニー・デイモンから三振を奪うなど完璧な投球を披露した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た速球

    平均球速約144km/h、最速95mph(約153km/h)のストレート、スライダー、フォーク、チェンジアップなど。球威のある直球を主体に落ちる変化球を織り交ぜる強気な投球スタイルが持ち味。メジャーでは2009年に95mph(約153km/h)を計測し、2010年5月24日の対阪神戦では2球連続で151km/hをマークするなど、直球は40代にさしかかる現在でも140キロ台後半の球威を保っている。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た大阪ドーム

    500試合登板:2012年8月4日、対オリックス・バファローズ13回戦(京セラドーム大阪)、7回裏1死に4番手として救援登板、2/3回無失点 ※史上88人目薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た登板

    ボビー・バレンタイン監督が就任したに中継ぎへ転向。ブライアン・シコースキーの退団で右のリリーフが手薄になっていたこともあり、この年リーグ最多の66試合に登板。中継ぎ転向後、先発時代は140km/hそこそこだった球速が150km/h近くを表示するようになった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。中継ぎとして4試合に登板し(4回1/3を投げて自責点1)日本チームの優勝に貢献。アメリカ戦では窮地の場面でアレックス・ロドリゲスを三振に取ると、ボブ・デービッドソンによるタッチアップの誤審があった次の回という苦しい場面でデレク・リー、ジョニー・デイモンから三振を奪うなど完璧な投球を披露した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「薮田安彦」のニューストピックワード