81件中 41 - 50件表示
  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た大阪ドーム

    500試合登板:2012年8月4日、対オリックス・バファローズ13回戦(京セラドーム大阪)、7回裏1死に4番手として救援登板、2/3回無失点 ※史上88人目薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た登板

    ボビー・バレンタイン監督が就任したに中継ぎへ転向。ブライアン・シコースキーの退団で右のリリーフが手薄になっていたこともあり、この年リーグ最多の66試合に登板。中継ぎ転向後、先発時代は140km/hそこそこだった球速が150km/h近くを計測するようになった。また防御率も9年目で初の2点台となる2.79の数字を残した。同年のチームは終盤プレーオフ争いを演じた。惜しくも4位に終わり、プレーオフ進出はならなかったものの翌年2005年以降の人気急上昇の礎を築く年にもなった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。中継ぎとして4試合に登板し(4回1/3を投げて自責点1)日本チームの優勝に貢献。アメリカ戦では窮地の場面でアレックス・ロドリゲスを三振に取ると、ボブ・デービッドソンによるタッチアップの誤審があった次の回という苦しい場面でデレク・リー、ジョニー・デイモンから三振を奪うなど完璧な投球を披露した。一方シーズンでは47試合に登板し、引き続き好投した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た球速

    新日本製鐵広畑に進み、球速、変化球に磨きをかけ、この時点で投手としての原形は完成したと言える。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たWHIP

    は、小林の移籍に伴い自身初のシーズンを通してのクローザーの役目を任される。防御率・WHIPは高水準を記録し、ブラウンセーブは2回、31セーブを記録するなど自身の役割を充分に全うしたシーズンとなった。しかしチームは最下位に沈んだ。リーグ3位とはいえ、前年度日本一のチームが翌年最下位に終わったのはパ・リーグ初。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞(救援賞:2011年7月)薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た防御率

    、58試合に登板し、4勝6敗4S、防御率2.73。38ホールドで自身初のタイトル最優秀中継ぎ投手を獲得した。小林雅不在の終盤戦には守護神としても活躍した。一方延長戦などの接戦では打ち込まれることもあったが、小林雅英は27セーブを挙げるも安定感を欠き、藤田は防御率10点を超える極度の不振だったが、この年のYFKの中では一番安定感のある投球を披露した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た神戸総合運動公園野球場

    初登板:1996年5月31日、対オリックス・ブルーウェーブ9回戦(グリーンスタジアム神戸)、3回裏に2番手として救援登板、4回1失点薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た完封

    は先発として起用され、完封勝利も達成。だが最終成績は4勝6敗だった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見た2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    は開幕当初は、抑えに起用予定の小林宏之が故障で出遅れたため、暫定的抑えを任されたが、小林の復帰後はセットアッパーとなり、小林は一軍昇格後に抑えを任された。自身もシーズンを通して活躍。特にクライマックスシリーズから日本シリーズでは7試合に登板して10イニングで自責点0と際立った活躍を見せた。ペナントレースでは3位に終わったが、2005年以来のクライマックスシリーズで勝利し、日本シリーズに進出。日本一に貢献した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示