前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た井沢元彦

    一方、井沢元彦は副葬品や埋葬の様子から「元々穴穂部皇子の陵墓であった所に同母弟崇峻天皇が合葬された」との説を主張している。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た前園実知雄

    前園実知雄(奈良芸術短期大学教授)や白石太一郎(奈良大学教授)は、2人の被葬者が『日本書紀』が記す587年6月の暗殺時期と一致することなどから、聖徳太子の叔父で蘇我馬子に暗殺された穴穂部皇子と、宣化天皇の皇子ともされる宅部皇子の可能性が高いと論じている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た崇峻天皇

    一方、井沢元彦は副葬品や埋葬の様子から「元々穴穂部皇子の陵墓であった所に同母弟崇峻天皇が合葬された」との説を主張している。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た白石太一郎

    前園実知雄(奈良芸術短期大学教授)や白石太一郎(奈良大学教授)は、2人の被葬者が『日本書紀』が記す587年6月の暗殺時期と一致することなどから、聖徳太子の叔父で蘇我馬子に暗殺された穴穂部皇子と、宣化天皇の皇子ともされる宅部皇子の可能性が高いと論じている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た穴穂部皇子

    前園実知雄(奈良芸術短期大学教授)や白石太一郎(奈良大学教授)は、2人の被葬者が『日本書紀』が記す587年6月の暗殺時期と一致することなどから、聖徳太子の叔父で蘇我馬子に暗殺された穴穂部皇子と、宣化天皇の皇子ともされる宅部皇子の可能性が高いと論じている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た古墳

    藤ノ木古墳(ふじのきこふん)は奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳(円墳)。「藤ノ木」の名称は所在地の字名に由来するが、法隆寺関係の古文書・古記録によれば、かつては「ミササキ」「陵山」(みささぎやま)などと呼ばれていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た法隆寺

    古墳は法隆寺西院伽藍の西方約350メートルに位置する。現在は周辺が公園として整備され、説明板なども多数設置されており、法隆寺周辺の観光スポットとなっている。また、古墳から南へ200メートルほど行くと、ガイダンス施設(斑鳩文化財センター)があり、主な出土品のレプリカが展示されている。奈良県立橿原考古学研究所では出土した馬具を3Dプリンターで復元し一部は一般でも触れるようにしている藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た3Dプリンター

    古墳は法隆寺西院伽藍の西方約350メートルに位置する。現在は周辺が公園として整備され、説明板なども多数設置されており、法隆寺周辺の観光スポットとなっている。また、古墳から南へ200メートルほど行くと、ガイダンス施設(斑鳩文化財センター)があり、主な出土品のレプリカが展示されている。奈良県立橿原考古学研究所では出土した馬具を3Dプリンターで復元し一部は一般でも触れるようにしている藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た横穴式石室

    未盗掘の横穴式石室で、家形石棺に成人男性2人が合葬されていた。横穴式石室は、現墳丘裾から盛り土を少し取り除いたところに羨道の入り口(羨門)があり、その羨道を少し進むと両袖式の玄室に至る。この玄室は円墳の中心部に設けられている。石室規模は、全長14メートル弱、玄室の長さは西壁側で約6.0メートル、東壁側で約5.7メートル、玄室の幅は約2.4〜2.7メートル、高さ約4.2〜4.4メートル、羨道の長さは約8.3メートル、羨道幅約1.8〜2.1メートルである。石室の床には礫が敷かれ、その下を排水溝が、玄室中央から羨道を通って墳丘裾へと敷かれている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た装身具

    副葬品が金銅製の馬具や装身具類、刀剣類などであるからこの当時の支配階級の一人であったと考えられているが、円墳であることから大王クラスではなく、その一族の人物であったと推測されている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「藤ノ木古墳」のニューストピックワード