32件中 11 - 20件表示
  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た土師器

    玄室内から大量に出土した土師器、須恵器から古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定されている。この時期に畿内では前方後円墳の造営が終わりに近づいていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た奈良県立橿原考古学研究所

    1985年(昭和60年)から2006年にかけて6次にわたり斑鳩町教育委員会や奈良県立橿原考古学研究所により発掘調査が行われた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た須恵器

    玄室内から大量に出土した土師器、須恵器から古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定されている。この時期に畿内では前方後円墳の造営が終わりに近づいていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た二上山 (奈良県・大阪府)

    石棺は、玄室の奥の方に安置されていた。石材は二上山の白色凝灰岩で造られており、石棺の内や外は、赤色顔料(水銀朱)で塗られている。棺の大きさは、約235×130×97センチであり、蓋は約230×130センチで、厚さが約55?52センチであり、縄掛突起がついている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た国宝

    古墳は国の史跡に指定されている。また、出土品一括は日本の古墳文化研究上価値の高いものとして、1988年に重要文化財、2004年に国宝に指定され、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館において保管・展示されている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た前方後円墳

    玄室内から大量に出土した土師器、須恵器から古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定されている。この時期に畿内では前方後円墳の造営が終わりに近づいていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た金メッキ

    1985年からの第1次発掘調査では全長13.95メートルの横穴式石室と刳抜(くりぬき)式の家形石棺が発見された。石棺と奥壁の間からは金銅製鞍金具などの馬具類や武器・武具類、土師器、須恵器などが出土している(「金銅」は銅に金メッキをほどこしたもの)。馬具は3組出土しており、金銅製のものは古代東アジアの馬具の中でも最も豪華な物の一つであるといわれている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た斑鳩町

    藤ノ木古墳(ふじのきこふん)は奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳。現在は、地名を古墳名にしているが、かつては「陵山」(みささぎやま)と呼んだらしい。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た馬具

    副葬品が金銅製の馬具や装身具類、刀剣類などであるからこの当時の支配階級の一人であったと考えられているが、円墳であることから大王クラスではなく、その一族の人物であったと推測されている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た史跡

    古墳は国の史跡に指定されている。また、出土品一括は日本の古墳文化研究上価値の高いものとして、1988年に重要文化財、2004年に国宝に指定され、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館において保管・展示されている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「藤ノ木古墳」のニューストピックワード

  • SG第19回チャレンジカップ G2第3回レディースチャレンジカップ

  • お言葉本当に嬉しかったです

  • 順調に快復に向かっていると思います