35件中 21 - 30件表示
  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た斑鳩町

    藤ノ木古墳(ふじのきこふん)は奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳(円墳)。「藤ノ木」の名称は所在地の字名に由来するが、法隆寺関係の古文書・古記録によれば、かつては「ミササキ」「陵山」(みささぎやま)などと呼ばれていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た刀剣

    副葬品が金銅製の馬具や装身具類、刀剣類などであるからこの当時の支配階級の一人であったと考えられているが、円墳であることから大王クラスではなく、その一族の人物であったと推測されている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た重要文化財

    古墳は国の史跡に指定されている。また、出土品一括は日本の古墳文化研究上価値の高いものとして、1988年に石棺外出土品が重要文化財に指定され、1991年に石棺内出土品が追加指定。2004年に国宝に指定された。出土品は日本国(文化庁)所有で、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館において保管・展示されている。国宝指定物件の明細は以下のとおり。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た生駒郡

    藤ノ木古墳(ふじのきこふん)は奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳(円墳)。「藤ノ木」の名称は所在地の字名に由来するが、法隆寺関係の古文書・古記録によれば、かつては「ミササキ」「陵山」(みささぎやま)などと呼ばれていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た宅部皇子

    前園実知雄(奈良芸術短期大学教授)や白石太一郎(奈良大学教授)は、2人の被葬者が『日本書紀』が記す587年6月の暗殺時期と一致することなどから、聖徳太子の叔父で蘇我馬子に暗殺された穴穂部皇子と、宣化天皇の皇子ともされる宅部皇子の可能性が高いと論じている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た埴輪

    発掘調査結果から、径約50メートル、高さ約9メートルの円墳であるとされている。ただし、現状は周りの水田や建物により少しずつ削り取られていて、高さ約7.6メートル、最大径約40メートルである。大和での埴輪の設置は6世紀前半で終わったと考えられていたが、墳丘裾には円筒埴輪が並べられていて、従来の見解を訂正することになった。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た二上山 (奈良県・大阪府)

    石棺は、玄室の奥の方に安置されていた。石材は二上山の白色凝灰岩で造られており、石棺の内や外は、赤色顔料(水銀朱)で塗られている。棺の大きさは、約235×130×97センチメートルであり、蓋は約230×130センチメートルで、厚さが約52-55センチメートルであり、縄掛突起がついている。棺は幅、高さともに西側より東側の方がやや大きく、平面は台形を呈する。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た前方後円墳

    玄室内から大量に出土した土師器、須恵器の年代から古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定されている。この時期に畿内では前方後円墳の造営が終わりに近づいていた。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た金メッキ

    1985年の第1次発掘調査では全長13.95メートルの横穴式石室と刳抜(くりぬき)式の家形石棺が検出された。石棺と奥壁の間からは金銅製鞍金具などの馬具類や武器・武具類、鉄製農耕具(ミニチュア)などが出土している(「金銅」は銅に金メッキをほどこしたもの)。馬具は金銅製が1具、鉄地金銅張りが2具の計3具出土しており、うち金銅製のものは古代東アジアの馬具の中でも最も豪華なものの一つであるといわれている。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た史跡

    古墳は国の史跡に指定されている。また、出土品一括は日本の古墳文化研究上価値の高いものとして、1988年に石棺外出土品が重要文化財に指定され、1991年に石棺内出土品が追加指定。2004年に国宝に指定された。出土品は日本国(文化庁)所有で、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館において保管・展示されている。国宝指定物件の明細は以下のとおり。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「藤ノ木古墳」のニューストピックワード