88件中 11 - 20件表示
  • 杉山憲夫

    杉山憲夫から見た藤井裕久藤井裕久

    当初は金丸側近として活躍。1992年の東京佐川急便事件で金丸が議員辞職すると小沢一郎側近となり、当選同期の北村直人、同僚議員の藤井裕久、岡田克也ら竹下派の若手議員とともに新生党の結党に参加。その後新進党所属となるが、後に小沢と決別し1996年には自民党に復党した。復党後は宏池会に所属した。建設政務次官・衆議院運輸委員長・衆議院環境委員長などを歴任。2000年の「加藤の乱」では、第2次森内閣への内閣不信任決議案に賛成の意思を示した派閥領袖の加藤紘一に反対した。2003年の第43回衆議院議員総選挙で、党の比例代表定年制に抵触し引退。杉山憲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 根本寛

    根本寛から見た藤井裕久藤井裕久

    2月 - 東京スポーツ新聞にて15億円疑惑の民主党藤井裕久の筆跡鑑定を行う。根本寛 フレッシュアイペディアより)

  • 江崎洋一郎

    江崎洋一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    1981年に慶應義塾大学法学部政治学科卒業し、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。1986年から米国ブルッキングス研究所客員研究員を経て、1996年に落下傘ながら元蔵相藤井裕久から中選挙区時代の地盤の一部を譲り受け新進党公認で第41回衆議院議員選挙に出馬するも、落選。2000年、民主党公認で神奈川12区から出馬し54,237票を獲得、前職桜井郁三(自民党)の50,814票を抑え、初当選。江崎洋一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鰐淵俊之

    鰐淵俊之から見た藤井裕久藤井裕久

    2000年4月 小渕首相との党首会談で自由党が連立政権から離脱すると、連立維持派は離党して保守党を結成。このときは自由党に残留し、小沢一郎、藤井裕久らの連立離脱派と行動を共にするが、同年の総選挙では北海道13区では自民党現職北村直人や民主党新人仲野博子に後塵拝し比例北海道ブロックでも自由党が獲得議席0に終わり落選。政界を引退。鰐淵俊之 フレッシュアイペディアより)

  • 寺内弘子

    寺内弘子から見た藤井裕久藤井裕久

    山形県山形市出身。1953年山形市立第二中学校卒。生長の家に入り、国会議員秘書や生長の家政治連合本部婦人青少年問題対策部長などを務める。1983年の第13回参議院議員通常選挙で比例区から自民党公認で立候補したが落選。1986年に藤井裕久の衆院選出馬に伴い繰り上げ当選した。1988年竹下改造内閣で沖縄開発政務次官に就任。翌1989年の宇野内閣でも留任した。同年の第15回参議院議員通常選挙で落選。1993年の第40回衆議院議員総選挙で埼玉5区から無所属で出馬したが落選した。寺内弘子 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日opini on tv 争論、耕論

    朝日opini on tv 争論、耕論から見た藤井裕久藤井裕久

    藤井裕久(民主党税制調査会長)朝日opini on tv 争論、耕論 フレッシュアイペディアより)

  • 福島茂夫

    福島茂夫から見た藤井裕久藤井裕久

    埼玉県出身。1942年日本大学専門部医学科(現医学部)卒。1944年、埼玉県児玉郡本庄町(現・本庄市)に福島病院(現・本庄福島病院)を開設し院長となる。埼玉県議会議員(自由民主党)を2期務めた後、1977年の第11回参議院議員通常選挙に日本医師会の政治連盟である日本医師連盟の支援を受け、全国区から自民党公認で立候補、127万を超える票を得て田英夫・江田五月についで3位当選(自民党候補の中ではトップ。同期に熊谷弘・野呂田芳成・藤井裕久ら)。1980年7月から1981年11月、鈴木善幸内閣で環境政務次官を務めた。1981年5月、群馬県伊勢崎市に伊勢崎福島病院を設立し理事長となる。1983年の第13回参議院議員通常選挙には立候補しなかった。1988年10月、本庄総合病院を設立し会長となる。1989年の第15回参議院議員通常選挙に埼玉県選挙区(定数2)から無所属で立候補するも3位で落選した。福島茂夫 フレッシュアイペディアより)

  • 原陽子

    原陽子から見た藤井裕久藤井裕久

    2000年6月、桜美林大学大学院国際学研究科に科目等履修生として在学中、衆議院選挙に社会民主党公認候補として神奈川14区より比例代表と共に重複立候補し、小選挙区では落選したが(当選者は藤井裕久)、比例南関東ブロックで初当選。25歳4ヶ月での当選は、「憲政史上最年少の国会議員」として。。。2009年に鳩山内閣において設置された行政刷新会議の事業仕分けメンバーに選定された政野淳子は、当時の原の政策担当秘書である。原陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 愛野興一郎

    愛野興一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    外務政務次官、総理府総務副長官、衆議院文教委員長などを歴任し、1989年、竹下改造内閣でリクルート社からの献金が問題になって辞任した原田憲経済企画庁長官の後任として入閣する。1992年、東京佐川急便事件がきっかけで竹下派が分裂すると、羽田孜・小沢一郎を支持し、杉山憲夫、北村直人、藤井裕久、岡田克也(後の民主党代表)ら竹下派の若手議員とともに改革フォーラム21結成に参加。翌1993年、政治改革をめぐって羽田派は宮沢改造内閣不信任案に賛成し自民党を離党、新生党を結成した。愛野興一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎武法

    神崎武法から見た藤井裕久藤井裕久

    【他の民主党議員】辻元清美、柳田和己、藤井裕久、江端貴子、前田武志、田城郁、大泉博子、稲見哲男、今野東、古賀一成、江田五月、首藤信彦、大島九州男、奥村展三、山本剛正、川上義博、岩本司、藤田一枝、矢崎公二、石毛えい子、川越孝洋神崎武法 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード

  • イタズラなKiss THE MOVIE3〜プロポーズ編〜