84件中 11 - 20件表示
  • 行天豊雄

    行天豊雄から見た藤井裕久藤井裕久

    第1回緊急首脳会議(金融サミット)を前にした2008年(平成20年)11月4日には、野上義二とともに内閣官房参与(国際金融問題担当)に任命された。さらに翌年9月17日には、財務大臣(当時)藤井裕久が大臣就任記者会見において、行天を財務省の特別顧問に迎えることを明らかにした。行天豊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党ワイン産業振興議員連盟

    民主党ワイン産業振興議員連盟から見た藤井裕久藤井裕久

    会長は山梨県を支持地盤とする輿石東。名誉顧問は鳩山由紀夫、羽田孜、藤井裕久民主党ワイン産業振興議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木善幸内閣

    鈴木善幸内閣から見た藤井裕久藤井裕久

    浅野拡: - 1981年5月15日 /藤井裕久: 1981年5月19日 -鈴木善幸内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た藤井裕久藤井裕久

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、1](神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た藤井裕久藤井裕久

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、本村賢太郎(神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 鰐淵俊之

    鰐淵俊之から見た藤井裕久藤井裕久

    2000年4月 小渕首相との党首会談で自由党が連立政権から離脱すると、連立維持派は離党して保守党を結成。このときは自由党に残留し、小沢一郎、藤井裕久らの連立離脱派と行動を共にするが、同年の総選挙では北海道13区では自民党現職北村直人や民主党新人仲野博子に後塵拝し比例区北海道ブロックでも自由党が獲得議席0に終わり落選。政界を引退。鰐淵俊之 フレッシュアイペディアより)

  • 平野貞夫

    平野貞夫から見た藤井裕久藤井裕久

    小沢が実質的なプロモーター、細川護煕日本新党代表が首班、羽田が副総理の政治改革政権で官房長官務めた武村正義を「官房長官就任したその日から(党籍離脱、無所属を余儀なくされたとはいえ)最大野党・自民党の最高実力者の竹下登と反小沢で内通し倒閣(自社さ連立政権樹立)を企てていた」と証言。武村が党首だった新党さきがけから旧民主党、さらに現在の民主党に至った菅直人・枝野幸男にも武村同様、厳しい批判をしている。また新党さきがけの理論的支柱であった田中秀征を「頭の悪い宮沢喜一」、消費税増税を唱える藤井裕久を「消費増税依存・認知症患者」と批判している。平野貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 七項目の確認事項

    七項目の確認事項から見た藤井裕久藤井裕久

    1994年6月7日には、衆議院予算委員会第二分科会において、当時の大蔵大臣藤井裕久が野中広務の質問に答えて七項目確認の存在を認めている。野中はこれに先立つ1993年10月6日の衆議院予算委員会でも「昭和四十三年一月三十日以降大阪国税局長と解放同盟中央本部及び大企連との確認事項が行われております」「同和対策特別措置法が施行された後、昭和四十五年二月十日、国税庁長官通達をもって、この国税庁長官通達は、結局はこの四十二年の解同及び大企連との確認事項を追認する形で、最後に、「同和地区納税者に対して、今後とも実情に即した課税を行なうよう配慮すること。」これで、近畿地区だけでなく、全域に広がったのであります。すなわち、これを利用することによって、今度は申告すればそのまま認めてもらえる、そんな器用なことがやれるんならおれも同和を名のろうということで、えせ同和がつくり上げられてきたことは御承知のとおりであります」と述べ、この確認事項の問題を取り上げている。七項目の確認事項 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田庄一郎

    吉田庄一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    附属中・高の同期には、嘉納行光(元全日本柔道連盟会長)、藤井裕久(元財務大臣)、小林信彦(小説家)、鈴木淑夫(元日本銀行理事)、徳山明(元富士常葉大学学長)、中江陽三(元NHKアナウンサー)などがいる。吉田庄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 根本寛

    根本寛から見た藤井裕久藤井裕久

    2月 - 東京スポーツ新聞にて15億円疑惑の民主党藤井裕久の筆跡鑑定を行う。根本寛 フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード