84件中 31 - 40件表示
  • 大阪経済大学

    大阪経済大学から見た藤井裕久藤井裕久

    創立70周年記念事業の講演会やシンポジウムには政財界などから海部俊樹、細川護煕、与謝野馨、岡田克也、亀井静香、藤井裕久、小池百合子、田村元、太田房江、磯村隆文、福井俊彦、中村邦夫、山本卓眞、宮内義彦、北尾吉孝、鶴田卓彦、奥田務、渡辺捷昭、塙義一、大竹美喜、角川歴彦、樋口廣太郎、堀威夫、土田正顕、巽悟朗、辻晴雄、歌田勝弘、佐藤光夫、福川伸次、寺澤芳男、奥山章雄、アマルティア・セン、ジェラルド・カーティス、岸本忠三、江崎玲於奈、奥島孝康、小室直樹、五木寛之、米長邦雄、小林秀雄、平岡英信、福島敦子など多くの各界の著名人、総勢約120名の方々を招いて開催され、約1,000人収容可能な大阪経済大フレアホールは連日満員で会場に入りきらないほどの来場者となった。この講演の内容の一部をまとめた本「21世紀の日本を拓く」が日本経済新聞社から出版され、講演の模様の一部がテレビ大阪で放送された。大阪経済大学 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉旋風

    小泉旋風から見た藤井裕久藤井裕久

    民主党は藤井裕久代表代行(2007年(平成19年)7月に比例南関東ブロック繰り上げ当選)や石井一副代表や中野寛成前衆院副議長や海江田万里元政調会長が落選したり、川端達夫幹事長や中井洽副代表が小選挙区落選(比例復活)したりするなど、民主党の大物政治家の苦戦の象徴となった。小泉旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊ゲンダイ

    日刊ゲンダイから見た藤井裕久藤井裕久

    また、2010年6月2日の鳩山由紀夫の首相退陣により新しく内閣総理大臣及び民主党代表に再度就任した菅直人に対しての批判は、2004年5月に菅が民主党代表(当時)を辞任して四国八十八箇所のお遍路巡りをした時に、自力で歩いていないことを日本のマスコミで唯一報道した。2009年の民主党への政権交代後、藤井裕久の後を次いで菅が後任の財務大臣に就任した際は一転して「菅新大臣を後押しする強力法案の威力」と賛美する記事を載せたこともあった。前述したように本誌の論調が小沢一郎寄りのスタンスに軸足を移し、2010年9月14日に実施された民主党代表選を含む一連の、菅と小沢の争いの過程においては小沢を支持・賛美する見出しをつけた記事を連日1面に掲載し、対抗馬である菅直人に対しては「脱小沢」を掲げていることから批判記事を書き続けた。代表選で小沢が敗北すると、「最悪だ 菅再選721ポイント 小沢491ポイント」「"無力政治"選んだ民主党」「すぐに空中分解するボンクラ政権」「民主党の国会議員、党員、サポーターは大バカ野郎だ」などと報じた。日刊ゲンダイ フレッシュアイペディアより)

  • 民主党幹事長

    民主党幹事長から見た藤井裕久藤井裕久

    最年長在任記録:72歳3ヶ月 - 藤井裕久民主党幹事長 フレッシュアイペディアより)

  • ネガティブ・キャンペーン

    ネガティブ・キャンペーンから見た藤井裕久藤井裕久

    2004年(平成16年)に実施された参議院議員通常選挙では、自由民主党が同年7月7日の各一般紙の朝刊に民主党を批判する全面広告を掲載させた。その内容は、「民主党はコロコロと主張を変える」「民主党は約束を守らない」といった内容だった。これに対して藤井裕久民主党幹事長は「歪曲、虚偽で、自民党もこれだけ落ちたかと言う印象」だと述べ、岡田克也民主党代表も「政策を語るべき」と自民党を非難した。ネガティブ・キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 杉山憲夫

    杉山憲夫から見た藤井裕久藤井裕久

    当初は金丸側近として活躍。東京佐川急便事件で金丸が議員辞職すると小沢一郎側近となり、北村直人、藤井裕久、岡田克也ら竹下派の若手議員とともに新生党の結党に参加。その後新進党所属となるが、後に小沢と決別し1996年には自民党に復党した。復党後は宏池会(宮澤喜一→加藤紘一派)に所属した。建設政務次官・衆議院運輸委員長・衆議院環境委員長などを歴任。2000年の「加藤の乱」では、第2次森内閣への内閣不信任決議案に賛成の意思を示した派閥領袖の加藤紘一に反対した。2003年の第43回衆議院議員総選挙で、党の比例代表定年制に抵触し引退。杉山憲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 愛野興一郎

    愛野興一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    外務政務次官、総理府総務副長官、衆議院文教委員長などを歴任し、1989年、竹下改造内閣でリクルート社からの献金が問題になって辞任した原田憲経済企画庁長官の後任として入閣する。1992年、東京佐川急便事件がきっかけで竹下派が分裂すると、羽田孜・小沢一郎を支持し、杉山憲夫、北村直人、藤井裕久、岡田克也(後の民主党代表)ら竹下派の若手議員とともに改革フォーラム21結成に参加。翌1993年、政治改革をめぐって羽田派は宮沢改造内閣不信任案に賛成し自民党を離党、新生党を結成した。愛野興一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 税制調査会

    税制調査会から見た藤井裕久藤井裕久

    なお、2007年(平成19年)参議院議員選挙での民主党大勝などの影響で、民主党や公明党の党内税制調査会も影響力を増してきていた。そして、2009年の鳩山由紀夫内閣誕生後、政府と与党の税制調査会を一元化するため、民主党の税制調査会及び政府税制調査会を廃止し、新たに政治家をメンバーとする政府税制調査会を設置した。ただし2011年の野田内閣では民主党税制調査会が復活した(会長は元蔵相の藤井裕久)。自民党の政権復帰に伴い、2013年には有識者会議としての政府税制調査会が復活した。税制調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐田玄一郎

    佐田玄一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧群馬県第1区(定数3)から自民党公認で出馬し、日本社会党の田邊誠、自民党の尾身幸次に次ぐ3位で初当選を果たした(当選同期に岡田克也・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。1993年の第40回衆議院議員総選挙では尾身に次ぐ2位で当選。佐田玄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 住博司

    住博司から見た藤井裕久藤井裕久

    1987年、NHK退職。当時の宮澤喜一蔵相の秘書となる。1990年の第39回衆議院議員総選挙に父の地盤を引き継ぎ富山1区から立候補し初当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。宮沢派に所属した。1993年の第40回衆議院議員総選挙ではトップ当選を果たした。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い富山2区から立候補、全国トップの高得票率(84.8%)で3選。住博司 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード